カテゴリー「ひとひら」の12件の記事

2007年6月21日

ひとひら 第12話(最終回)

「ありがとう…ございました!」

卒業式を目前にして、一ノ瀬にできることはなんだろうと、悩む麦。

大学合格おめでとう会(演劇部主催)で、一ノ瀬は、この一年みんなに迷惑をかけたことを素直に謝る。

ちとせは、桂木に告白するもやっぱり撃沈。
桂木も一ノ瀬に片思いなんだけどね。

理咲はまだ合格してないけど。
浪人決定か?

そして、雪の卒業式。
麦は、一ノ瀬をプリマヴェーラの衣装があるところへ呼び出す。
そこには、美麗がいた。
二人は、そこで素直に一緒に舞台に立ちたかったと。

雪の降りしきる屋上で、一ノ瀬と麦。
あのプリマヴェーラの衣装は、一ノ瀬と美麗の二人の夢だったからこそ自分も憧れたのだと。
私はそのお陰で夢を見られた。
そして、「ひとひら」っていう夢ができた。

麦の目には、たしかに、一ノ瀬がプリマヴェーラの衣装を着ているところが見えた。

卒業おめでとうございます。
先輩、ありがとうございました!

演劇を通して、麦がちょっとだけ人として成長する物語だったわけですが、終盤ちょっと演劇からはなれる展開になったのが、自分としては物足りなかったかも。

舞台とかは小道具としては出てきたけど、演劇をもっと絡めても良かったかなぁと思ったりもしました。

しかし、いくら演劇部としては新人でも、花見の場所取りを後輩と一緒にやらされる麦って??

iconicon
ひとひら 第1巻 icon 2007/6/22発売

「ひとひら」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月14日

ひとひら 第11話

「笑顔が…好き!!」

佳代にどうしても素直になれない麦。

帰宅部が現役演劇部の脚力から逃げきれると思ったの?
個人的には、思えなくもない^_^;

ぐずな麦を4年間も操ってきた佳代の凄さを思い知るちとせ^_^;

美麗には、「去って行く人は泣くこともできない。背中しか見せない」と言われてしまう麦。

甲斐の美術バカのところが、ちとせのセリフがよく聞き取れないんですけど。
私の耳ももうだめかも。

佳代の夢は私の夢。
彼女の笑顔が大好きだったのに。

今、その笑顔を曇らせているのは、ほかならぬ自分。

ちとせ、麦を舞台に呼び出して、ここで佳代にちゃんとお別れを言わせようとするも。

結局、佳代が直接出てきて、麦を慰めてる。
それで、逆に奮起。

慰められて、助けられて、それじゃだめと。
支えられるくらいしっかりするの、友達だから。
「だから、ありがとう。がんばって来て」

やっと言えた。

そして、佳代は旅立っていった。

あとは、卒業式を待つばかり。
演劇部の、一ノ瀬が着るはずだったあの衣装のことを知って、麦は何かを決意?

「ひとひら」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日

ひとひら 第10話

「ずっと…一緒…」

先輩たちを誘ってクリスマスパーティー。会場はなぜか演劇部部室(ちとせがいたからね)
そこで、佳代が写真の勉強するため留学することを告白する。
麦の舞台を見て、負けてられないと。
しかし、高校卒業するまで待ってもいいと思うけどねぇ。
その年齢で写真の勉強の留学って、どこにいくんだろう?

しかし、クリスマスに雪が積るくらいの土地なのか。どの辺なんだ?

佳代に頼りきりで生きてきた麦はショックを受ける。

初詣に行って、お御籤で大吉ひいても暗い麦。

自分はいったい何がしたいのかわからない。演劇を始める前となにも変わってない。
ずっと助けられてきたのに、いなくなるのが嫌で「頑張ってね」の一言が言えない。

一ノ瀬に
「あなたは演じただけなのね「ひとひら」を」

舞台に立った人を止めることはできない。でも応援することはできる。
別の道を行っても、どれだけ時間がたっても、会えばすぐに笑いあえる。すぐに思い出せる。
それが友達。

麦はちゃんと佳代とお別れできるかが最後のクライマックス?

「ひとひら」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月31日

ひとひら 第9話

「この日を忘れない!」

麦のあの美声で、観客たちの空気も一変し、舞台は成功した。

しかし、結果は、演劇研究会の負け。

最後の別れで反省会?
一ノ瀬が去年、病気になったときに、励まそうとして自分で部活を作ったらと唆したのが桂木だった。
ホントにやるとは思ってなかったのだが、それで言いだしっぺということで研究会へ。
理咲は、一ノ瀬のことで美麗と喧嘩して売り言葉に買い言葉で研究会へ。

半分無理矢理入れられた麦だったが、今ではちょっと解散が悔しい。
最初からまじめに練習してれば・・・

そんな麦に元々勝っても負けても解散するはずだったと告げる理咲。
そもそもの始まりが一ノ瀬だし、しかも存続するには5人必要だし(3人3年生だしね)

そして、まだ上手く出せない声で、麦がいてくれてよかったと言ってくれる一ノ瀬だった。

最後に、演劇研究会の表札をはがす。
「これで演劇研究会を解散します」
「お疲れ様でした」

それはひとひらの夢でした。けど私はこの日を忘れない。
さよなら、演劇研究会。

明日からは、演劇同好会になります。
ってオチだと思ったのに^_^;

「ひとひら」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月24日

ひとひら 第8話

「一人じゃない」

文化祭が始まる。
麦のクラスはメイド喫茶。一ノ瀬のクラスは仮装団子屋で、猫の着ぐるみ。

演劇部の公演を見て、舞台に上がるのがますます怖くなってしまう麦。

「精一杯やったという事実さえあれば、辛かった思い出もすべて楽しい思い出に変わるのよ」
という一ノ瀬の言葉でなんとか立ち直る。

幕が開く前に、一ノ瀬の声が出なくなったときの確認。
つい、アドリブでなんとかしましょうと言ってしまう麦だったりする。

そして、運命の幕が開く。

メタメタな演技ながら、みんなにフォローされて順調に舞台は進んだのだが、突然一ノ瀬の声が出なくなる。

開幕する前はアドリブなんて言っていた麦も、これに動揺してしまい頭が真っ白になって、素に戻ってしまう。
理咲たちが必死にアドリブで立て直そうとするのだが、麦は何も出来ずに立ち尽くす。

一ノ瀬は、この事態にある種妙に冷静に、なぜ今声が出なくなったのかを考えていた。
そして、いかに自分が演劇が好きなのかも。

出ない声を無理矢理絞り出し演技を続けようとする一ノ瀬。

この姿に、麦の何かが弾けた。

一ノ瀬を支えられるのは私たちだけ。
そして今は、私だけ。

麦、ついにあの声が!

とはいえ、事情を知っている人には感動的だけど、何も知らないただの観客にはどうなんだろうねぇ。

面白かったほうに、ボールを入れるシステムですか。
はたして、演劇研究会は何キロバトル

「ひとひら」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日

ひとひら 第7話

「友達なのに…」

麦、少しずつだが、演技出来るようになってきた?
その上達ぶりに驚いて、ちとせもやる気に。

暗幕がないということで、倉庫に探しに行った美麗。
実は、理咲がこっそり自分たちの為に持ち出していたのだが、それはだめということで、一ノ瀬がこっそり戻しにきていた。

カギがそれで開いてたのに気付かずに(逆にカギしめちゃって)10分もドアがあかないと焦ってる美麗ってちょっとドジッ娘?

なんでここにいるかって?
迷子になって辿りついたのがここ^_^;
そんなボケをかましつつ、ちょっとじゃれあってたら、衝撃で本当にドアが開かなくなる。

閉じ込められたということで、助けを求めようと大声をだす美麗。
対抗して、一ノ瀬も。
そしたら、突然、一ノ瀬の声がでなくなってしまう。

それを見て泣き出す美麗。
「あんたが泣くことじゃないでしょ」(筆談)

出会いから別れまでを思い出す二人。
美麗に誘われたことを本当に感謝している一ノ瀬。

逆に、自分が演劇に誘いさえしなければこんなことにならなかったと後悔してる美麗。

そんな性格だから友達もいないのよ。
「友達くらいはいる   榊 美麗」(筆談)

うれし泣きしちゃう美麗。

麦、一ノ瀬探しにきて、この話を盗み聞きして、二人の邪魔しちゃ悪いとそのまま帰ろうとしてるし^_^;
まぁ超嘘くさいくしゃみのお陰で美麗が気付いたからいいけど。

で、一ノ瀬の声だが、寝たら治ったそうで。
次の日にはケロッとしていたりする^_^;

「ひとひら」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日

ひとひら 第6話

「…変われますか?」

演劇研究会の朝は、桂木の下手な芝居で始まる^_^;

重ーい雰囲気のまま、みんなバラバラにそれぞれ思い悩んでいたりする。
一人、お気楽なことを悩んでいる男はいるけど^_^;

美麗が教えてくれたことを麦にも教えてあげたかった。
麦もさすがに自分のことを思ってくれてると感じられたようで一ノ瀬の元へ戻ってくる。

「自分が変われると信じるなら出来る」
「演劇好きですか?」
「私でも変われますか?先輩みたいに」

ということで、なんとか仲直りと。

お風呂シーンもありですか、今回は。
全員意外と胸が大きいようで。

最後は花火で合宿終了。

市販の花火であんないい音しないと思うんだけど。

にんにく、青汁、ゴーヤが入った特性スタミナドリンク飲んで、一ノ瀬なぜ酔っ払う?

「ひとひら」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日

ひとひら 第5話

「うわぁぁぁぁん」

演劇研究会は、海で合宿。
ちとせが麦のバッグに入って一緒に合宿に行こうとするけど、当然入れません。
バッグに隠れていくっていうのはお約束だけど、さすがに無理です。
多分エスパー伊東でも入れませんから^_^;

演劇部は学校で練習。それはいいが、発声練習でどうしてジャージ着てる?夏休みなのに。

一応水着回ですが、メインは合宿。

文化祭での演目は「ひとひら」一ノ瀬の書き下ろしで、麦が主役。
麦のことをイメージして書かれた脚本でもあった。

だが、厳しい一ノ瀬の叱責に耐えきれず、つい反発して逃げ出してしまう麦。

「あの子はこの役をやらなくちゃいけないの」
という一ノ瀬に対して理咲も反発
「誰のために?」

一ノ瀬は焦ってる?
自分のかわりに夢を追ってくれることを願ってる?

甲斐に説得されて戻ってくる麦。
二人仲良くなっていたりする?

弱い自分を変えたいが、変えられない苛立ちはわからないでもない。
でも、一ノ瀬こそ自分で性格を変えた人のような気もするけど。
それは、彼女が強かったからだけじゃないような。

「ひとひら」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日

ひとひら 第4話

「頑張ってる…?!」

練習をサボろうとするも、撃沈の麦。
即興演劇の練習中に逃げようとしてもやっぱりつかまる麦。

美麗に、なぜか演劇研究会の部員全員が、中間試験で50番以内になれなければ部費を返上すると言いきる一ノ瀬。
そのせいで、全員で勉強会。

一ノ瀬たち先輩3人は元々演劇部だったが、一ノ瀬の喉のことで美麗と対立。
一ノ瀬のことを思って演劇を辞めさせたい美麗と一ノ瀬の意志を尊重した理咲と桂木。

ということで、美麗のことを嫌いな訳じゃない。
まして、演劇部に最初に一ノ瀬を誘ってくれたのがその美麗だしね。

試験が終わったら、いつのまにか30番以内ということになってしまっていたのだが、さすがにそんなことは無理と理咲は、貼り出された結果の紙を破り逃げる。
部費返上も怖いが、なにより一ノ瀬が怖いから^_^;

結局捕まるんだけどね。
それも声が出なくなるフリ(本当はどうかわからないが)で誘き出してるし。

そして時はすぎて、早くも夏休み前。
期末試験はどうなった(それより理咲は中間何番だったんだ

夏休みは合宿だそうです。
一ノ瀬の喉は日々悪化中だったりする。

麦の「無理です・・・」は何度も聞けたが、あの絶叫というか美声というかは今回ついに聞けず。
毎回一度はあると思ってたんだけどねぇ。

「ひとひら」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日

ひとひら 第3話

「初舞台」

早くも初舞台。
緊張から、トイレに籠ってしまう麦だったが、一ノ瀬の怪談に屈服^_^;

ちとせ、桂木人形に髪の毛でもいれたのか?
胸を縫ってるとき、桂木胸押さえてたぞ^_^;

一ノ瀬の秘密は「声帯マヒ」
声の出しすぎが原因らしいが、このまま演劇を続けていれば声が出なくなることもありうる。
友達にも心配されて怒られたとか。
それって、榊部長だよな、やっぱり。

演劇を始めたのもその友達のお陰とか言ってるし。
それでも、演劇はやめられなかったと。

そして、ついに麦の出番が。
一ノ瀬の話を聞いて、その一ノ瀬に「あなたには誰にも負けない声がある」と励まされ、

あのねお姉ちゃん

最初のこのセリフだけははっきり言うことができた。
そのあとは、誰にも聞こえないような声だったけど、それでも最後までセリフをいうことができた麦だった。

「ひとひら」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ