カテゴリー「おおきく振りかぶって」の25件の記事

2007年9月29日

おおきく振りかぶって 第25話(最終回)

「ひとつ勝って」

「お前が今までやってきたのは違うんだよ。今辞めちゃだめだから」三星を辞めるときに叶が三橋に言った言葉。

疲れから学校を休んだ三橋、勝ったことよりも、阿部に投げられないならマウンドを降りろって言われたのに降りられなかったことが胸に重くのしかかる。
全然変われてない?みんなに迷惑かけてる。

学校では、球技大会。
野球部のメンバーもそれなりに有名人になったりしてる。応援団の浜田まで。

昼休みちょっと抜け出して、三橋のところへ様子を見に行く阿部、花井、泉、田島。
田島と泉は、昼がカレーだってことで食べに行ったんだけど^_^;

田島とはなぜか普通に話せるのに、阿部とはそうはいかない三橋。
昨日のことで怒られるんじゃないかと、メールも返信できなかったりする^_^;

昨日の今日で三橋の体重は50kgベストから3kgも落ちてる。
心配する阿部だが、それが怒ってるように見えるわけだ。

田島も、最後の打席で右手を少し痛めたのか。まぁあれだけのことをすれば仕方ないか?

花井は、母親ネットワークのお使いも兼ねてる。
新聞に、高校野球ダイナマイツのDVDをもって来てたし。

大盛りカレーを食べながら、反省会。
このカレーが妙に美味しそうだったりする

自分の力で勝ったとは全然思えない三橋。
ホントのエースになろうと思ったのに・・・

いつもオドオドしてる三橋にイライラする花井。
中学のときに出会ってたら絶対いじめる側に入ってた?
高校で出会ったからってことよりは、周りの環境の違いが大きいんじゃないかとも思うね。

三橋が西浦を選んだ訳は、母親の母校だったこと。
親としては三星に行って欲しかったようで、西浦の受験を失敗したら三星へ行くって条件で許可したようだが、三橋は、家にお金がないからだと思ってる^_^;
どうしても三星には行きたくなかったようで、猛勉強したそうだ^_^;

田島が選んだのは、近いからだが、ひいじいさんが倒れた時があって、そのとき一人家にとり残されて、すごく怖かったことが原因。
西浦なら救急車がくれば気付くからだそうで。

大家族ありがとう

そんなとき、テレビで、高校野球のニュース。
「桐青敗れました。西浦の一年生投手・三橋ふんばりました」

自分だけピッチャーだから名前を呼ばれる。自分は一番だめだったのに。
嫌な奴?
「昨日は勝手してすみませんでした」
急に謝る三橋。
マウンド降りろって言われたのに降りなかったから。

そんな三橋に、昨日の反省会のノートのコピーを見せる泉。
そこには、総評として、みんなが
「三橋はよく投げた」
と言ってくれていた。

勝ったから誉めてるわけじゃない。
昨日の試合を振り返れば、こう誰だって思う。
別にいい人ぶりたいからじゃない、これが普通の感想。

こんなに嬉しいのが普通なのか

三橋、叶にメール
「俺も勝ったよ。俺もみんなで勝ったよ。野球やっててよかった。ありがとうしゅうちゃん」

子供のころのように名前で。

話題の高校野球漫画だっただけにアニメ化のときは期待したのですが、期待通りの出来だったと思います。
本当に丁寧に描いてくれたかなと思います。
ただ、その丁寧さゆえか、2クールで試合が2試合だけっていうのはちょっと少なかったかなとも思うんですけどね。
桐青戦は確かに重要だけど、引っ張りすぎだったかも。
それでも十分楽しめたんですけどね。

この終わり方だと、第二期はあると期待していいんでしょうかね。
ここで終わりってことはないと思いたいんですけど。
そもそも、後番組が逮捕しちゃうぞなら、このまま続けてもいいのにと思ったりして^_^;

iconicon
おおきく振りかぶって 5 icon 2007/10/24発売

「おおきく振りかぶって」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日

おおきく振りかぶって 第24話

「決着」

9回裏の攻撃は1番真柴から。

初球、まっすぐ。バントの構えから見送り。
2球目、まっすぐ。これもバントの構えから見送り。
見られて、ビビリはじめる三橋。もうまっすぐは打たれる?変化球で逃げたい。
その心を読んだ阿部、変化球のほうがもっと怖いことを教えてやると、シュートのサイン。

3球目、シュート。しかし、疲れからか回転が足りずに曲りが少ない、本来ならファールになるはずだったのに、真柴のバントはサード前に。
足が早くセーフ

立ちあがれない三橋。まさか、ここで限界?
阿部「投げらんねぇなら代わってくれ!投げらんねぇなら沖でも花井にでもマウンド譲れ!!」そんな気持ちはさらさらないんだけどね

打たれる恐怖、でもマウンドは譲りたくない。三橋マウンドへ。
(そういうの後ろはすげぇやる気出る?)

2番松永
初球、ストレート。ストライクだが、盗塁された。スピードは2割減ってところ。
2球目、まっすぐ。
3球目、まっすぐ。空振り三振

3番島崎
初球、まっすぐ。バントしてファール。
2球目、ストレート。これもバントしてファール。阿部は飛びこむもとどかず。
3球目、まっすぐ。強振。バント警戒してダッシュした田島の頭の上を抜かれた
といっても、打球はショートの巣山がカバーできるあたりなんだけどね。

巣山ボールをうまく握れずファーストに悪送球。
カバーした阿部がサードへ投げるも、真柴はセーフ。

1アウト1、3塁に

そして
4番青木

初球、サインはまっすぐ

三橋「変化球で逃げたくても変化球だって打たれた。俺はもう桐青に攻略された。このままじゃまた打たれて負ける。でもマウンドは譲りたくないダメな奴?」

そんな弱気な三橋にバックが檄を。
「三橋、後のことはまかしてお前の一番いい球投げろ!
お前の投げる球なら誰も文句ねーから!!」

渾身のまっすぐを投げこむ三橋。

打球はセンターの前へのフライ。
泉がダイビングキャッチ!!
すかさず、花井にトス。そのボールを花井がバックホーム。

タッチアップした真柴。
ホームでクロスプレーに。

アウト!!!

試合終了!!

5-4西浦が勝利!!

「応援ありがとうございましたぁ」
応援団に挨拶する西浦ナイン。

試合終わっても、すぐに学校に戻って反省会するつもりのモモカン。
応援団に父母たちはびっくりですか。この辺も本人たちと回りとの温度差があると。

桐青のキャプテン・河合は、自分たちに贈られた千羽鶴を、花井に託す。
自分たちがどれほど大変なことをしてしまったか、改めて思い知る花井だった。

三橋は、クールダウンする間もなく、熟睡^_^;
「よく燃料ゼロまで動けるな」っていう田島の言葉がいいね。ホント子供のようです。
子供ってホントにいきなり寝るよね。食べながら寝る子供もいるしね。

田島とメルアドを交換する桐青の仲沢利央。
シンカーどうやって打った?
ホントに高瀬の癖を見破ってた?
いつもどんな練習してる?

眠っちゃったので三橋だけは、そのまま家に直行^_^;

一年生だけの西浦高校が勝利。
かわりに、昨年の甲子園出場校であり、今年もBシードで優勝候補だった桐青の夏が終わった。

ずっと気になってたんだけど、桐青の帽子のマークがなのはなぜ?

iconicon
おおきく振りかぶって 4 icon 2007/9/26発売

「おおきく振りかぶって」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日

おおきく振りかぶって 第23話

「ゲンミツに」

試合も佳境に入ったということで?得点シーンのおさらいから。

「9回表、西浦高校の攻撃は、9番キャッチャー阿部くん」

初球、高めの速球を空振り。
2球目、外角の速球を見送り。ストライク
3球目、高めに外す見せ球のストレート。
フォークが怖い阿部だが、このストレートが普通のストレートだったことで、決め球は速球?
河合は、阿部が速球にタイミングがあってないなと判断して、速球勝負。
4球目、速球。
速球を意識しすぎて早く振りすぎた阿部。打球はサード線への痛烈なゴロ。
サードよく捕って投げるも、ファーストはギリギリセーフ!!

1番・泉
田島がコーチャーについてるということで走られることを想定して、高瀬にクイックで投げさせる河合。
阿部はスタート。
泉は、その球をセーフティーバント。バントエンドランのかたちに。
このバントが絶妙。ファーストに捕らせて、泉もセーフに。

ノーアウト1、2塁。

2番・栄口
初球、これまた走られることを警戒して、ウェスト。
しかし、河合の構えを見て、田島ゴーサイン出さず。さすがにここまで警戒されては3盗は無理?
ということで、送りバントのサイン。
2球目、速球にビビってファール。
3球目、また速球でまたファール。
次はフォーク?
そんな栄口に出されたサインは、スリーバント。しかも、来るのは速球だと。
悩む栄口を見て、巣山がタイム。
高瀬が4回以降フォークを投げてないことを告げる。
速球にビビる心を巣山の手を握って心を落ち着かせる。
巣山も「出来っぞ

4球目、まさに速球。
ここまで3打席すべてバント、一回失敗してるこれも失敗したら5割になる。
5割じゃバントの意味ねぇ。怖がんな
きっちり転がして、バント成功!

1アウト2、3塁へ。

3番・巣山

バントの上手な栄口ですらビビる速球では、巣山にスクイズはさせられないということで、ここは打て!
田島は警戒されてる。なら俺が1点でもここでとりたい。

初球、速球。高めのボール球を空振り。
2球目、速球、これも空振り。
3球目、シンカー!手を出せず、見送り三振。

右バッターには使わなかったシンカーをここで使ってきた。

2アウト2、3塁

そして、そしてそして
4番・田島

みんながホントに回してくれたこの打席、余裕アリ?

初球、速球。ファール。
2球目、シンカー。見送ってストライク。

ここにきて高瀬ももう勝ちを確信した?

そして、運命の3球目
ボールは当然、決め球・シンカー!!

「ここっ!」

スイングしたバットをその遠心力を利用して、指2本分ずらして伸ばした!
打ったあと、態勢くずして倒れるくらい外に身体を傾けて、それでバットまで伸ばしてやっとあたるのか。

打球は、レフトの頭上を抜くライナー。レフト届かず。
2塁ランナー泉までホームに帰り、逆転!!

1塁上でガッツポーズを決める田島
「よっしゃー!!」

ショックの高瀬を落ちつかせる河合。
5番・花井
初球、シンカー。見送りストライク。この間に田島は盗塁してる。
2球目、速球、手が出ず。
3球目、速球、これも手が出ず、三振。
シンカーの残像が花井に速球への対応をさせなかった。それほどの球だったと。

これなら、田島が苦戦したのも頷ける?
というか、それを打った田島ってやっぱり凄いってことね。

そして、ついに9回裏。
このままだと勝てる。俺が打たれなければ勝てる

これまで公式戦にほとんど勝ったことのない三橋にとって、このプレッシャーは凄いものがあると思うんだけど。
そんなプレッシャーを感じる男なのかどうかは微妙かな。
投げられれば、それでいいって人だしね。

iconicon
おおきく振りかぶって 4 icon 2007/9/26発売

「おおきく振りかぶって」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 8日

おおきく振りかぶって 第22話

「防げ!」

8回裏、桐青の攻撃は、
4番青木から。
ここまで温存してきた、まっすぐ勝負でいく阿部。
初球、低目にまっすぐ。
2球目も同じところへまっすぐ。振ってくるも中途半端なスイングで空振り。
3球目はストレートでボール。
4球目はまっすぐで見逃し三振
青木は変化球勝負の可能性を捨てきれず、手が出なかった。

5番河合。
三橋のまっすぐ対策を。
初球、まっすぐを見送り、軌道を確認。
2球目、カットするつもりでスイングするも、まっすぐに空振り。
唯一まっすぐを捕らえていた、9番前川の言葉を思い出す河合。
カーブを待っていてカットしようとした。
カーブを待つつもりで打つ?
3球目、まっすぐをなんとかバットに当ててバックネットへのファール。
阿部、河合がまっすぐを狙ってると察して、カーブを要求。
4球目、カーブに完全に態勢が崩れるも、河合のスイングはカーブを打つスイングでまっすぐを捕らえようとしていたことが幸いして、センター前へ。

6番送りバントの構え。
バントしてくれるなら、それでいい?
まっすぐを投げても、打球は上がるが、野手がノーバンで取れるほどではない。
ダッシュさせれば取れるかもしれないが、もしバスターだった場合、頭の上を越えてしまうかも。
それなら、確実にころがしてもらおうと、
カーブ

しかしこれが裏目に。
桐青のサインは、エンドラン。
もともとカーブ狙いの桐青、まんまとはまって、ライト前に運ばれる。
1、2塁に。

7番高瀬もバントの構え。
今度はどっちだ?
今度こそ、バントだと、阿部。
またカーブ

しかし、ここでもエンドラン。
横っ飛びの田島もとどかず、レフト前に。
セカンドランナー河合がホームへ突っ込んでくる。
それにふっ飛ばされる阿部。

ホームイン
1、3塁に。

8番山ノ井。またまた、バントの構え。
今日は2本打ってる。スクイズ?打ってくる?どっちだ?
初球、外へ外して様子を見るも、変化なし。

2球目カウントを悪くしたくない阿部。
ファーストの沖をダッシュさせてストライクを取りに。
打たれたところを見ると、カーブだったのかな?

打球は、ピッチャー強襲。
グラブで弾き落とした三橋。

阿部のバックホームの指示に、一瞬躊躇してしまう。
それでもホームに投げて、クロスプレーだったがギリギリアウトにできた。

躊躇したのは、さっき弾き飛ばされた阿部を見たから。
今度のランナーもガタイが大きくて、阿部が倒されてケガでもしたら困るから。
得点されるより、阿部がケガするほうが三橋にとっては問題なこと。

阿部くんのリードがなきゃ俺は1つのアウトも取れないんだから。

そんな三橋の心を察してか、怒りの表情ながら、阿部は
「俺はケガしないって言ったろうが」
それはいいけど、試合中、マウンドでピッチャーの胸倉掴むのはまずい思いますが^_^;

なんとか2アウト。

9番前川。
前の打席でまっすぐをセンターへの犠牲フライにしている。
それでも、初球まっすぐ。見逃しでストライク。
2球目も、まっすぐ、これは空振り。
3球目、これも、まっすぐ空振り三振
前の打席は結局偶然だった?

とはいえ、あれで阿部が混乱したのは事実なんだよね。
あれがなければ、この回ももっとまっすぐを信じて投げさせたと思うんだけどね。

とはいえ、1点リードされて、西浦最終回の攻撃へ。

阿部は諦めてない。
三橋に、もう一回守るんだから、「ちゃんと休んどけ!」
「×ゲームになんかさせねー」
×ゲームってのは、9回裏のところに×って書かれるってことね。

田島のリベンジの機会がくるのか。
桐青の監督も実は、もう1点欲しかったみたいだけど。その嫌な予感があたるのか?

iconicon
おおきく振りかぶって 4 icon 2007/9/26発売

「おおきく振りかぶって」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 1日

おおきく振りかぶって 第21話

「もう一点」

投手のモーションにあわせると、120だと思っても泳ぐ。
泳ぐんだけどバットより早くベース上を通過する感じ
桐青3番・島崎談
河合、三橋のまっすぐの違和感に気付いた。

8回表、西浦の攻撃は3番巣山から。
初球は、顔面近くへのブラッシュボール。(そこまで厳しくないけどね)
ビビらせて、腰を引かせる作戦だが、三橋ですらワイルドピッチしたマウンド怖い?
巣山は当たるのは痛い、けどあたれば塁に出られる。
それでも自分は打って出ると、無意識にベースによりかぶさる感じに構える。

この構えではインコースを振りきれないと見て、もう一球インコースのストレート。
それを打った打球は、セカンド、ショート、センターの丁度真ん中へ。
3人がお見合いしてくれて、ラッキーなヒットに。

4番田島。
これまでの打席での河合の田島の印象は、打てない四番。
だが、自然な構えを見て、ちょっと悩む。
それで探りを入れるつもりで、シュート。
打球は、レフトライン際のファール。シュートした分だけ切れてしまった。

次は顔面近くへのブラッシュ。
高瀬も河合が田島を探っていることを察して、本気のストレート。

それでもまったく動じない田島。
ストレートは前の打席打ってることから、スライダー勝負だと思ったら、河合の要求はストレート。
田島なんとかファールに。
これで田島のスイッチも入った?
モモカンのサインすら見なくなったし^_^;

ここから、力と力の勝負が。
高瀬の渾身のストレートをファールにし続ける田島。どっちかというと田島が打ちきれないってことなんだけど。それだけ高瀬のストレートに力があると。

さすがにこのままでは、ということで9球目は、ボールになるシンカーを。
これをなんとか見送った田島。
ボールが外だったので、遠くて変化は掴めなかったが、タイミングは見切った。
バットの届くところへくれば打てるはず。

運命の10球目は、そのストライクになるシンカー。
タイミングはバッチリだったのだが、変化に対応できず、バットにかするのが精一杯の田島だった。
ボールはキャッチャーミットの中へ。
無念の三振に倒れてしまう。
「これが高校野球のレベル?」

落ちこむ田島だったが、気合を入れなおして、一塁コーチに。
5番花井の3球目に、巣山を盗塁させる。
4球目には、三盗までさせてる田島。
花井はこれでフォアボール。

さすがにことここにきて、田島が高瀬のモーションを盗んでいることを察する桐青の監督。
だからどうにかなるかっていうとまた別の話だとは思うけどね。

6番沖の初球に、花井がセカンドへ盗塁。
これをうけて、桐青は、沖を敬遠して、7番水谷勝負に。

沖ならともかく、水谷では、スクイズは怖すぎる?
ということで、モモカンのサインは、打て!

そうは言われても、この状況で打てる?
三橋を見て、ベンチ裏のことを思い出して、力が入る水谷。
あんな三橋を援護したい、でも打てるわけない?
レンレン」のほうでは吹いてるけどね^_^;
これで緊張がほぐれたのかと思ったら、そうでもないと。

スクイズ警戒のためもあって、初球は外へのボール球だったのだが、思いきっり強振してしまう水谷。
緊張してるのを察して、サードランナーの巣山が「サードランナー!」
これで少しだけ我に返った?
田島は、4番用のストレートとシンカーだった。
俺には、7番用のスライダー。

打てる!

そのスライダーをセカンドへ。これまでずっと西浦を苦しめてきたセカンドの守備だったのだが。
打球はそれほどでもなかったが、セカンドの最初の一歩が滑ったことで一歩届かず、ボールはライト前に。

ナイバッチー!!

巣山が帰り同点!!
花井ももう一点を目指してつっこんだが、こちらはタッチアウト。
個人的には、1アウトだったこともあるし、三橋はともかく阿部は期待できるバッターなんだから、花井をサードにとめてもよかったかなぁとも思うけど。それじゃ話がおもしろくないってか?

8番三橋は、あっさり三振^_^;

8回裏の守備につく前に、落ちこんでる田島。
もう打席がまわってこない?

でも、もう一点ないと逆転できない。厳密に。
9回にもう一回、お前に回してやっから!!

阿部は、この回を抑えれば、勝ちが見えてくると。

iconicon
おおきく振りかぶって 3 icon 2007/8/22発売

「おおきく振りかぶって」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日

おおきく振りかぶって 第20話

「逆転」

6回裏、6番を三振にきって、なんとかピンチを切り抜けた。

7回表。
8番三橋、三振。
9番阿部、レフト前に。すかさず盗塁成功。
しかし、
1番、泉、2番、栄口と倒れて、またも西浦あっさりと攻撃終了。

そして、7回裏。

7番高瀬をストレートで三振に。
スイングが泳いでた?

8番には、高瀬がストレートを振ってきたことで、カーブ狙いはやめたのかを確かめようとボールになるカーブを投げさせるも、それを打たれる。
打球はライト線にポトリと落ちて、ラッキーなヒットに。
9番には、前回ストレートを軽くセンターへ打たれているだけに不気味だったが、送りバントしてくれた。ちなみにシュート。

1番には、低めのボールになるカーブを。
ボテボテのファーストゴロだったのだが、これも雨が味方したか、ファールにならずに線上でとまってしまった。

ツーアウト1、3塁。
2番を迎えた時、三橋が踏みこんだ足をすべらせて、ワイルドピッチ!
あっさりと3塁ランナーがホームへ。
ついに逆転を許してしまった。

呆然とするバッテリー。
それでも、栄口のフォローもあり、すぐに立ち直る阿部。
足場の確認とコントロールの確認も含めて、
2番をあえて、敬遠した。

そして、3番。
河合から、三橋のストレートが浮いてるかもと言われたことで、その確認をしようとカットしてくる。
シュート2球をカット。
速いストレートはボール。
そして、普通のストレートもカット。これで、三橋のストレートの謎に気付いたかな。
最後もストレート。
これもカットしようとしたようだが、雨でバットがすべったか、バットを飛ばして三振に。

ここで、雨がちょっと強くなり、審判団が協議を。
このままコールドになったら、負けてしまう西浦だけに、祈るような気持ちのモモカン。

ベンチに戻り、奥へ引っ込む三橋。
頭からシャワーを浴びている。
身体はもの凄く熱いのに、手は冷たい。
そして、握力もなくなってきていた。もう限界?

そこに、瑠里が現れて、三星の結果を教えてくれる。
「叶は勝ったよ」と
叶もマウンドに上がって、0点に抑えたと。

これで、三橋復活。
握力も戻ってるし。

試合も再開されることに。
あとは、こっちが逆転する番!

田島もかなり本気になってきたし。

瑠里も大胆なのか恥ずかしがりなのかわからないね。
あのKの旗といい、作るならもっと大きくしていいのに^_^;

iconicon
おおきく振りかぶって 3 icon 2007/8/22発売

「おおきく振りかぶって」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月18日

おおきく振りかぶって 第19話

「桐青の実力」

アンダー替えようかな。どっちでもいいや。俺は投げられれば何でもいい。

5回裏。
三橋ににっこりされて田島ギクリ。三橋の母ホントよく見てるね、三橋が笑ってるの気付いてる。
小学生のころはすぐ泣くけどよく笑う子だった?でも中学に入って笑わなくなった三橋。

桐青の6番カーブを狙い打ち。
7番送りバント。
8番も外のカーブを1、2塁間を破って1、3塁。
9番もカーブ狙いだったのだが、それに気付いた阿部ストレートを主体に。
おいこまれてそのストレートをカットするつもりで軽く打ったら、センターがバックするほどの大きな犠牲フライに。
あっさり1点取られて、いやな予感?

犠牲フライでも、打ちあげたことを監督に怒られてる9番を見て、1番は絶対転がそうとセーフティバントを。しかしストレートだったせいで、打ちあげて三橋へのピッチャーフライ。

ベンチに戻る途中で、鼻血だしてる三橋。
それに気付いて気遣う花井。花井ってライトで、ベンチは一塁側なのに、三橋の鼻血に気付くとは、どんだけ周りを気遣ってるんだ?

三橋の母ホントまたまたよく見てる。鼻血に気付いてる^_^;

どうやらのぼせただけで大事ないようだが。
「俺言う通りに投げられるからね」「後半も頼むぞ」そういうしかない阿部。

グランド整備の間に、雨でしっくりこない変化球のチェックをする桐青の高瀬。
投球練習始めたのを知って、目をこらす田島。目的は当然シンカーだね。

高瀬どうやらシンカーは大丈夫みたいだが、フォークはコントロールが難しくなってる。
これが最後に影響してくるのかな?右打者への決め球だけにね。

6回表。
田島、ストレートをレフト前に。すかさず盗塁。
しかし、花井、沖、水谷とあっさり倒れてしまう。花井はいい当たりなんだけどね。

6回裏。
2番をストレートで三振に。
3番にはボール球のカーブをセンター前に運ばれてしまう。
4番はバントの構え。送りバントならやらせてしまえとシュートを投げるも、バスターされて右中間を破られて2、3塁にされてしまう。
5番河合を迎えて、守備のタイム。
モモカンからも、スクイズがくる、そしてこれはあげちゃいけない1点
それならストレートでフライにうちとろうと。

守備に戻るとき、三橋みんなに「サードランナー!」
全員でじろり^_^;

そして初球ストレート。それを河合はスクイズ。
注文通り打ち上げてくれたのだが、打球は死んでいる。田島でも間に合わずスクイズ成功してしまう。

なんとか河合はアウトに。
とられてはいけない1点を取られて同点にされて、落ちこむ阿部だったが、三橋は
「ツーアウト!バッター勝負!!」

投げられればそれでいい。

どんどんやられてきますな。
ストレートをジャストミートされてはいないけど、カーブを狙われてるし、ストレートも空振りとれないしね。

iconicon
おおきく振りかぶって 3 icon 2007/8/22発売

「おおきく振りかぶって」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日

おおきく振りかぶって 第18話

「追加点」

5番河合をサードフライに打ちとって、4回裏を0点で抑えた西浦。
田島が目測をあやまるほどのスピンがかかった打球に、河合も三橋のストレートの秘密の一端を感じた?

ベンチに帰る途中で何もないところでコケそうになった三橋を片手だけで引っ張りあげた河合。
三橋と田島感激してる^_^;

コケそうになったのを見て阿部は三橋が心配に。
5回表は三橋からの攻撃だが、その三橋に打たなくていいとつい言ってしまう阿部。
だけど、なぜかやる気満々の三橋を見てると、体が心配だからとは言えず、打っていいと言いなおしちゃうし。

三橋、角材の効果かバッティングも少しよくなっていたりする。
高瀬のストレートにしっかり当ててるし。

フォークで三振を狙ったのだが、雨で指が抜けず、三橋の尻にデッドボール。
ただでさえ身体が心配なのに、当てられて、阿部はもう大変^_^;

少しくらい休ませようとしてるのに、三橋はまったく気付かないで、大丈夫^_^;

田島は、高瀬のフォームの癖をビデオ研究で掴んでいた。
背中の動き方で、牽制かどうかが分かるらしい。背番号の見え方が微妙に変わるらしいが、この違いはまだ田島しか見分けられないけど。

その田島のコーチングで、三橋までが楽々と盗塁成功。
あの走り方でセーフだしね。

阿部は送りバント。
前の回スクイズされたときに打球が止まったこと、河合の打球をとるのに、田島がスライディングしたことを考え、グラウンドがかなり荒れていることを見ぬいて、そこにバントを決めてみせる阿部。

これが内野安打になって、ノーアウト1、3塁。
1番泉は、2安打と当たっていることもあり勝負させるも、三振。
高瀬、変化球は雨で投げづらいが、ストレートは適度な湿り気で指のかかりがよくなってスピードアップしてる。

1アウトになって2番栄口。
スクイズを警戒して、2球はずしてくる桐青だったが、サードランナーがピッチャーの三橋というのを思い出して、クロスプレーでケガをさせたくないはずとスクイズはないと判断。
そこから勝負に。
2-2となったところで、モモカン桐青がスクイズ警戒をといたと見て、スクイズを決断。

2ストライクからのスクイズで緊張するところだが、サードランナーでリラックスがここにきて効果発揮。
三橋は、栄口に見つめられてビビってたけどね。サードコーチの西広に言われて思い出したけど。
投げてるときは相手のランナーをしっかり見てたのに、自分がサードランナーになったら忘れるのか。

三橋のスタートに気付いて咄嗟に高瀬はボールを外に外したが、栄口が飛びついてしっかりとスクイズ成功!

ホームで滑りこむ必要もなく、三橋ホームイン、追加点ゲット!!

あの三橋のおどおどが、相手をかく乱してたりもするんだけどね。

しかし、あまりにも三橋が絶好調で、このあとが怖いけど。

iconicon
おおきく振りかぶって 3 icon 2007/8/22発売

「おおきく振りかぶって」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月 4日

おおきく振りかぶって 第17話

「サードランナー」

4回表は、三者凡退に倒れる西浦。さすがに、立ち直った高瀬のボールは下位打線では苦しい?
追いこまれると完全にアウトだが、それまでならなんとかなる?

ももかん、阿部に1点はあげていい。

4回裏、桐青がついに強豪として牙を剥く。
西浦が、研究して来たことを認め、三橋のコントロールのよさも認めて、それで監督の指示はとにかくゴロを打て。
そろそろグラウンドがおもしろいことになってきてる。

1番がセーフティーバントで出塁。
すかさず盗塁成功。完全に盗塁を読んで、全力投球して阿部のスローインも完璧でもだめ。
全力投球でも110km/hくらいだからねぇ。

2番は送りバント。三橋のストレートにちょっとフライになるも成功。
これで、ストレートの謎に気付いたかとも思ったけど、そうでもなさそう。

1アウト、ランナーサード。阿部はここで外野フライで1点あげるつもり(ランナーがそれでいなくなるほうがいい)
三橋は、リラックスの定義づけを思い出したのか、とにかく投げる前に、サードランナーをじっと見つめる^_^;

3番は、なんとカーブを無理矢理引っ張ってショートゴロ。
だがどこにも投げられず内野安打に。ランナー最初から動く気配すらなかった。

桐青もランナーをためて揺さぶりをかけてきたということらしい。
すかさず、セカンドへ盗塁。

そして、4番がスクイズ!!
ボールはピッチャー真正面に転がったが、雨でグラウンドがぬかるんでいて、途中で止まる。
スクイズ成功かと思われたのだが、絶好調??の三橋が好ダッシュでボールを阿部へトス、ホームでタッチアウトに。

やっぱり三橋はいつもとはちょっと違う。
これがいつまで続くかが、この試合のカギっぽいね。

応援席から三橋カッコイイとか言われてるし^_^;

iconicon
おおきく振りかぶって 3 icon 2007/8/22発売

「おおきく振りかぶって」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年7月28日

おおきく振りかぶって 第16話

「あなどるな」

花井のホームインが先。
西浦が先取点!

派手に転んだ三橋は、大事をとって検査。
一応どこも痛めたところはないようだが、念のため計った体温は、37.8度。
ちょっと高すぎ。興奮してるから?それとも?

三橋瑠里登場。
遅れて応援に。三橋の従妹で、中学時代を知る。

それだけに、絶好調の三橋に違和感を感じてる。
ちなみに、三橋をレンレンと呼ぶ。

応援にくることを拒否されなかったこともちょっと意外だったみたいだけど。

その三橋は、まさに絶好調。
4番に場外への大ファールを打たれるも、それだけ結局三振に打ち取り、5、6番も連続三振に。

西浦の攻撃陣も好調。
1点とられて逆に落ちついた(三橋のはさまれてるときの顔がおもしろくて緊張がほぐれたともいう^_^;)高瀬のストレートをしっかりとらえてる。
さすがに、これで桐青のキャッチャー河合が今までなめてたことをちょっと反省。

田島へは、シンカーの連投。
最後はストレートで三振に。
期待の田島が2三振っていうのは、痛いね。それだけ、高瀬のシンカーはすごいってことでもあるけど。

阿部は、三橋の様子がいつもと微妙に違うことに気づく。
かなりハイ状態だと、もしかするとこのままだと、途中でパンクする?

それでも三橋の絶好調は続く。
3回裏も7、8、9番を三者三振に打ちとってしまう。

調子が良過ぎるのも、気がかりだったりする。

iconicon
おおきく振りかぶって 2 <完全生産限定版> icon 2007/7/25発売

「おおきく振りかぶって」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ