カテゴリー「スカイガールズ」の26件の記事

2007年12月29日

スカイガールズ 第26話(最終回)

「それぞれの…」

いきなり、初回にアイーシャにやられたことをビッグバイパー隊にやってる、瑛花さん。
乗ってたのはソニックダイバーじゃないけど。

ワームとの最終決戦から半年。
みんな元の生活に戻ってる。可憐は男性恐怖症がかなり改善されたみたいだけど。
エリーゼは、源さんの田舎で暮らしてる。
音羽も島に戻った。

瑛花に辞令が下りる。
追浜での、新しく創設されるソニックダイバーレスキュー隊の指導教官。

ソニックダイバーレスキュー隊の結成式典への招待状が、元ソニックダイバー隊に届く。

たくみくんは、可憐の兄様と接近遭遇^_^;

音羽には、僚平がバイクでお出迎え。

そして、式典のクライマックスは、元ソニックダイバー隊によるデモフライト。
ちなみに、4機のソニックダイバーはこれがラストフライトで、その後は記念館に行く事になってると。

あれから半年以上も眠り続けていたアイーシャが、音羽たちが空を飛んだとき、ついに目覚めた。

ついに平和になった空を飛んだ音羽たち

ということで最終回でした。
といっても、実質は前回が最終回で今回は、DVDのおまけ映像的なものともいえるけど。
しっかりと無意味にお風呂シーンを入れてるところがまさにおまけ。

全体的に丁寧に作っていてよかったと思うんだけど、そのわりにはメインが何だったのかが分かりにくい作品でもあったような気もします。
戦闘もメカも恋もそれこそサービスシーンも適度に良く出来ていたけど、そのどれもがそこそこの出来だったかなぁと。
一つどこかが突き抜けてるくらいのほうがもっとインパクトは強くなったんじゃないかと。
でもそうしなかったことがこの作品たらしめているともいえるんですけど。

iconicon
スカイガールズ Vol.4 icon 2008/1/30発売

iconicon
スカイガールズ Vol.5 icon 2008/2/27発売

「スカイガールズ」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日

スカイガールズ 第25話

「音羽、ふたたび」

ネストに突入し、音羽とアイーシャの二人ようやくコアに辿りつく。
アイーシャがコアに接触し、ウィルスプログラムを注入に成功し、これで終わったと思われた。

そのとき、ワームはなんと、ワクチンプログラムを使いウィルスを除去。

そして、コアから優希が姿を現す。
また飛べなくなる音羽。

駆けつけた、瑛花たち3人もワームに囚われ動けず。
たった一人動けるアイーシャを、ソニックダイバーそっくりのワームが襲う。

「仲間をゼロを信じて」
アイーシャのその言葉を思い出し、音羽復活、アイーシャを助ける。

しかし、優希のいやワームの狙いは音羽だったりする。
理想だと。

ソニックダイバーは機械細胞群(サイボーグって聞こえた^_^;)ワームの研究途上で生まれたもの。
いわば兄弟。ソニックダイバーとの適性が高い人間は機械細胞群との適性もまた高い。

僕らと一つになれる人間こそ、これからの地球に必要な存在だと。
音羽を取りこもうとしてくるワーム。

アイーシャが優希に抱きつき、「人間」に戻す。

ワームの使者ではなく、優希として、音羽と一緒に空を飛ぶ。
音羽が優希に触れたとき、優希は光の粒となり消えて行く。

それと同時にコアの光も消え、世界中のワームが崩れ去っていく。
ネストもまた崩壊を始める中、音羽は力尽きたアイーシャを助けるために一人残る。

みなが待つ地上へアイーシャを背負い、戻ってきた音羽だった。

ワーム殲滅最終作戦は終了した。

最終決戦のわりにはちょっとあっさりしすぎたような印象もあるけど、元々戦闘シーンに重きをおくアニメでもなかったから、こんなものかなとも思う。

iconicon
スカイガールズ Vol.3 icon 2007/12/21発売

「スカイガールズ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日

スカイガールズ 第24話

「決戦」

ついにネストが浮上、同時に世界の都市でワームが同時多発的に攻撃を。

結局まだ飛べない音羽に変わって、シューニアカスタムにはアイーシャが乗ることに。
アイーシャのMOLP118.98%
その代償として搭乗時の記憶を残せない。
それで、瑛花に勝ったときの記憶がないと。

音羽抜きでの作戦となるが、それにエリーゼが反発。
瑛花もそれに同調。

音羽も一緒じゃなければっていうの分かるし、いい話ではあるんだろうけど、最後の最後で逃げるのかずるいぞ、ともとれない?

音羽を励ましつつ、アイーシャも体力的にきついことも伝えてプレッシャーも与えてる^_^;

優希とは戦いたくないけど、アイーシャは守りたい。
揺れる音羽に絶妙のタイミングで声を掛けるアイーシャ。
「優希は音羽を待っている。一緒に飛ぼう」
「何があっても私を仲間を、零神を信じて、そうすればあなたはいつでも飛べる」

音羽復活!!

僚平と音羽、たくみと可憐はいいとして、エリーゼにはやっぱり源さんか。
エリーゼってホントオヤジキラーだな。
瑛花は冬后ってことになるのかな。
しっかりと、オヤジさんとの席をつくってるしね。

作戦を前に、それぞれ想い人との別れを。
いや、生きて帰ってくることを誓ってる。
ありがちだけど、待ってる人がいるから生きて帰ってきたいと思うと。

最終作戦が開始された。

iconicon
スカイガールズ Vol.3 icon 2007/12/21発売

「スカイガールズ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日

スカイガールズ 第23話

「失われた翼」

優希の反応はあくまでワーム。
取り乱す音羽を必死に食い止めつつ、エリーゼが攻撃を仕掛けようとするも逆に優希に攻撃されて、エリーゼのナノスキンが突然活動限界になってしまう。

自分はワームのメッセンジャーだとして
「キミ達を待っている。ボクは逃げも隠れもしないから」

そう言い残し去った優希。

優希は、消えたときと同じ、まったく変わっていなかった。
姿も、服装もなにもかも。

心乱れる音羽。

周王は、試作機シューニアカスタムに音羽を乗せるつもり。
それは、アイーシャとDNAが近いから。

それゆえに優希もワームに攫われた?

シューニアカスタムには最終ミッション用の特殊な電子装備をほどこしてる。
零神はもともとシューニアの姉妹機

シューニアカスタムに乗った音羽なら、ネストに潜りこむことも可能。
そしてワームにインプットされているプログラムそのものを書き換えるのが最終作戦。

つまりは最後の最後は音羽の単独任務になる。
桜野を守って、そして全員生きて戻ってくるのが今回の最終任務。
なんてことを瑛花に格好良く話してる冬后さんだったりします。

優希が一瞬アイーシャにコネクトしてきたのは、ネストの位置を伝える為。
挑戦状なのか、罠なのか。

一晩寝て元気を取り戻したように思われた音羽だが、なぜかMOLPが下がったまま。
このままでは、発進することすらできなくなってしまう。

アイーシャに優希はどうなってしまったかを尋ねる音羽。
アイーシャの答えは非情なもの。

ワームによって再構成されたレプリカで、どちらでもありどちらでもない。
量子テレポーテーションを応用した優希のコピーだと。
しかも、コピーした時点でオリジナルの身体は崩壊していると。

とはいえ、構成物質がまったく同じであるなら、優希そのものでもあるとも言える。

セイントオクトーバーもこれも、最後の敵が家族ってネタなのね。

iconicon
スカイガールズ Vol.3 icon 2007/12/21発売

「スカイガールズ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日

スカイガールズ 第22話

「サザンクロス・ホーリーナイト」

クリスマスということで、またまた直訴して、クリスマスパーティーをすることに。
直訴に使ったイラストをデバイスから印刷してポスターにしたのか。

零神にまでデコレーションしてるし^_^;

スカイサンタとして、サンタのコスプレですか。しかも夕子先生の手作りですよ^_^;

アイーシャが乗っていた実験機が配備されることに。
そのパイロットには、音羽?

ファイナルエンカウンター。
大戦末期に単体のワームセルと接触して優希が消えた。
これは、幼ない音羽の証言では信用出来ない?ということで表沙汰にはならず。
しかし、未確認ファイルには残っている。
それと、実験機のパイロットとどう関係してくるのか。まぁ想像はつくんだけど^_^;

パーティーの最中にワームが出現。
すぐ出撃してるけど、デコレーションはどうなったんでしょう^_^;

接近した時、ワームが花のように開きその中から現れたのは、なんと優希
「久しぶりだね音ねえ」

ワームと優希、そしてソニックダイバーにアイーシャと全部が絡んでるみたいなんですが。

iconicon
スカイガールズ Vol.2 icon 2007/11/28発売

「スカイガールズ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月23日

スカイガールズ 第21話

「共闘」

飛崎率いるビッグバイパー隊が攻龍に配属された。
そして、出撃。
圧倒的な火力を見せつけるも窮地に陥いったワームは自切をして分離。

自切したほうから再生してビッグバイパー隊に逆襲。
結局取り逃がす。

このワームは冬后を飛べなくしたものと同じタイプ。
飛崎と冬后が出撃し、隊長が撃墜され、二人も窮地に。
飛崎を庇い冬后が撃墜されてしまった因縁の相手。

本当なら飛べなくなるのは俺の方だったと飛崎。
冬后は、いまスカイガールズに夢を託したいと。
それは、自分ができなくなった「飛ぶこと」
ワームを退治して安全な空をあいつらに飛ばしてやりたい。

そんな会話を聞いてしまった瑛花さん。
冬后を見なおした?

自切し分離したときに、その両方を同時倒さないといけないということで、スカイガールズで一方を飛崎のビッグバイパーと攻龍の艦砲射撃で対処することに。

スカイガールズが本体を攻撃。
自切したほうをビッグバイパーが攻撃、しかし本体がもう一度自切して3体に分離してしまう。
そのとき、傷を負っていた飛崎の部下二人が出撃。

なんとか3体に分離したワームを同時に倒す事に成功した。

若い奴らのために空を取り戻す。
それが飛崎と冬后の合言葉、かな^_^;

ということで、おっさん二人の友情物語でした。

iconicon
スカイガールズ Vol.2 icon 2007/11/28発売

「スカイガールズ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日

スカイガールズ 第20話

「そのファインダーに映るもの」

たくみが倉庫で写真フィルムを発見。
父の形見のカメラを使って、クルーを撮影して行く。

デジタル化された世界でかなりフィルムは貴重品のようだが、なぜ倉庫にまぎれていたのでしょう?
しかも食料倉庫だし。
補給部隊が偶然入れてしまったにしても、ありえないと思うんですけどね。

触発された音羽もデジタルカメラを取り出して、アイーシャを激写^_^;
誤解は解けたもののまだまだクルーに敬遠されてるアイーシャと仲良くなろうってことね。
笑った顔が見てみたいと。

エリーゼはゴスロリ少女探偵団ですか?

写真にはそのときの想いがずっと残る。
この言葉にぐらっときてるアイーシャ。もしかして、アイーシャっていずれ消える運命?

みんなで記念写真を撮ろうとしたら、ワームが来襲。
レベルはC-なのに、スピードが速くて苦戦。

アイーシャは、スカイガールズを助ける為に念を送りワームの動きを止める。
力を使いすぎて倒れてしまったほど。

音羽のがんばりか、だんだんとアイーシャも仲間になってきたかな。

最後は、アイーシャを囲んでみんなで記念撮影。

音羽は最後のワームと接触したただ一人の人間。
あの優希を連れて行ったワームが最後のワーム?

では、今いるワームは何者?

iconicon
スカイガールズ Vol.2 icon 2007/11/28発売

「スカイガールズ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月10日

スカイガールズ 第19話

「アイーシャ・クロニクル」

アイーシャがなぜ一瞬優希に見えたのか?

瑛花は、アイーシャがソニックダイバーのプロトタイプのパイロットだったことに気付く。
しかし、そのアイーシャは、その記録はあるが記憶はないと。

攻龍では、前回のワームの侵入により、食料が全滅し、三日後の補給がくるまで食べ物がほとんどない状態に。
音羽がソニックダイバーを使っての漁を提案。
一応、フォーメーション訓練ということで了承された。

結果は大成功で大漁。いつもより豪華な食事になったりしてる。
でも魚ばっかりなんだけどね。

ワームを倒したよりも大きな絶賛をうけるスカイガールズ^_^;

アイーシャがワームの元という噂が艦内に広がり、アイーシャが孤立。
エリーゼもついつめよってしまう。それを怒る音羽。
やっぱり優希に見える?

アイーシャの年齢は31才

周王からアイーシャの秘密を聞くことになる4人。
31年前、クリシュナム博士が難病治療のためにナノマシン生体制御システムを構築した。
それを不治の病の娘でシステムの臨床実験していたことが発覚して、博士は失脚姿を消した。

それから15年後、人類の天敵のワームが出現。
Weapon of Raid Machine

ワームセルの解析から、基礎コードがナノシステムの治療プログラムに似ていることが判明。
ただし、博士がワームを作った訳ではなく、ワームはネット上で自己成長した治療プログラムが作り上げた巨大なナノシステム。
プログラムは地球を一つの生命体と定義して治療活動を始めた。
つまり、人類が地球に対するガン細胞と判断されたと。
戦いの末、大量破壊兵器を使用してワームを消したと思ったのだが、しかしワームは自らの意志で姿を消したに過ぎなかった。
人類というガン細胞は自滅の道を進み始めたと判断したのだ。

ワームが消えて半年後、インドの山奥で修行しているレインボーマン死後十数年経過した死体と凍結されていた少女が見つかった。
死体はすぐにクリシュナム博士と判明。
少女は娘のアイーシャと思われた。
博士は、ワームの出現を予言していた。その特性も。

アイーシャの身体はナノシステムと人体との完全なる融合、人機一体のシステムが組みこまれていた。
そのアイーシャのシステムを応用してソニックダイバーが開発された。

発見されてからずっとアイーシャは実験台にされてきた。
それは博士の遺言でもあったから
「娘・アイーシャにすべてを託す」

酷いことを言ったことを謝るエリーゼ。
周王は音羽に興味アリのようだが。優希と関係ありそうです。

で音羽たちは、アイーシャのDNA因子に近かったから選ばれたと。
つまり、双子の優希もかなり近いものを持ってると。

iconicon
スカイガールズ Vol.2 icon 2007/11/28発売

「スカイガールズ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 3日

スカイガールズ 第18話

「侵入者」

海に浮かぶ光る球体を見つける音羽。
それは、弟・優希を連れていったものと同じ?

艦内が停電、機関部停止、ワームが侵入してくる。
1セル状態だったワームが分裂合体をして人型に?
人型というよりニンジャタートルに見えるけどね。

なぜか音羽と僚平の後をつけるように追ってくるワーム。どんどん分裂して数が増えて行く。
なんとか甲板まで誘い出して退治しようとする。

音羽は途中でころんで足を捻り、僚平はその音羽をかばってケガしてる。

音に誘われてついてきてると思ったら、どうやら音羽にご執心のようで、音羽を追っているらしい。
そこで、音羽が一人で囮になり、零神でそのまま攻龍の外へ誘い出してそこで仕留める作戦に変更。

停電の中、手をつくしなんとか零神を発進させる。
作戦通りワームはついてきたが、倒す前に、逆に零神のまわりに水の塊のようにまとわりつかれてしまう。
ワームが零神を自分の一部と認識した?

そこに緋月たちを乗せたヘリが。
そこに乗っていた、アイーシャという少女が零神を見つめただけで動かす。
これで自由を得た零神はワームを排除。
そのワームをヘリが殲滅した。

アイーシャがワーム誕生の元になった?

音羽にワームがご執心だったのは、最初に見たのが音羽だったから?
生まれて最初に見たものを親だと思うっていうあれと同じですかね。
そして優希を連れ去ったのがワームだとしたら、それはなぜ?

iconicon
スカイガールズ Vol.1 icon 2007/10/31発売

「スカイガールズ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月27日

スカイガールズ 第17話

「南の島のスカイガールズ」

ワームを撃退したものの、そのワームの放電によりソニックダイバーのコントロールを失ってしまい4機揃ってロスト。
無人島に不時着。

攻龍と連絡がつかず、ソニックダイバーを操縦するにもナノスキンの限界時間を過ぎていてできず。
孤島で救助を待つことに。

飛べないといいつつ、何気にソニックダイバーを動かして色々やってますけどね。
コクピットに乗って動かせないってだけにしか思えないけど。
あれだけ動かせるなら、磁場の影響されないところまで飛んで連絡すればいいんじゃないかとも思うんだけどね。

こういう展開になると俄然いきいきしてくる音羽。
野生児の本領発揮ですが、釣りはともかく、山菜の知識まであるのね。
瑛花がとった草を見て
こんなの食べたら四人揃ってぽっくりです

可憐が一番慌てそうだけど、意外と冷静で、星の位置とかから島の位置を特定してたり。

意外だったのが、瑛花さん。
軍のエリートとは思えぬ、不器用ぶり。
サバイバル訓練とかしてないんですかねぇ?
していてもあんまり関係はないんだろうけど。

何も出来ないことに苛立つエリーゼ。
自分で何とかしようと、イカダで海に出て行く。
しかし、ちょっと強い波を受けてあっさり転覆。

溺れかけたところを、それに気付いた瑛花たちに助けられた。

やっと攻龍からの救助が島に到着したときには、四人でまったりとさとうきびをほおばっていましたとさ。めでたしめでたし。

iconicon
スカイガールズ Vol.1 icon 2007/10/31発売

「スカイガールズ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ