カテゴリー「バンブーブレイド」の26件の記事

2008年4月 2日

バンブーブレード BAMBOO BLADE 第26話(最終回)

「”それから”と”これから”」

凛とブレイバーの映画を見る珠姫。
二人して感動してますな。

春になり、2年生になった珠姫たち。
剣道部にも、新入生二人誠と忍が見学に。
おさがりの防具はもってると。

聡莉の真剣白刃取り(当然失敗)
ミヤミヤ木刀と竹刀を指に乗せるバランスですか。

新部長は段くんですか。
まぁ勇治かどっちかしか部長になれそうな人はいないので。
ミヤミヤを抑えられる点だけでも段くんのほうが上かな^_^;

紀梨乃、鞘子もやってきて全員揃ったところで稽古開始。
インターハイまでいるなら、それまで紀梨乃が部長でもいいと思うけどね^_^;

ずっと呆れていた忍も稽古を見て、その迫力にびっくり。
迫力の中に、楽しさが見える。まさにそれが室江高剣道部。

コジローがいなくなったあとの顧問は、吉河先生ですか。
でもその吉河先生も妊娠してしまって産休をとることに。
旦那は石橋ですか。
前回、話をしていたと思ったら、いつのまにかそこまでいってましたか^_^;

で、新しい顧問は、ブレイバーじゃなくて、コジローが戻ってきたと。
紀梨乃、抱きつくほどうれしいことなのか?
案外、コジローに惚れてたとか?

例のばばあは引っ越したとか言ってますが、礼美も一緒に引越したんでしょうか?
それに、吉河先生が林先生の推薦をもらってくれてコジローが復帰できたと。

見学に来ていた二人の名前は
岩佐誠と外山忍、あの岩佐と外山の弟と妹。
それはいいとして、どんだけ仲がいい家族どうしなんですかねぇ^_^;

珠姫は父がつい本気を出してしまうほど強くなってます。

そして、鳳凰旗大会のために博多ですか。しっかり礼美もついてきてるけど?
多分これって自費だと思うんだけどねぇ。やる気ありありだね。

石橋がばばあの餌食になってますが^_^;

そして珠姫に、運命のライバル登場の予感。

熱血でもなく、かといって名ばかりでもなく、剣道をというか剣道部を描いていてよく出来ていたと思います。
剣道のシーンもそれなりの迫力で見せてくれたし、これを見て剣道を始めようと思うかどうかはともかく、剣道の楽しさというか凄さというか、そういう部分もちゃんと伝えられていたと思います。
それこそ剣道のことを何も知らない人でも楽しめた作品だったと思います。

ただ、後半のアニメオリジナルのシナリオ部分はちょっと苦しかったかなぁとも思いますけど。
もう一つ残念だったのは、何度も書いてますが、上段に構えたときの足が逆になってしまったことですかねぇ。
かなり目立つ場所だけに、ここはなんとかしてほしかったなぁと。

しかし、久しぶりに竹刀で素振りでもしてみたくなる作品でした。
でも部屋の中ではやめましょう。紀梨乃のように蛍光灯割るかもしれないし^_^;

iconicon
バンブーブレード 三本目 icon 2008/3/26発売

「バンブーブレード BAMBOO BLADE」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日

バンブーブレード BAMBOO BLADE 第25話

「剣道とそれがもたらすもの」

珠姫、母親のお墓参り「お母さん、いってきます」

室江高剣道部、昇龍旗高校剣道大会へ。
いくらその場でのエントリー制の個人戦とはいえ、1回戦から同じ高校同士で戦わせるものなんですか?
聡莉の運のなさをただ表現したいだけのために珠姫と当てなくてもいいと思うんですけどねぇ。

ミヤミヤも都合良く1回戦でキャリーと再び対戦。
この戦いのために絶対行きたくないはずの礼美の家にまで行って、前回の写真とビデオを見て聡莉と一緒に研究してきた。

その甲斐あって、粘りに粘って最後は面を狙ってくるキャリーに抜き胴を決めて一本勝ちをするミヤミヤ。
初勝利の感動に震えるミヤミヤ。
このためにみんな頑張ってたんだ

紀梨乃、鞘子はそれぞれ4回戦で敗退。

勇治と段十朗も勝ち進んで対戦。
まだ負けられない勇治の意地と天才で伸び盛りの段十朗。
先に面を決めた勇治だが、段十朗も抜き胴を囮にして面を返す。
最後はなんとか勇治が決めた。

ミヤミヤはキャリーと本当の決着?をつけるために外へ。
二刀流に勝つために。
礼美のフラッシュで目を瞑ってしまうも、キャリーの二刀とも弾き飛ばしたミヤミヤだった。
「なんてバカ力」
ノー、イッツパワーオブラブさすがミヤミヤ棒読みです^_^;

珠姫、5回戦で鈴木凛と対戦。
開始直後に両者飛び込み面。
体育でいつもこの戦法やる奴がいたなぁ^_^;

挑戦する喜びを知った珠姫。
まずは、コテで先取。
すぐに胴を取りかえされる。

最後の一本、ついに凛は上段に構える。相変わらず右足が前なんだけどね
コジローは珠姫に結局何も教えていない。ただ相手が本当にその相手がお母さんだったら負けてもいいのか?と言っただけだと。

その相手が誰でも私は勝ちたい。
お母さん私剣道が好きになりました

豪快にツキを決める珠姫ちゃんでした^_^;
アトミックファイヤーブレード
結局ツキですか。封印してるんじゃないんですか?
凛は強いし、受け止められるだけのものを持っているってことでもあるんだろうし、追い詰められての苦し紛れのツキでもないからいいんですか?

剣道が好きになったからツキも解禁ですか?

その勝ちを見届けてコジローは、なぜか今更責任を取ることを決意してる。
そして一人で去ってっちゃうし。
せめて大会が終わるまでいるのが顧問の役割だと思うんですけどねぇ。
それこそ無責任ですよ。

ノブくんが世話した金になる仕事ってカニ漁船ですか^_^;
微妙に洒落になってない

iconicon
バンブーブレード 三本目 icon 2008/3/26発売

「バンブーブレード BAMBOO BLADE」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日

バンブーブレード BAMBOO BLADE 第24話

「剣と道」

スーパー勇治の活躍は??
まぁそこが勇治ともいえるかな^_^;

紀梨乃は珠姫に退部届の理由を。
私が勝たなきゃいけなかった。みんなもそう思っていた。勝たなきゃいけなかったし負けちゃいけなかった。
私より強い人はいっぱいいっぱいいます。私はみんなのお役に立てません。
剣道を続ける意味がわかりません。と。

珠姫のことをコジローに話す紀梨乃だが、コジローはここでも逃げるだけ。
あんた顧問でしょう」キレる紀梨乃。
紀梨乃の気持ちは分かるねぇ。剣道部の一大事に顧問が逃げてちゃ話にならないよなぁ。

結局、一人で抱えこむことになる紀梨乃。

ブレイバーをこんなに適当に見てる珠姫は初めて。

勇治の最大の見せ場がここですな。
パンクしてとぼとぼ歩いてる珠姫に追いついて、勇治が負ける悔しさを教える。
今のもやもやしてる気持ちは、悔しさだと。その悔しさをどうしていいかわからないだけだと。

悔しさをバネにして頑張って次は勝つ。その先に悔しさよりずっと大きな喜びがあると。
それを知ったら剣道が好きになる。

そう言われて、勇治の自転車を借りて、町戸の石橋のところまで「上段との戦い方を教えて下さい」
その石橋は、お前のところにも上段使いがいるだろうと。
コジローのところへまた走る珠姫。
上段との戦い方を教えて下さい
今日気付いたこの悔しさを忘れたくありません。やっと自分の剣道を始められそうなんです。
負けたことにちゃんと向きあいたい。

これでコジローもやっと吹っ切れたと。

ミヤミヤには、聡莉が。
努力が無駄なんてなんで言えるの。なんで諦められるの。
たった二回負けて、諦めてふてくされて逃げようとしてるあんたにそんなこと言わせない。
辞めるんだったらちゃんと勝って辞めてよ。
私の特訓まで無駄にするな!

ということでミヤミヤ復活。

紀梨乃には鞘子が。
一人で抱えこみ自分が退部することで決着をつけようとしていた紀梨乃。

一人で決めないでよ。私はついて行ってあげるから。

運命の日、勇治と段十朗だけがいた道場に外山たちが。
事件のことを二人に。最後だからと外山が剣を持つ。

相手をしたのは、段十朗。
外山に対する恐怖心の中で段十朗は、抜き胴を決めた。

元々決めていたようだが、これで完全に心が決まったようで、退部届を勇治に渡す外山たち。
日付は春だと。

そんな二人に紀梨乃が作っていた二人のマスコットを渡す勇治。

彼らもまた剣道が嫌いじゃなかった。

バラバラになりかかった剣道部だったが、より結束が強まったかな。

iconicon
バンブーブレード 三本目 icon 2008/3/26発売

「バンブーブレード BAMBOO BLADE」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日

バンブーブレード BAMBOO BLADE 第23話

「嘘と沈黙」

母親のお墓参りをして、負けたことを報告してる珠姫。

関東大会での敗戦が剣道部に少しずつ影を落としていく。
ミヤミヤは、バイトを理由に部活をサボった。だがこれは嘘。キャリーに負けたことでモチベーションが落ちていた。

珠姫も雰囲気が変わってしまった。
それを察して、つい上段に構えて反応をみちゃう勇治。
ムキになるかと思ったら、やる気なくしてる珠姫。
「冗談(上段)はやめて」

段十朗だけ抜き胴をマスターしてたりして順調に上達中。

そこに追い討ちをかけるように、外山たちの乱闘騒ぎが問題として浮上する。
連帯責任で剣道部を1年間くらい休部にという意見まででてくる。

コジローは、その話を、紀梨乃と鞘子にだけ話す。

外山たちは、剣道部所属とはいえ、春からずっときていない。だから退部したことにも出来ると。
そうすれば剣道部の処分は回避できるだろうと。
でも、それは嘘。
どうするかは部長である紀梨乃が決めろと。

悩む紀梨乃。外山がこなくなってほっとしていた自分がいるのもたしか。
だが、二人を切り捨ててしまって本当にそれでいいのか。何か違うのじゃないのかと。

ミヤミヤは、探しにきた段くんにまで当たってる。
才能があって何でも出来る人には分からないと。
どうしても勝てない相手なら剣道やってても無駄じゃない。

キャリーはともかく、他の誰かにでも勝てていればもう少し違うんだろうけど。

一方珠姫は、家の道場でも荒れまくり^_^;
ついに、父にも指摘されて、しばらく剣を置いてみたらと言われてしまう。
無理に剣道を続ける必要はないと。

翌日、部室にそっと置かれていた、珠姫の退部届を見つける紀梨乃。
剣道部がバラバラになっていく。

最終回に向かっての最後の試練ですな。
次回予告で、勇治ががんばるみたいなことを言っていたので期待しましょう。

iconicon
バンブーブレード 三本目 icon 2008/3/26発売

「バンブーブレード BAMBOO BLADE」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日

バンブーブレード BAMBOO BLADE 第22話

「敗者と勝者」

関東大会を前に、気合が入る剣道部。
ミヤミヤもついに聡莉からコテ一本を奪う。

勇治一人が、あまりにも雰囲気が良過ぎて心配になってる。

紀梨乃は、みんなにマスコット人形を作ってます。
レッド(珠姫)、ブルー(鞘子)、ピンク(ミヤミヤ)、グリーン(聡莉)、スーパーダン、スーパーユウジ、コジロー長官、そしてイエロー(紀梨乃)
「これが勝利のマスコットだ」

そして関東大会本番、まずは団体戦。
町戸高と、決勝で対戦しようと約束する。

開会式で
オー!オー!オー!」ってやるものなんですか?

そして一回戦、いきなりキャリーのいる英進高と対戦。
さすがにキャリーは一刀で出場してきたが、二刀を扱えるキャリーが一刀で弱い訳がない。
天敵の礼美が見に来たことにも気付かない程、気合が入っていたミヤミヤだったが、つけいる隙もないまま面、胴と取られて敗れた。
試合は、室江が勝ったけど。

この後も順調に勝ち進む室江だったが、ミヤミヤは結局一勝も出来ず。
そして準決勝で、鈴木凛が大将をつとめる、秀玉高と対戦する。

聡莉が勝ち、ミヤミヤが負け、鞘子も負け、なんとか紀梨乃が勝って珠姫に繋いだ室江。
これで勝った気になっていた室江だったが、相手は凛。

凛はなんと上段に構えた。
それを見て、また母を思い出して、ぼうっとしてる珠姫。
いきなり、片手面を決められてしまう。

気合を入れなおす珠姫だったが、勝たなければと焦り、勝ちたい一心でつい封印するはずのツキを。
しかし、凛には通用せず、面を決められ、完敗を喫する珠姫だった。

ブレイバーが負けないのは正義だから。
じゃあ負けたことがある者は正義じゃないの?

それにしても、凛が上段で構えるのはいいとして、どうして右足が前になってるんだ?
上段のときは、左足が前なんですけど。じゃないと、片手面なんて決められないって。
構えてみれば分かるが、前になる手と同じ方の足が前に来ないと構えにくいし、打ち込むときにも打ち込みにくいです。

ここまで丁寧に剣道を描いていただけにちょっと残念。

iconicon
バンブーブレード 三本目 icon 2008/3/26発売

「バンブーブレード BAMBOO BLADE」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日

バンブーブレード BAMBOO BLADE 第21話

「川添珠姫と鈴木凛」

バッチ来ーい

勇治は、ホントに何の下心もなく珠姫を誘ったのでしょうか?
超天然ですか?

翌日の撮影に向けてのアクションの稽古を正座して見学してる珠姫と凛。
シナイガールが新登場ですか。
で、中の人は当然?男^_^;
でもその藤村さんは女以上に女らしいそうで。

「次であなたは試合終了よ。防具を磨いて待ってなさい」

シナイダーTシャツがパジャマ替わりの凛。
「何これ?」「VHDです」「何それ」「さあ」

珠姫が使っている目覚し時計が第39話「涙の東西友情 大阪大爆発」でブレイバーが止めた爆弾のやつと同じ型のものだということから、ブレイバーとシナイダーどっちが強い、みたいな話で盛り上がっていく二人。

時限爆弾を止める場面は凛の名場面第3位
ちなみに
1位はシナイダー初登場、
2位は必殺シナイタイフーンを編み出したところ。

その爆弾を止めたのは本当はシナイダーだとかいう話になって、DVDを見なおしてる二人。
で結局起きる予定の朝5時まで、DVDを見つづけてしまった二人だったりする。
ちょうど、シナイダーの最後の場面まで^_^;
シナイダーはシナナインダー

そのまま撮影に同行して見学するはずだったのだが、シナイガール役の藤村が現場でケガをしてしまって、段取りをすべて覚えていた凛がシナイガール役をすることに。

凛がやるはずだった、ちょい役の女子高生の役を珠姫がやることに^_^;

相変わらず、竹刀持ってないと緊張しいの珠姫さん。
たーすーけーてー」超棒読みです^_^;

逃げ遅れて、シナイガールに攻撃されて、つい竹刀を拾って構えちゃう珠姫。

二人には、相手がそれぞれ、ブレイバーとシナイダーに見えた^_^;

結局撮り直しになったけど。

珠姫の強さを感じた凛。だが、私のほうが強いと。

シナイダーは最初のほうで何度も・・・
だからブレイバーはシナイダーには勝てない。

川じょえさんからタマちゃんに呼び方が変わってる。

聡莉と特訓中のミヤミヤの前に再びキャリー登場。
関東大会で勝負と。

凛も珠姫に関東大会で今日の続きをしましょうと。

一度も公式戦で勝てないミヤミヤと、負け知らずの珠姫にしっかりとライバルを用意したと。
二人がこれでもう一歩上に進むってことですかね。

ところで、キャリーも凛も室江が関東大会に出てくることを前提に話してますが、本当にでるんですよね^_^;

鞘子、紀梨乃がいるからみんな集まってくるとか言ってますが、いや本当だね。
強くなったのは珠姫のお陰かもしれないが紀梨乃がいなければ、こんなチームにはなってないだろうしね。

iconicon
バンブーブレード 二本目 <初回限定生産> icon 2008/2/20発売

「バンブーブレード BAMBOO BLADE」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日

バンブーブレード BAMBOO BLADE 第20話

「ブレイバーとシナイダー」

10年前、ブレードブレイバーのビデオ(敵だったシナイダーがブレイバーを助けて死んだ話)を繰りかえし見る少女。彼女の名前は鈴木凛。

久しぶりに土日が部活休みになって、勇治にヒーローショーに誘われる珠姫。
コスモサーティーンショーだったが、ゲストにレッドブレイバーが来ると聞いて行くと即答^_^;

コスモサーティーンにはあまり興味がないようなことを言ってるわりには、妙に詳しい珠姫さん。
「コスモサーティーンは好きっていうか、一応見てはいるけど、基本的には面白いんだけど少しメンバーが多すぎるっていうか。敵の暗黒十二神将?より人数がいるから緊張感に欠けるっていうか、メンバーテン以降はまだキャラ立ちしてないし。でもCG関係の処理は良く出来てると思う。前作で上がったスキルを上手に活かしているのが分かるから。その分パンクも多いけどちょこちょこ変えてあるから見ていて楽しいし・・・」

ブレイバーが出てきてからはショーに夢中の珠姫。
その近くには、勇治と珠姫以上にこの場所に不釣合いな黒のセーラー服姿の少女・鈴木凛がいたりする。彼女は、シナイダーしか応援したくないらしいが。

バトルヒーローシリーズ30周年特別企画としてブレードブレイバーが映画になることが決定。
なんとシナイダーも出るらしい。

後半のクイズ大会にしっかり参加してる珠姫^_^;
となりの回答席には、凛もしっかりいたりする^_^;

優勝商品は、限定版・伝説のヒーローぬいぐるみ豪華全部盛り

この二人の独壇場になって、結局同点。
歌で勝負をつけることに。
凛は、シナイダーの歌を熱唱して95点。
珠姫は、歌が苦手でさらに緊張してしまって、ブレードブレイバーを歌うも45点で完敗。

凛はシナイダー以外は興味がないということで、シナイダーぬいぐるみ以外を全部珠姫にくれた。
珠姫は、その後のサイン会に撮影会までしっかり満喫してお家に帰る。

家に帰った珠姫を出迎えてくれたのは、なんとレッドブレイバー!

今日家に泊まりに来るといっていた父の友人というのが、ブレイバーの新作映画でアクションを担当する小沢剣友会の人たちだった。

その中に、お嬢と呼ばれるシナイダー一筋・鈴木凛がなぜかいたりする。
しかも、珠姫を覚えてない?

ところで、ショーの司会のお兄さんの顔と声のイメージが違いすぎるような^_^;
って思ったら、なんとこのお兄さん、なりた洋さんという本物のショーの司会のお兄さんなんですね。なんか失礼なことを書いてしまったような気もします。
言い訳ではありませんが、顔から想像するよりもずっといい声だなあと思ったんですよ。

あと遊園地に何気に、金科玉条!?お花守 のポスターが貼ってありましたな。

ミヤミヤは聡莉を無理矢理誘って自主練習(キャリーに勝つまで休みなしだそうで)紀梨乃に鞘子も結局練習に来てるけど。

で、ついに珠姫にライバル登場?って感じの話でいいんでしょうか?

iconicon
バンブーブレード 一本目 icon 2008/1/23発売

「バンブーブレード BAMBOO BLADE」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日

バンブーブレード BAMBOO BLADE 第19話

「アルマジロとセンザンコウ」

段くんが、ミヤミヤの死んだコタローにそっくり?ベタに犬ではなくて、センザンコウ

珠姫を病院までコジローが送っていっている間に、総当たり戦で部内の強さランキング決定?
段くん、なんと負けはしたが勇治から一本奪ってる。
勇治ちょっとショック?

ミヤミヤは、誰からも一本も取れず全敗。
落ちこむミヤミヤを新しい竹刀を買いに行こうと誘う段くん。

剣道具店でキャリーと出会うことに。
キャリーは、段くんを見て、アンデルセンといきなり抱きつく。
飼っていたアルマジロにそっくりだと^_^;
アルマジロじゃない、センザンコウ(穿山甲)だと反論するミヤミヤ^_^;

段くんを巡って、剣道で勝負する事になってしまう。
翌日、室江にやってきたキャリー。

で、なんとキャリーは二刀流
しかもミヤミヤではまったく歯がたたず。

剣道ではキャリーが勝ったが、段くんはあくまでミヤミヤを選んで恋の勝負はミヤミヤの圧勝?
どこかの試合で再戦することを約束する二人だったが、高校生は公式戦では二刀流は禁止らしいけど?

昔、六三四の剣で乾が二刀流だったんだけど、あれはマンガだったから?それともそれ以降に禁止になったのかな?

珠姫のほうは、コジローには互角の強さの相手と戦わせてあげたかったと言われ、病院であった石橋には、送ってもらうときに、一度しっかり負けたほうがいいと言われて納得いかないようですが。

電話で勇治に負けたときの気分を聞こうとしてるんで、気になってるようだけど、それでも今は負けたくない気持ちが上か。

タマちゃんの???のときの顔は、やわらか戦車になってるね。

今回からオリジナルストーリーらしいんですけど、どういう方向へ進みたいのかまだよくわからないなぁ。
タマちゃんにちゃんとしたライバルを与えてあげるのかな?

iconicon
バンブーブレード 一本目 icon 2008/1/23発売

「バンブーブレード BAMBOO BLADE」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日

バンブーブレード BAMBOO BLADE 第18話

「大会とその後の室江高」

結局、コジローは珠姫の棄権を選びましたか。
まあ妥当なところですかね。

棄権させられて珠姫は反発するも紀梨乃に説得されてやっと落ちついたようで。
自分がツキを出した事すら興奮してて覚えてないんじゃねぇ。

これにより、勝負はまったくの引き分けに。
で、決着は、代表戦となる。

室江は絶好調の紀梨乃が。そして東城はというと、大将の小西ではなく、先鋒の青木。
小西は、珠姫のツキをくらって肉体的というより精神的ダメージが大きくて、腰が抜けて立てず。

今の紀梨乃なら絶対負けないと思ったのだが、そこに弟が応援に。
最初はその声すら聞こえないくらい集中していたようだったのだが、弟が母の検査結果が問題なしだったことを叫んだことで、一気に気が抜けてしまったらしい^_^;

朧蜜蜂にあっさり負けてます紀梨乃^_^;

ということで負けてしまった室江高でした。でも楽しかったからそれでいい?

小西はまさに勝たないと意味がない、そのプレッシャーからあんなことをしてきたと。
負けても楽しそうな室江を見て、変われる?

オヤジさんがしゃべってるときにしっかり珠姫録画してたな。
クリスマスクリスタルですか、ブレードブレイバーといい韻をふむのがすきなのね。

ツキは修羅がついてるから封印ですか。
でもオヤジさんのイメージはナマハゲ^_^;
まぁ珠姫としてはブレードブレイバーがついていると思ってるわけだが。

室江高剣道部の第二章に向かってテーマソングを作ろうと鞘子に提案してる紀梨乃。
それを自分に作曲して欲しいのだと思った鞘子は徹夜して作りあげた^_^;
それも自信作。

でも、ブレードブレイバーのオープニングに決定してる紀梨乃。

風に飛ばされた楽譜を追いかけて噴水に飛びこむ鞘子をバックにその曲をカラオケで。
MY TRACK
たしかに、いい曲だ。

道場の壁が寂しいとコジロー。
賞状とか書とかを飾りたい。
この前の大会の個人戦で優勝した珠姫の賞状を飾ろうということに。

家で賞状を探した珠姫、父がその賞状のために額を買っていたことを知って学校に持っていくのはやめた。

結局、勇次の書『一投入魂』と段十朗の描いたミヤミヤの絵(無駄に上手い)を飾ることに。

段十朗も準優勝じゃなかったっけ?あの賞状でもいいんじゃ。

iconicon
バンブーブレード 一本目 icon 2008/1/23発売

「バンブーブレード BAMBOO BLADE」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日

バンブーブレード BAMBOO BLADE 第17話

「光と陰」

東城高校大将の小西の取り巻き三人娘に倉庫に閉じ込められる珠姫。
どうやら、予想通り三人娘が小西のためと勝手にやってることのようだが。

その珠姫を助け出してくれたのは、なんと小西だった。
急いで試合会場へ戻る途中、なぜかテニスボールが散乱していて、それに足を捕られて足を挫いてしまう珠姫。

これこそが小西の本当の陰謀だったりする^_^;

三人娘のほうは小西がこんなことやってるのは知らないようで。

怒りを心に秘めて、足のケガを隠して試合会場へ戻る珠姫。

試合が始まる。

東、お昼にみんなからお弁当を恵んでもらったことで逆に食べ過ぎて、お腹が痛くて苦しくて動けない^_^;

あっさり一本取られてる。

一瞬だけ春が来て動けるようになるもすぐに波が押し寄せる繰り返しの東^_^;
春が来たとき、最初、ついもらしちゃったのかと思ったけど違ってよかったよ^_^;

自分のドジっぷりが走馬灯の様に^_^;
紀梨乃さんメンチカツおいしゅうございました。
宮崎さんエビフライおいしゅうございました。
聡莉はもう一歩も動けません

そんな東に、必殺の朧蜜蜂を。ハチのように舞いハチのように刺すってそのままだけどね^_^;
その瞬間、束の間の平和が訪れた東が胴を取りかえしてなんとか引き分けに。

ミヤミヤ、段十朗のフォローが効いて身体が軽く攻め続ける。
勝ちに拘らず、出来る事を出来るだけやると。
しかーし礼美が会場に来てるのが目に入ってしまって一瞬動きが止まって一本取られた^_^;
二本目は、思いっきり礼美に応援されてミヤミヤ終わった^_^;

鞘子は、時間ぎりぎりでなんとか一本取って一本勝ち。

紀梨乃はまさに絶好調、みんなの思いも受けて気迫も十分、貫禄の二本勝ち。
これこそが、トランス紀梨乃。これこそが本当の紀梨乃の実力?
今までは回りに気を使っていて集中出来ていなかったのが、母親が倒れたことで逆に剣道に試合に集中出来ていると。

室江の2勝1敗1分で運命の大将戦。
ただし、鞘子は一本勝ちなので、この小西が珠姫に一本も与えずに二本勝ちすれば東城の逆転勝利になる。

父の言葉を思い出してる珠姫。
心が乱れていると強くなれない。
やましき心を持っているものは強くなれない。

そんな小西は剣道家じゃない。必ず倒します。

燃える珠姫。

試合が始まり、いきなりパワー勝負にくる小西。
このとき勇次が珠姫の左足のケガに気付いてコジローに耳打ち。

完全に正義のヒーローになってる珠姫は、裂ぱくの気合を。
この気合、気迫に完全に呑まれた小西。

ケガさせられたことで、本気にというより、キレた珠姫。
封印を解いて、渾身のツキを決める珠姫

アトミックファイヤーブレード!

蔑む目で、小西を見下ろして「大丈夫ですか?」

二本目を前に、コジロー立ち上がる。
はたして、どうするつもりなのか。

珠姫が一本取ったことで、ここで棄権しても、本数で引き分けになって多分代表戦になる。
そうなれば今絶好調の紀梨乃で勝てるという気もする。
いくら小西が相手でも、珠姫にツキ決められたショックは残ってるだろうし。

はたまた、ケガが悪化する前に、もう一本決めろって励ますっていうのもありだな。

はたしてどうなるか。

iconicon
バンブーブレード 一本目 icon 2008/1/23発売

「バンブーブレード BAMBOO BLADE」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ