カテゴリー「ドラゴノーツ」の25件の記事

2008年3月27日

DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第25話(最終回)

「共鳴 -永遠に響き合うように-」

ざっと60億以上のオストルムが地球へ。
全人類と無理矢理レゾナンスするつもり?

ライナ、一人20億倒せばいい発言(お約束ですが^_^;)
ジークリンデしっかり父親守ってるし。というか一人20億とかいいながらみんな日本で戦ってるし。

ノザキ、ジンたちの前に現れて抗タナトス因子でタナトスへの道を開く。
レゾナンスした自分たちの感情は作られたものなのか、自由な意志など存在しないのか。
しかしそれが作られたものであろうと自然に涌き出たものであろうとそれは構わない。
ただ大事なのはその気持ちが本物だと思う自分を信じることだと。

タナトスに戻ったジンたちの前に、オリジナル?オストルム登場。
こちらはギオにまかせてジンとトアはマザーのところへ。

地上では無理矢理レゾナンスした人型のオストルムが溢れる。
無理矢理だとみんな同じ人型になっちゃうんですかねぇ?
人間の理想の姿とかは完全に無視ですかね。

マザーによる幻覚から抜け出すジン。
それにしてもジンが望んだ世界って、シャトルでトアがシートベルトになることですか^_^;

ギオvsオストルムはギオの勝ち。
レゾナンスして変わった他者を思いやる心を手に入れた。その心の差ですか。
純粋な戦いにそれが影響するとも思えないけどね^_^;

自分たちに融合なんて必要ないとジンとトア。
私たち、俺たちは一人じゃない

であの決めポーズは^_^;

私は一人だというのか
マザー衝撃受けてるし。

一人じゃないと思ってたんですか?

マザーの声、土井美加さんだし。

なぜかこれで納得して、地球を去ることにするタナトスさん。
次の星に向かう間に愛することの意味を私も考えてみよう。
いつかまたこの星を訪れることがあるだろう。そのとき私を出迎えるのがお前たち人類かどうかはわからない。しかしお前たちならば決して私を失望させることはないと信じよう。

しっかり、トアの聖痕消してくれるし。結局融合しなくてもそれが出来るんじゃないか^_^;

アキラとマキナの想いは叶ったということなんですか?
ギオは、タナトスと行くことに。

俺たち、私たちは一人じゃない

最初から最後まで、捕まっては逃げるの繰り返しでしたね。
それでよくここまで話しをもたせたものだとも思いますけど。
しかしそのシナリオのためかしらないが、ISDAのセキュリティーは穴だらけでしたけどね^_^;

しかし予告にまで出した、あの僧侶たちはやっぱりチベットへの中国の弾圧に対する抗議だったんでしょうか?
そうでも考えないと、わざわざ出した意味がわからないし。

iconicon
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.4 icon 2008/4/23発売

「DRAGONAUT -THE RESONANCE-」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日

DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第24話

「逆鱗 -消えゆく明日-」

アヴニールからハッキングしてアイギスを掌握し、タナトスへ発射するドラゴノーツ。
攻撃じゃなくて、コミュニケーションツールとして。
我々の話しを聞いてくれ。

これも反射衛星砲ですか。

タナトスに迎え入れられるドラゴノーツとジン、カズキ。

彼らを迎えたのは、タナトスと融合したアキラとマキナだった。
タナトスの意志を伝える二人。
汚染された卵などもうどうでもいい。人間とのレゾナンスは失敗だった。
同族同士で奪い合い傷つけあう人間とは実に愚かな種族。そんな種族とレゾナンスしたドラゴンはもうどうでもいいと。
これ以上ドラゴンが汚染されないように汚染源の人間を滅ぼすと。

これで交渉を打ち切られ、アヴニールに戻されるドラゴノーツとカズキ。
ジンだけがギオにより、タナトスと融合しつつあるトアのところへ。

トアはタナトスと一つになって永遠に生きつづけると。
トアと一緒にいたければ、肉体から意識を解放しろと、ジンを殺そうとするギオ。
タナトスと融合すれば永遠にトアと過ごすことができる。

しかし、それはタナトスの一部になることであり、自己を失うことでもあった。
そんなことは望んでいないとジン。
三人で暮らしたとき楽しかったのは、それぞれが別の存在だったから。
人によって感じかたが違う。

トアもアーシムとガーネットの姿で語り掛けるタナトスに、例え一瞬であってもジンと一緒にいたいと。
死は恐れるものじゃなく、人は死ぬからこそ生きているときが、好きな人と一緒にいられる一瞬一瞬が輝く。ジンとレゾナンスしてそれを知った。生きていることが素晴らしいと。

アルブム、アトル、ラウムの三体は卵の様子を見るためだけに作り出されたドラゴン。
目的を果たせばタナトスに帰るはずだった。しかしあのシャトル事故により三体ともレゾナンスしてしまった。だからと言ってタナトスが怒ったわけじゃない。
なぜならトアたちはタナトスにとって、抜け落ちた髪の毛のようなもの。どうなろうと関係ない存在だったから。
(薄毛の人にとっては切実なんだけどねぇ。タナトスはフサフサなんですな)

だからこそギオは、タナトスの後継者になる替わりにトアを融合して欲しいと頼んだ。

一瞬でもいいトアにあいたい。ともに生きてそして同じ時を過ごせればそれでいい。
一緒にいたい。その二人の思いが奇跡を?
トア実体化「もう離さない」二人で最後の一瞬まで過ごす。

タナトスの一部から生まれた存在がタナトスの理解出来ないことを言う。
それもすべて人間とレゾナンスしたゆえ。
興味深いことだと、タナトスは人間は融合するにたる生物と判断し、人間を滅ぼすことをやめ、人間すべてと融合することを選ぶ。

タナトスは形状を変え、地球に向けて、無数のドラゴンを放出する。
ジンとトアを連れ脱出するギオ。

iconicon
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.3 icon 2008/3/19発売

「DRAGONAUT -THE RESONANCE-」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日

DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第23話

「散華 -悲しみと希望と-」

タナトスに戻ればトアの命は助かる。ただし、ここには二度と戻れずタナトスと共に宇宙に旅立つことになる。

一日だけ時間をやるとジンに告げギオは去る。

ジルアード軍はISDAの応援を待たずに、ドラゴンスレイヤーでタナトスを攻撃するもまったく効果なし。逆に反撃されて壊滅的な打撃を受ける。

ライナたちドラゴノーツは、ギオに人間とドラゴンがともに生きられる未来があるはずと伝えるためにタナトスへ行くことを決意。

タナトスには、タナトスと融合して精神の一つとなった、アキラとマキナがいた。
ギオに、ドラゴンも人間から貴重なものを得た。それは心。
レゾナンスしてはじめて心を知ったはずと。

ジンとトアは二人だけで結婚式を。そして別れを惜しむように観覧車に。
そんな二人を見届けて、ライナたちは空へ飛ぶ。
ジークリンデはジンへのほのかな恋心を残して。

入れ替わるようにギオが二人の前に。
ジンはトアを助ける為に、ギオにトアを託してしまう。トアは最後の一秒まで一緒にいると抵抗したが。

カズキはやっと目覚めたウィドーに相変わらず辛くあたっていたりする。
しかし、ウィドーにも最期の時が近づいていた。
消え始めた身体でカズキを抱きしめるウィドー。

「もう終わりにしましょうカズキ。分かってあげられなくてごめんね。
大好きなんでしょう?ジンのこと。だったらこれ以上傷つけないで、自分自身を。
あなたとレゾナンス出来ていればもっとあなたのこと分かって・・・・」

消滅するウィドー。
自分にとってウィドーがどれだけ大切な存在だったかやっと気付くカズキ。

何でこんなことになった?俺はジンを守りたかっただけなのに。
ってあなたが逆ギレしたからでしょうが^_^;

ギオはカズキの理想だった。ジンを守るための力そのもの。
なるほど、それでギオは、ジンを守るために動き、そのジンが守りたいトアを守りたいと思ったと。

ウィドーが死んだことですっかりいい人になってしまったカズキくんジンともあっさり和解ですか。
今度はカズキに説得されて、ジンもトアと最後の一秒まで一緒にいようとタナトスへ行く事を決意。

その手助けを買ってでたのがサカキ。

タナトスに向けて打ち上げられそうになっていたローラを奪還し、そのシャトルをジンとカズキに。

レゾナンスはタナトスのくれたチャンスだった。コミュニケーターは欲望を具現化した姿。
すんわち自分の求めるもの。そして目指すべき自分。
レゾナンスを受け入れ自分と向きあったとき人は迷いや過去を乗り越えられるのかもしれないと。

そうだとすると、イツキはどれだけ完璧なんだ

ローラを奪回する時サカキは撃たれて重傷を負っていた。
そのサカキを必死に守りとおしたローラ。
ジンとカズキを送り出したあと、二人は抱き合って最期のときを迎える。
「私ずっとお父さんと一緒」
「ありがとうローラ。愛しているよ」

そのローラから抗タナトス因子を引き継ぐノザキ。

それにしても、オペレーターの三人娘強すぎ^_^;
そのアヴニールにライナたちが。

結局最後はみんながタナトスを目指すわけで、これはある意味タナトスの想い通りですか?
地球のドラゴンを連れ戻したかったんだから。

iconicon
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.3 icon 2008/3/19発売

「DRAGONAUT -THE RESONANCE-」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日

DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第22話

「襲来 -審判の時-」

三人での穏やかな生活を思い出すギオだが、もう戻れない?

タナトスはいったい何をしようとしているのか?
できそこないのドラゴンを処分しようとしてる?

一人船から逃げたサカキはジンたちのいるところに流れつく。
そのころ、ローラは、抗タナトス因子の実験体にされていた。

ノザキが廃棄したラウムは、抜殻のようなものだった?
普段ドラゴンの身体を超空間に格納しているドラゴンたちだが、ラウムはサカキとレゾナンスしてから何かの理由でその接続が切れていたのではないかと。

ローラはこのままアニヒレーターの弾頭にしてタナトスに撃ち込まれてしまうのか?

ノザキは、キタジマに自分の寿命が近いことを打ち明ける。
元々、自分たちオリジナルドラゴンは、プローブだったと。
アルブム、ラウム、アトルムはタナトスから地球に送りこまれるときに最初から命に限りをもうけられたと。
地球に残されたドラゴンたちをタナトスのところへ導くために作られた使い捨ての消耗品にすぎないと。

ローラをあくまで、娘のローラを殺したドラゴンだというサカキに、ジンは、自分がトアと逢って救われたように、あなたもローラと逢って救われたはずだと。

ノザキの隠れ家を襲うギオ。
それに気付き、助けに行くジンたち。

ジンたちが動いたのを知り、こちらも動くカズキ^_^;

ギオを無視して、ジンを狙うカズキ^_^;

アキバ上空からいつのまにか海岸に出て戦ってるジンたちです

カズキのためにトアを殺そうとするウィドー。
トアとジンがレゾナンスしなければカズキは哀しまずにすんだのにって、完全な言いがかりですけどね。

無視されてた、ギオがウィドーを攻撃。
あくまでカズキをかばうウィドー。

そんなとき、土星付近で姿を消していたタナトスが突然月軌道上に姿を現す。

それと時を同じくして、火星で眠る、アキラとマキナの姿が消えた。

サカキが失脚してカズキがISDAでの地位が上がったんでしょうか?
現在、ISDAで対タナトスの指揮を取るのは誰なんでしょう^_^;
そもそもサカキを拘束しようとした人は誰なんだろう?

iconicon
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.3 icon 2008/3/19発売

「DRAGONAUT -THE RESONANCE-」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月28日

DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第21話

「決別 -継承せし者-」

ジンを連れて逃げるトアを追うギオ。無人島に落とす。
トアが気を失っている間にギオはジンに
「お前にトアは救えない」「トアの命はまもなく尽きる
「トアを救えるのは俺だけ。タナトスの後継者になった俺なら救える」と。

三人で暮らすといってもそこにギオの居場所はないって、ギオもさすがに気付いていると^_^;

そこに、ローラがついにドラゴン形態になり襲ってくる。
迎撃するギオ。この戦いの煽りをうけて、サカキの乗ったヘリが墜落。これに気をとられたローラを撃ち落とすギオ。

トアが拒絶することもあり、ギオは一旦この場を去る。どうせジンではギオには勝てないんだから無理矢理連れて行っちゃえば終わりのような気もするんだけどねぇ。本気ではないってことなのか?

ローラ、タナトスからの最後のオリジナルドラゴン・ラウム
最初じゃないの?聞き間違い?

ローラの応急処置をトアがしているところにサカキが一人やってくる。
ほぼ無傷で助かってたみたいですが、他の乗員はどうなったんでしょうか?

ジークリンデの「こんなところはとっとと撤退よ!」
この決めポーズは誰に向かってやってるんだ?

ローラの聖痕もかなり大きくなっているが、「心配させたくない」とサカキには秘密のようで。
サカキもさすがにここでは二人に手を出さず、やってきた救助船にローラと。

ISDAの技術があればドラゴンの治療が出来るのか?が気になるジン。
もしトアが助けられるならってことのようだけど。

ジンには「ドラゴンに情をうつすなど」とか言っておきながら、ローラがうわ言で「父さん」って言ったらしっかり手を握っちゃうし。すっかり情をうつしてます^_^;

その船の中でなぜか、いきなり二人を拘束しようとするISDA。
ローラが必死にサカキを逃がす。

元々逃げるつもリないんだから、ISDAの本部に戻ってから拘束すればすむのに、どうして船の中でやろうとするかなぁ^_^;

みんなと合流したジンとトア。(無人島からどうやって移動したのか気になるところですが)

ギオがタナトスの後継者になったことを知らせるジン。
トアは、ジークリンデに、自分の寿命が近づいていることを教える。
ギオがタナトスの後継者になったのは、トアの命を永らえさせようとしてだろうと。

ジン、トア、ギオの三人の生活に憧れていたのに、と泣きじゃくるジークリンデ。

なんとかしなくちゃ。俺に何が出来る?私に何が出来る?
考えてしまう、ジンとトア。

iconicon
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.3 icon 2008/3/19発売

「DRAGONAUT -THE RESONANCE-」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日

DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第20話

「奪還 -断ち切られた絆-」

タルタロスへ、アマデウスたちを助けに行く途中、タナトスから何かを感じたギオは突然姿を消す。

ギオがいなくなったままノザキとキタジマの乗る潜水艇と合流するジンたち。

ジンとトアが空からタルタロスを攻撃して囮になっている間に、ジークリンデたちが潜水艇でタルタロスに潜入。

ところで、ドラゴンになるのを現身っていうんですね。
その現身するのに、愛を確かめあってキスしてるトアとジンっていうのもどうかと。

ジンとトアの迎撃に出てきたのは、カズキとウィドー。
ギオに乗るってないのを見て、「飽きたら捨てるのか、俺はそんなことしない」みたいなことをカズキがおっしゃってましたけど、元々トアがジンのレゾナンスした相手だしねぇ。
それに、ギオをもし手に入れたら、カズキはウィドーを捨てるんじゃないのか?

ジークリンデたちは、なんとかライナとイツキを救出するも、アマデウスたちドラゴンはアイギスの稼動実験のために、最下層に連れ去られた後。

アイギスとは、タナトスの動きを封じるために開発された、超高出力の指向性CSSフィールドジェネレーター。
生身のドラゴンが浴びたらひとたまりもない。

アマデウスたちを救出に向かうも、最下層の隔壁は独立していてハッキングできず。
タルタロスすべての動力を切断する作戦に。
しかし、実験は開始されてしまう。

ノザキの前には、ローラが立ちはだかる。
ノザキは自ら開発したCSS中和デバイスを使用して立ち向かうも互角。
ローラの正体に気づいたノザキは、サカキは間違っていると説得しようとするも、ローラの答えは「興味ない」

ローラはラウムだったんですか。
ノザキがマグマ層に落としたはずなんですけど、助かっていてサカキとレゾナンスしていたということですか。

ギリギリでジークリンデが動力のカットに成功してドラゴンたち復活。
ジークリンデとアマデウスは感動の再会を果たす。

ハウリングスターとライナ、オトヒメとイツキは、ジンとトアの助勢に。

トアは体力の消耗が激しく、ウィドーの攻撃で気絶して人の姿に戻る。
とどめを刺そうとするところに、ちょうどハウリングスターたちが間に合って攻撃。
ウィドーをおとす。

そしてそして、そこに、変貌したギオが降臨

一瞬喜んだジンだったが、ギオは、ハウリングスターとオトヒメをなぎ払う。

iconicon
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.2 icon 2008/2/20発売

「DRAGONAUT -THE RESONANCE-」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日

DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第19話

「家族 -温もりの欠片-」

ISDAに発見され、アガシオンに家を燃やされたジンたち。
ヨナミネに案内された場所は、ジークリンデの家。

木を隠すなら森っていいながら、全然人がいないじゃないか^_^;

ISDAには手出しできない場所かもしれないけど、一番目立つ場所というか、警戒されている場所でもあると思うんですけど。

アマデウスの姿は、祖父の姿ですか。

父・ヴィルへルムとは、ギクシャクした関係のようで。
でも父親は、本心からジークリンデを心配してるみたいですが。

ジンに諭されて、ヴィルへルムはジークリンデに本心を告げてますな。家の為ではなく娘として戻ってきてくれと。
それはそれでジークリンデもうれしかったようですが、それでも今は親子の絆よりも大切なものがあると、ジンたちとともにアマデウスたちを救出するために出発すると。

ISDAのほうは、新しいDプロジェクトとして、抗タナトス因子をタナトスに注入する作戦
まずドラゴンに因子を埋めこみ、そのドラゴンをタナトスに送りこむと。

そのために、ハウリングスターとアマデウスで抗タナトス因子が働くかを実験。
しかし、失敗。ドラゴンには体内で免疫反応が現れてしまうらしい。
ただし、オリジナルのラウムとアルブムのサンプルを使った実験では免疫反応は現れず増殖を続けていると。
抗タナトス因子はオリジナルにだけ有効?

そのオリジナルドラゴンたちは聖痕がより大きくなってます。
ローラにもでてますけど、彼女もオリジナルってことなんですかねぇ?

娘にそっくりのローラをもあくまでドラゴンとして道具として使うんでしょうか、サカキは。

そのローラに、イツキとオトヒメも捕まってます。
あの二人も追われる対象だったとは思わなかったけど。

ギオだけタナトスに何か感じた?

ところで、どうして今回のシャワーシーンはジンなんだ^_^;

iconicon
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.2 icon 2008/2/20発売

「DRAGONAUT -THE RESONANCE-」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日

DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第18話

「平穏 -仮初めの日常-」

どうやら、火星の惨劇から1年が経過してるようで。

ジークリンデがアガシオンに追われてます。
そのアガシオンを操ってるのは、ゼロですか?(小さいけど)こんなところにルルーシュさまですか?いやローラだけど^_^;

アマデウスが囮になってジークリンデを逃がした。

ライナもこっちはカズキに追われて結局捕まって、タルタロスへ。

どうしてサカキに追われてるのか、ドラゴノーツはどうなったのかと思ったら、火星の事件以来、ISDAとジルアードが手を結んだと。
で、あれを見て、市民はドラゴンを恐怖の対象としてしまったと。
それで、ISDAはドラゴンをすべて処分しようとしてる?
それに反発して逃げたジークリンデたちを追っていたと。

ノザキとキタジマはドラゴンの卵を救い出して地下に潜ってる。
ノザキにも聖痕が広がってます。
アキバらしき場所の地下にあんな秘密基地みたいなのをいつ作ったんだろう?

タナトスは、ゆっくりと地球に向けて移動中。
キリルは三人娘とステーションでタナトスの監視ですか。ちなみに左遷のようで飲んだくれてる^_^;

肝心のジンとトアは郊外の街でラブラブ生活ですか^_^;
トアはファミレスでバイト。
ギオもしっかり一緒に暮らしていて、家事担当ですか。
で、ジンはトアを迎えに行くだけのヒモですか?
そのわりには、いいバイクに乗っているようだけど。

トアを「ウチのヨメ」ってそれある意味そのままだから。

ギオは、火星であんなことになったのに、何事もなかったように戻ってますけど?
どうやって戻ってきたんですかね?

そんな三人のところに、ジークリンデが逃げてきた。
ついでにヨナミネまで現れてる。ずっと監視していたみたいだけど、ISDAには知らせていないところを見ると何を考えているかがまた微妙。
ヨナミネの所属してるところはISDAとはまた違う考えってことですか?

トアはタナトスは、地球にも人間にも興味はなくて、ドラゴンをすべて連れ戻せばそのまま去って行くと。しかし、ドラゴンをすべて殺してしまったら地球は終わり?

ウィドーはどうしてカズキに肩入れしてしまったんだろう?
パートナーを失った気持ちが分かるってことなんだろうか?
それにしてもあれだけ色々とやられていながら、カズキを使うISDAというかサカキもよくわからん。

そんなとき、タナトスから何かを感じるドラゴンたち。

iconicon
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.2 icon 2008/2/20発売

「DRAGONAUT -THE RESONANCE-」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月31日

DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第17話

「咆哮 -明星の燃えるとき-」

ヨナミネって何者?
国連か何か?
ジルアード国王のところに乗りこんでアーシムを止めろとか脅してますけど。
それが出来るくらいならとっくにやっていそうだけどね。

マキナが暴走を開始。
それを止めようとしてトアが力を使ったとき、ギオはトアの背中が赤く光ったのを見た。

レゾナンスが解ける。私が私でなくなる前に逃げてとマキナ。
ギオのように自由じゃないと。

月にいたハウリングスターたちにもこのマキナの暴走が感じられた。
ローラも感じてたみたいなので、彼女もドラゴン決定ですかね。

いてもたってもいられず、ハウリングスター、アマデウスはそれぞれライナとジークリンデとともに火星へ飛び立つ。

マスターを失ったドラゴンはその本性が剥き出しになる。
ドラゴンが人間に汚染されているのが見るに忍びない。
トアもジンから解放してやる。とか言ってますが、そんなアーシムもガーネットの想いを無視してるんですけどねぇ。ガーネットをこそ解放してやって欲しいけど。

ジルアード軍の総攻撃が始まりジンとギオで対応。
愛に飢えていたことがアーシムにここまでさせると。好きだと言ってくれる人なんていらない。ですか。ガーネットは言ってくれそうだけどねぇ。

アーシムをいさめる味方すら攻撃してもうアーシムの暴走は止まらない。
さすがに押され始めるジンとギオ。

アキラの亡骸を伴ったマキナがガーネットに特攻。
そのまま地上へ落下して行く。

トアは二人を助けようとギオから離れて追うもアーシムに邪魔されて届かず。
そのアーシムとガーネットに、ギオとジンが突っ込む。

このときギオに異変が。
この異変で、海底に沈んでいたカズキが目覚めた。
やっぱり死んでませんでしたねぇ^_^;

真のドラゴンの力が覚醒した?
超高熱エネルギーが増大してどんどん拡大していく。
ついにガーネットとアーシムを倒した。

消え行く中でガーネットはアーシムを母親のように抱きしめていた。

ギオはジンを放出するもギオの暴走?は止まらずエネルギーは拡大する一方。
トアですら止められない?

そこにハウリングスターたちが到着して、ジンとトアを救出して火星を脱出。

ギオの力により火星が燃えた。

これを目のあたりにして人類はあらためてドラゴンが危険な存在である事を痛感する。

地下深くに落下したマキナとアキラ。
結晶の中で、もう絶対離れないとばかりにアキラを抱きしめるマキナの姿がそこにはあった。

iconicon
ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス-ドラマ&キャラクターソングス vol.1 icon 2008/1/23発売
ジン、トア、ギオの3人のキャラソンとドラマ2本を収録

iconicon
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.1 icon 2008/1/23発売

「DRAGONAUT -THE RESONANCE-」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日

DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第16話

「慟哭 -引き裂かれた運命-」

15年前、アーシムはドラゴンの卵と出会っていた。
そして、レゾナンス。

なるほど、ガーネットはドラゴンだったということですか。
年取ってないわけですな。

それでもレゾナンスの術式は知らないと。

なんとか脱出したジンたちだが、その直前にガーネットにギオが刺されていたことで、火星を脱出するほどの体力がないということで、地下資源採掘場へ一旦身を隠すことに。

そこでトアがギオを治療する。
ギオの傷は塞がるも、今度はトアがちょっと力を使いすぎでぐったり^_^;

アキラが何気なく、温泉でもあれば最高とか言ってみたりすると、目の前にしっかりあったりする^_^;
しかもちゃんと男湯と女湯が^_^;

トアがギオを治療していたとき、背中が光ったのだが、それは聖痕。刻まれた時の牙。
死が迫っている証し。

死が近づくにつれて光が増していく。

オリジナルドラゴンは元はタナトスの一部であり生体プロープ。
仲間を連れ戻す役割を果たしたら死を迎えるようになっている。それは逃れられない運命。

アキラはマキナのことが最初は怖かった。
それは自分の理想の女性像であり、自分にないものすべてを持っていたから。
でもだんだんと好きになった。それでも時々マキナはドラゴンなんだと、好きになるのはおかしいんじゃないかと悩んだりもした。

そんなときジンにあって考えが変わったと。
当たり前のようにトアに会いたいといえるジンを見て、人間とドラゴンとの関係を変えられるんじゃないかと。
そして、ついさっきの二人の抱擁を見て確信したと。
人間かドラゴンかなんてどうでもいいことだと。

いつになく雄弁だと思ったら、死亡フラグですかこれが

運命は変えられることを証明したのはトアとジンなんだから、そんなトアの運命もぶち壊せ。

その最初の一歩として?
採掘後を教会の祭壇に見たてて、いきなりトアとジンの結婚式を挙げようと言い出すアキラ。
マキナが作った即席の指輪を二人で交換しようとしたとき、追ってきたアーシムとガーネットが現れる。

ガーネットに斬られるアキラ。

「二人の行く末を見届けられなかったな。二人で人間とドラゴンの新しい歴史を作れよ」

「マキナ・・・・」

マキナの腕の中で、アキラ息を引き取る!

結構あっさりと逝ってしまいましたアキラさん。ここまでかなりしぶとく生き残ってたのに。

マキナ、慟哭し、暴走を始めてしまう。

サブタイトルは、アキラとマキナのことだったんですね。
またぞろ、ジンとトアが離れ離れになるのかと思ってたんですけどね。

ところで、ドラゴンは相手がドラゴンか分からないんですかね?
誰もガーネットがドラゴンだと気付かなかったんでしょうか?

iconicon
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.1 icon 2008/1/23発売

「DRAGONAUT -THE RESONANCE-」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ