カテゴリー「G.P.O」の23件の記事

2006年3月29日

ガンパレード・オーケストラ 第24話(最終回)

「夏の終わりに」

幻獣だと思ったものは、なんと台風だった。
それも観測史上最大の台風だった。

全島民を北校へ避難させる。
船長は一人、お宝を見つけ、それを取りに海に潜るもパイプに足を挿まれてしまう。
そこに助けにきたのは永野。なんとか船長を助け出し北校へ連れていく。

校舎を守るため全員で助け合う。
次の日、台風は何とか通りすぎた。
ほぼ全家屋は崩壊したが、幸い死者はなし。島民は「マイペンライ」の精神でみんな明るく振舞っていた。

全島避難のための船が本土から到着したのは予定より4時間遅れ。
その船で、千寿の父が乗っていた。

第8警護師団の面々は今回の石塚の的確な指示も評価。
本土にいっても石塚に指揮を取って欲しいと訴える。
生き延びたいからこそ、石塚に付いていきたいと。
みんなと本土に帰ることにした石塚だった。

結局第8警護師団以外はほとんど船に乗らなかった。
島民はみんなこの島で暮らすことを選択したのだ。

みずほの思い出の天文台も台風で滅茶苦茶になった。
だが、みずほには第8警護師団の仲間がいる。天文台しか居場所がなかったころとは違う。仲間と一緒に船に乗るみずほだった。

続々と東京に集結する軍。
青森の第4中隊も上野駅に到着。第7芝村中隊も輸送機で到着していた。
幻獣との最後にして最大の決戦がすぐそこに迫っていた。

芝村中隊がどうなったか心配だったんですけど、生き残ってましたね。
よかったよかった。
しかし東京に集結して何をしようって言うのかはよくわかりませんけどね。

ラスト、シマシマが島神の蝶に姿を変えて空に飛んでいったのだが、????
って感じでした。
青の章は結局一度も幻獣と戦うこともなく、よくわからないまま終わりました。
全体を通してもずっと中途半端としか言いようのない内容だったです。
やっぱりゲームを売るためだけに作ったアニメとしか思えません。
一つの中隊で最後までやってもらいたかったなぁと思ってやみません。

iconicon
ガンパレード・オーケストラ 緑の章 DVD-BOX icon

iconicon
ガンパレード・オーケストラ 白の章 DVD-BOX icon

ガンパレード・オーケストラ 青の章 DVD-BOX 2006/5/26発売

「ガンパレード・オーケストラ」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
これから発売されるアニメCD【セブンドリーム・ドットコム】
これから発売されるアニメDVD【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月22日

ガンパレード・オーケストラ 第23話

「マラソン・マン」

ついに、本土への全島避難という指令が下る。
それを島民に伝える永野。そのXデーは8月31日。

全島避難を明日に控えた8月30日、毎年恒例、夏休み最後の補習島内一周マラソンを行なう。
なんとしても本土の軍に石塚を復帰させたい永野は石塚にこのマラソンでの賭けを提案する。
自分が勝ったら召集を受けろと。
それを受ける石塚。

そして運命のマラソンが始まる。

永野はぶっちぎりで最初から飛ばす。
それをマイペースながらジリジリと追う石塚。

他の面々は、本土への避難に対するそれぞれの想いを胸に秘め走りつづける。

追いついてきた石塚に永野は、涼しい顔をしていつも何でもこなしてしまうあなたが嫌いだと訴える。
大晦日殲滅作戦のときも、永野を生き延びさせてくれたのは石塚の励ましだった。
だが、石塚は永野に手柄を譲った。それで永野が昇進して万翼長に石塚は千翼長のままここに左遷されてきたのだった。

しかしいつも涼しい顔って言うけど、本人がいう通り、目が細いだけで、勝手にそう見えるだけだと思うな、実際。そういう風にキャラ設定されているんだから(°°;)\(- -;)オイ

必死に走る二人、胸の差で先にゴールしたのは石塚だった。

倒れこむ二人。永野に石塚は、もう部下の死は見たくないんだと本音を漏らす。

全員がゴールしたとき、大迫が幻獣出現の報せを持ってくる。

最後の最後にやっと幻獣との戦いが始まりそうです。
しかし、青の章のこともあるので、この戦いに決着がつくかどうかは分かりませんが。

なんとかちゃんと決着をつけて欲しいところなんですけど、どうなることやら。

ここまで中途半端なまま終わらせるってことは、やっぱりこのアニメの続きを知りたければゲームを買って自分でやってくださいってことなんでしょうね。
つまりは、延々やってきたこのアニメの真の目的は、ゲームの宣伝だったと。
これがどれほどの宣伝効果になっているのかは甚だ疑問ですけど・・・

iconicon
ガンパレード・オーケストラ 緑の章 DVD-BOX icon2006/3/24発売

iconicon
ガンパレード・オーケストラ 白の章 DVD-BOX icon 発売中

ガンパレード・オーケストラ 青の章 DVD-BOX icon 2006/5/26発売

「ガンパレード・オーケストラ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月15日

ガンパレード・オーケストラ 第22話

「南の島の千寿」

永野は石塚に本土へ戻るように迫る、いずれはこの島も全島避難で本土に行く事になる可能性もあるのだからと。

今回の話は、それとはまったく関係のない話で、ちょっと神秘的なお話です。

島にある古びた座礁船には、満月の夜に幽霊が出るという噂があった。
由加里によるとそれは本当だという。自分は確かに見たことがあると。

千寿は永野と一緒に、神社の野外映画を見に行く。
怪獣映画だったんだけど、幻獣が現実にいる世界でこの映画はどんな位置付けなんでしょうね?

熱っぽかった千寿は、そこで幻想的な蝶を見る。
そして熱で倒れてしまう。
綾子先生によると、原因不明。

船長は、これは島神のせいだという。
千寿の父は一年前に内地に出掛けたまま連絡が途絶えたそうだ。
その父を返してくれるなら自分の魂をあげてもいいと祈っていた千寿を見たことがあるのだと。あの蝶はきっと島神だと。

そこで千寿の命を奪わないように、島神に頼みにいく、永野と船長、それにみずほ。
そこはあの幽霊の噂のある船。
船長によれば、あれは幽霊ではなく島神だという。
自分も見たことがあると。

船長も妻と娘を失った後自暴自棄になり、世界を放浪したという。
そして最後は人に騙され無一文になったとき、あの蝶の姿をした島神を見たのだと。

船の奥には、幻想的な景色が広がっていた。
それに向かって船長が自分の魂をあげるから、千寿は助けてあげてくれと頼む。
永野もみずほも千寿を助けてと頼む。

すると、それは蝶の姿になり、満月に向かって飛んで行った。
千寿はすっかり治ってしまったのだった。

そして千寿は夢に父が現れて、昔父が作ってくれた木彫りの蝶の在り処を教えてくれたと、その蝶を掘り出したのだった。

どうせなら父親が帰ってくるとか、せめて手紙なり電話なりがくるとかにしてあげればいいのに、と思ったりもしたのだが、裏設定として死んでいる事になっていたらそうもいかないのかな。でも千寿ってアニメのオリジナルキャラだからそんな設定どうにでもなるはずなんですけどね。

iconicon
ガンパレード・オーケストラ 緑の章 DVD-BOX icon2006/3/24発売

iconicon
ガンパレード・オーケストラ 白の章 DVD-BOX icon 発売中

ガンパレード・オーケストラ 青の章 DVD-BOX icon 2006/5/26発売

「ガンパレード・オーケストラ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006年3月 9日

ガンパレード・オーケストラ 第21話

「里美の世界」

今回は、青の章一の男前(をい
身長186cm体重71kgの古関里美の回です。

自分が好きな人は誰か考えていくうちに、消去法でいつのまにか石塚が好きだという事になってしまう里美。
学校という狭い世界では、そうなるのかもしれないが、無理に好きな人を作らなくてもいいと思うんですけど。

机を片付けていた倉庫で、与謝野晶子の和歌を使ったラブレターらしきものを見つけた里美。ちなみに歌は、
「なにとなく 君に待たるる ここちして 出し花野の 夕月夜かな」

こんな文章を書けるのは誰かを想像して由加里と決めつけるもはずれ。
だが、里美のせいで由加里と田島は意識しあってしまう。
それでは?
ということで、今度はアズサだと思ったのだが、これもはずれ。
それでもアズサと佐久間はやっぱり意識しあうことに。
この二人は花火の時にかなりいい感じだったんだが、それ以降進展していなかったみたいですけどね。

そんなとき石塚と会う。
石塚の提案で防災無線でこの歌を読んで書いた本人を探す事に。

そして現れたのは、なんと大迫先生だった。
綾子先生へ向けて三年前に書いたものだった。
それを知った綾子先生に、大迫は意を決して告白する。

そんな二人を見て自分も恋をしたいと、世界中を愛とリボンで一杯にする。
愛があれば幻獣だって、、て想像した幻獣はETなんですけど、あれは宇宙人だし。
そういえば幻獣の正体は不明だから、宇宙人説もあるのかな?

しかし、石塚と友美が一緒にいるところを見てしまう里美。
しかも友美は泣いていた。
今度は憎悪とリボンで世界中を埋め尽す???

雨が降りだし失意の中辿り着いたのは、みずほの天文台。
みずほに慰められて元気を取り戻した里美。

大迫と綾子先生もなんとなくいい雰囲気になったみたい。
いままで散々断ってきたはずなのに、不思議ではあるが・・・

帰り道再び石塚と友美に会う。
友美が泣いていたのは、コンタクトの調子が悪かったからからだそうだ。
石塚の笑顔が妙に里美には眩しく映る夕空だった。

「この世界は私のもの」

どうせなら、リボン好きな理由を知りたかったですね。
私だって女の子とかそんな理由では許されないでしょう。
あそこまでこだわるのは、絶対何かあるはずなんだけど、どうもこのシリーズは、人物の掘り下げが下手というか、せっかく紹介の回を作っているのに残念です。

iconicon
ガンパレード・オーケストラ 白の章 DVD-BOX icon 発売中

ガンパレード・オーケストラ 緑の章 DVD-BOX icon 2006/3/24発売

「ガンパレード・オーケストラ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 1日

ガンパレード・オーケストラ 第20話

「祈りの海」

みずほが天文台に篭る理由。それは、そこが両親との思い出の場所だから。
10年前両親と三人で星空を見たみずほ。
そこには、わし座、白鳥座、その間に小さく輝くイルカ座があった。
だがそこを幻獣が襲う。パイロットだった母は幻獣と戦い、父はみずほを庇って共に死んでしまった。

大迫の策略にはまり、両親が乗っていたという潜水艇”ハッピードルフィンうずしお2号”を操縦することに(水中訓練)

潜水艇には、みずほの他、田島、田上、松尾の4人が乗りこむ。
海の中にはマッコウクジラの群れが出現。
潜水艇はぶつけられてしまい、損傷してしまう。
沈み始めた潜水艇から、田島たち3人は脱出したが、両親の乗っていたという潜水艇を失いたくないみずほだけが躊躇してしまい脱出が遅れてしまう。

カヌーの進水式にきていた石塚に三人は助けられたが、みずほだけが行方がわからなくなっていた。

みずほは夢を見ていた。
両親の夢を。自分のせいで亡くなってしまった二人に謝るみずほ。自分もそっちに行くのかと思っていたのだが、そんなみずほに両親は
「人間は一人じゃない」「あなたのまわりをごらんなさい」と励ましてくれるのだった。

なんとみずほはマッコウクジラに助けられ浜まで運ばれてきたのだった。
そして、みずほを心配して駆け寄ってくる仲間の姿が確かにそこにあった。

ということで今回はみずほの回だったのですが、この父島にも幻獣が10年前に来ていたことが明らかになりました。どうやってきたんでしょうね。そしてなぜその後は来ないのか。
きっと最後のほうには、幻獣と戦うんでしょうね、やっぱり。

永野が石塚に会いにきた理由は、「内地の本隊に召集」しにきたためだそうで。
石塚の力が必要だということみたいだが、本人はここが気にいっているみたいですけどね。
これの決着も、いずれきっと戦う幻獣との戦いの後にきまりそうですね。
とはいえこのまま何事もなく終わる可能性もなきにしもあらずってところが怖いですけど。

iconicon
ガンパレード・オーケストラ 白の章 DVD-BOX icon 発売中

「ガンパレード・オーケストラ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月22日

ガンパレード・オーケストラ 第19話

「恋する惑星」

幻獣との死闘の夢を見る永野。
帽子がないと、違う人に見えるのは私の目の錯覚だけとは思えないのだが・・・・・

佐久間はみずほに惚れたわけだが、そんな佐久間を密かに思っていたのがアズサだった。里美たちに囃し立てられ佐久間に告白しようとするアズサだったが、逆にみずほと一緒にやりたいとオリジナル花火を作って欲しいと頼まれてしまう。

その佐久間は、みずほを花火大会に誘う。
望遠鏡を直すことを条件に認めさせたのだが、直前で逃げられる。

アズサは幼稚園のときに佐久間が言った「アズサをお嫁さんにする」という言葉をずっと信じてきたのだ。そのことを知らされた佐久間は、アズサのところへ。
突然のスコールの中、佐久間とアズサはアズサが作った特製”サマースノー”という花火をするのだった。

そして雨が上がり再開された花火大会の打ち上げ花火を、それぞれがそれぞれの思いを胸に見上げるのだった。

永野はなんとかかんとか石塚に会えたのだが、永野はどうも石塚に重大な決断を迫るようだ。しかしその石塚は相も変わらずのんびりと構えているんですけど。

今回は、完全に主役は、佐久間とアズサ。本当の主役は、どうもみずほと石塚っぽいのだが、はたして彼らが主役の回は訪れるのでしょうか。

iconicon
ガンパレード・オーケストラ 白の章 DVD-BOX icon 2006/1/27発売

「ガンパレード・オーケストラ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年2月15日

ガンパレード・オーケストラ 第18話

「夏への扉」

青の章だそうです。

小笠原父島の第八警護師団が今回の主役。
しかし、この島は幻獣すら相手にしない長閑な島。
本土から船で観光客が来るくらいだから本当に平和な島である。
こんなご時世で観光にこられる人間もいい根性していると思うが、まぁ本土でも前線以外は平和ボケしてるんだろうね。

石塚中隊長のところに、本土から永野が会いに来るところから始まる。
だが永野船酔いに方向音痴ときて、なかなか石塚のところまで辿り着けなかったりする。

まぁ貰った地図があれだから辿り着けなくても当然なのかもしれないが、それにしても森の中の一軒家だって言われたのに、なぜに海に出ちゃうかなぁ。

石塚は今まで配属になった中隊の殆どが全滅したと噂される疫病神。
その割りにはのんびりと通信用の一軒家で縁側将棋なんぞをしているのだが。

お調子ものの佐久間は、リスのような(ナウシカのキツネリスにちょっと似ている)動物を追いかけて、古ぼけた元天文台に。
そこに、一人物思いに更ける蔵野みずほを見つける。
夜空の月と相俟って、みずほの不思議な魅力に魅せられてしまった佐久間でした。
一応同級生で同じ隊所属だから、顔を見るのが初めてじゃないはず何だけど、どっちも初対面みたいな変な雰囲気だったね。

古関里美がなぜか一人だけ体操着にまでいや靴にまでフリルが付いてるし。
そのくせガタイがデカイしなかなかのキャラです。

永野に付きまとう地元のおじちゃんもいい味出してるし。
漁師のサンダルで漁サンですか、私の目にはビーチサンダルにしか見えないのだが、素材が違うんだろうな。

今度の青の章は、どうもギャグ担当パートのようで。
なんで最後の最後にギャグ持って来るかとも思いますが、ここから超シリアス展開になるとは思えないんですけど。

永野英太郎って、プロデューサーをそのままキャラにしたんでしょうか?

しかし、大晦日熊本殲滅作戦で活躍って。どんな作戦だよ。
その詳細のほうが知りたいです。
石塚千翼長の命令に従っただけって、永野は万翼長なんですけど。
石塚って降格?それとも永野の出世が早いのか?

iconicon
ガンパレード・オーケストラ 白の章 DVD-BOX icon 2006/1/27発売

ガンパレード・オーケストラ 緑の章 DVD-BOX icon 2006/3/24発売

「ガンパレード・オーケストラ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年2月 8日

ガンパレード・オーケストラ 第17話

「西部戦線異状なし」

芝村は、幻獣を街に誘いこむように指示。
街に誘いこんだうえで、各処に仕掛けておいた爆弾を使って味方もろとも幻獣を倒していく。

これに反発した深沢も出撃していく。
風間もこれに反発し一時は芝村を取り押さえた。
源たちも反発しそれぞれ幻獣と戦いつづけていたが、どんどん劣勢に。

そんなとき芝村の指示で一旦川を越える。
橋を落とし、電線を切断して川で放電させることにより、幻獣の足を一時的に止めることに成功した。

とりあえず休息をとる第7中隊に第15中隊。
芝村が爆破作戦の続行を指示するも、
生まれてからずっと戦いの中に身を置いてきた源や美姫たちにとってこの町は故郷になりつつあった。だからこの町を守ることが自分達の戦う理由。
初めて見つけた戦う理由だった。
だから芝村の指示に反発する。
芝村もとりあえず源たちにまかせることに。

そして幻獣たちとの最終決戦がいま始まろうとしていた。

そして場所は小笠原って(おい
緑の章、ここで終わりかよ。
結末どうなるんだ?
伝説を作ったのか?伝説になっちゃったのか?
ちゃんとやってくれるのだろうか?

緑の章それにしても中途半端でしたね。
雷電ってせっかくいいキャラがあったのに使いこなせていなかったのがものすごく残念です。

加藤ミチルは熊本出身で、妹はバリバリの軍人として頑張っていると言っていました。
そういえば熊本出身なのに妹はなぜか関西弁を話しているとも言っていましたね。
ということは、ガンパレード・マーチの加藤祭が妹だったんですね。

どうやら生きているみたいなんでちょっと安心しました。
九州は制圧されたけどちゃんと撤退していたんですね。
その辺の情報が全然なかっただけに貴重な情報でしたね。

iconicon
ガンパレード・オーケストラ 白の章 DVD-BOX icon 2006/1/27発売

「ガンパレード・オーケストラ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年2月 2日

ガンパレード・オーケストラ 第16話

「激突!」

町に残ったのは、第7中隊と第15中隊それに志願兵による混成部隊。
それと重傷の兵士と医師団。

幻獣殲滅の作戦名は”スプリングストーム”
3部隊それぞれで幻獣を各個撃破しつつ幻獣の数を減らし、十文字渓谷におびき寄せ、そこで一気に殲滅するというものだ。

作戦は順調に進みつつあったが、徐々に各部隊とも苦戦し始める。
ついには、混成部隊が全滅。
仕方なく、第7中隊が対している幻獣をまずは渓谷で殲滅する事に。
追いこんだ幻獣に一斉攻撃しているとき、新たな幻獣が出現する。

居残り部隊が不利と判断した、軍上層部は、町からの唯一の撤退路である道路を爆破する。
元々この作戦は、軍上層部が、軍全体の士気を高める目的で、英雄伝説を作ろうとしたものだった。上手くいけばそれでよし。だが失敗した時には、彼らを犠牲にすることで全軍の士気高揚に役立てる気でいたのである。

その事実を知った、第7中隊と第15中隊は激怒するが、第7中隊芝村には、逆転の秘策があった。自分達の部隊が真の英雄になるための作戦が。

やっと幻獣との決戦に突入しました。
それにしても芝村隊長は、いったいいい人なのか悪者なのか、判断に苦しむんですよね。
最終的にはどっちだったか分かるんだろうけど、今のところは7:3で悪者なんだけどね。
というか、自分のことだけ考えているエゴイストって感じかな。
そのために自分の部隊を利用している感じがします。ただそれなら、源たちがもっと隊長に反発しても良さそうなもの何だけど、意外とみんな彼に忠実なんだよね。
それだけに迷う存在でもあります。

iconicon
ガンパレード・オーケストラ 白の章 DVD-BOX icon 2006/1/27発売

iconicon
ふたりが忘れない icon

iconicon
Faze to love icon

「ガンパレード・オーケストラ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年1月25日

ガンパレード・オーケストラ 第15話

「理由なき反抗」

軍は、前線からの撤退を決める。
しかも町の住民の撤去を含む完全撤退だった。

それに反抗する、町のお年よりたちが病院の一室に立てこもる。
この町は、故郷離れたくないと。

まだ幻獣と全面的に戦っていない第7中隊の面々もこの命令に反発するものの、撤退準備は着々と進んでいく。

とくに一人残り幻獣と戦うと反発する源を風間軍曹が諭す。
「敵を知り己を知らざれば戦うこと必ず危うし」
このままではお前は死ぬと。

源はむしゃくしゃして山を駆け回り、崖から落ちそうになったところをグリンガムに助けられる。
グリンガムのためにも死ぬ訳にはいかない、生き抜いて風間が言ったことの答えを見つけて見せる。
そして源は幻獣と戦う作戦を思いつく。

芝村も軍上層部に掛合い、第7中隊と一部志願兵だけが町に残る事に。
お年寄りたちは説得に応じて、町を離れて行った。
そのお年寄りたちに、町は必ず守ると約束する第7中隊だった。

やっと第7中隊の活躍が見られそうな予感がしますが、白の章も中途半端に終わっているし、緑の章になってからも中途半端感は拭い去れないし、すかっとする話になるのでしょうか?

iconicon
ガンパレード・オーケストラ 白の章 DVD-BOX icon 2006/1/27発売

iconicon
ふたりが忘れない icon

iconicon
Faze to love icon

「ガンパレード・オーケストラ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ