カテゴリー「GUNSLINGER GIRL」の13件の記事

2008年4月 2日

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第13話(最終回)

「そしてピノッキオは人間に」

ピノッキオを助ける為に、フランコとフランカもクリスティアーノの屋敷を目指す。

クリスティアーノは、自分も身を隠すことにしたからと、お前も逃げろとピノッキオに車のキーを渡す。
「すまなかった。許してくれ」と。
こんなふうに育ててしまったこと、そしてそれでも助けに来てくれたことへの想いをこめた、クリスティアーノの息子への最後の言葉となった。

ピノッキオとトリエラの死闘が続く。

ピノッキオがトリエラを撃つ。
モンタルチーノで奪われたヒルシャーからもらった銃を。
怒りに燃えるトリエラ反撃開始。

逃げようとしたクリスティアーノだったが、待ちかまえいてリコに撃たれて肩を負傷しそのまま拘束される。
しかしそこにフランコとフランカが助けに到着。
リコを車で跳ねとばし、クリスティアーノを奪回し、そのまま逃走。

道を封鎖していたアンジェリカに銃撃されて致命傷を負うフランカだがそれでもなんとかバリケードを突破。しかし、もう意識もはっきりしないフランカが運転する車は、そのままカーブを曲がりきれず崖下の川へと落ちていくのだった。

ピノッキオとトリエラの死闘も決着の時が。
最後の一撃は、相打ちに。
崩れ落ちる二人。

トリエラはなんとか一命をとりとめた。
朝になり銃を取り戻したトリエラ。
かわりに、ペンダントをピノッキオの遺体へ返す。

傷ついたトリエラを優しく強く抱きしめるヒルシャーだった。

川へ落ちた車は発見されたが遺体は見つからず。
あの状況で車から脱出できたのなら、もしかしたら?

義体の修復も終わり、元通りになったトリエラだったが、ピノッキオに勝ってもあまり嬉しくないことに気付く。

似たもの同士の二人だったピノッキオとトリエラ。
幸せなのは生き残ったトリエラなのか、それとも・・・

へンリエッタはほとんど活躍せず、どちらかというと今回は完全にトリエラが主役だったかなと。
というかピノッキオが主役だったような。

幸せとは何かというのを考えさせられる作品でしたね。

iconicon
GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- Vol.2 <初回限定版> icon 2008/4/25発売

「GUNSLINGER GIRL」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第12話

「戦う人形」

橋を警戒していたへンリエッタ、フランコたちを発見、銃撃戦に。

ピノッキオの投げたナイフがへンリエッタの胸に刺さったように見えたけど大丈夫みたいですねぇ。

フランコはフランカを庇って右肩に銃弾を受けて負傷。
橋の爆破は失敗に終わり逃げ帰る三人。

その道すがら、へンリエッタを撃つのを躊躇してしまった自分を悔いるピノッキオ。
初めて人を殺したとき居合わせた女の子を撃ち殺した。
それから女の子に銃を向けるのが恐いと。
強くなるには、このままじゃいけない。

爆破が失敗したことでますますクリスティアーノが危ないと判断したフランコとフランカはついにピノッキオにそのことを話す。

一人クリスティアーノのところへ行くピノッキオ。
逃げるように頼むのだが、クリスティアーノは諦めの境地で逃げるつもりはなかった。

おじさんが好きだ、穴倉から出してくれて名前もつけてくれた。

それは気まぐれだと気まぐれでなければあんな名前はつけないと突き放そうとするクリスティアーノ。
それでもピノッキオは、それなら来る奴を皆殺しにするだけだと。

不器用な親子愛の二人。

トリエラは、ピノッキオに負けたあの場所で決意を新たにして、クリスティアーノの屋敷へ。

ピノッキオの想いを無駄にしないためにも、国外に逃げることをついに決断したクリスティアーノだったが、皮肉にも、それとほぼ同時に、トリエラたちが屋敷に突入した。

ピノッキオ、トリエラ運命の再会。

iconicon
GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- Vol.1 <初回限定版> icon 2008/3/25発売

「GUNSLINGER GIRL」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第11話

「芽生える感情」

ポラッコ一家を皆殺しにした後、その隠し収納の中に隠されていた少年を見つけたクリスティアーノ。
彼を殺さず、連れ帰ることにした。
それがピノッキオ。

フランカのぶどう園で隠れている間に人間らしさが出てくるピノッキオ。笑みまで零れるようになってる。

そんな自分にちょっと戸惑っていたりするピノッキオ。
情にふれると弱くなると先生(名なしのジョン・自称元CIA)が言っていたと。
そのジョンはあっさりと流れ弾にあたって死んだ。

初めてワインを飲んで酔っ払って寝てしまったピノッキオ。
そのときフランカにマリノフから連絡が入る。
クリスティアーノが失脚しそうだと。
ミラノ派の内紛で責任を取らされ身柄が当局に売られると。

ピノッキオのことを想い、クリスティアーノを失脚させないためにメッシーナ大橋の実験橋を爆破することにするフランコとフランカ。

ピノッキオにはクリスティアーノのことは秘密にしたまま。

福祉公社のほうも、ミラノとメッシーナにチームを派遣する。

クリスティアーノはピノッキオのことを思う。不器用にしか接してこなかったが確かにピノッキオのことを愛していたのだと。

サヴォナローラとは500年前フィレンツェの実権を握った修道士。
神の教えによる厳格な政治をして民衆に見放されて処刑された。
クリスティアーノ・サヴォナローラ、皮肉にも同じような運命をたどる?

この作品っていつも何気に文学だったり歴史だったりさりげなく入れてくるねぇ。

iconicon
GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- Vol.1 <初回限定版> icon 2008/3/25発売

「GUNSLINGER GIRL」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第10話

「善意の花」

裁判中のマリオ・ボッシの娘マリアを護衛することになるトリエラ。
ヒルシャーとしてはトリエラに戦い以外の世界も見せてやりたいと思っているのだが。

マリアはまさに今どきの娘だった。年はトリエラとほとんど変わらない。
サッカーが好きで集めているクマのヌイグルミにはサッカー選手の名前をつけていたりする。
でもボボはまずいだろう。カカのつもりなんだろうけど。

クマのヌイグルミが好きなところはトリエラも同じだが、トリエラのほうのクマの名前はアウグストゥス。

マリアと接するうちに自分は普通の女の子とはやっぱり違うと痛感するトリエラ。
今どきの音楽もテレビ番組もしらない。知ってるのは、銃の扱い、格闘技、ピッキングの技術。

オランダのユーロポールにいたときのヒルシャーは、子供たちの人身売買を捜査をしたいと局長に訴えるも却下される。
現実を知れと、児童虐待ビデオを見せられる。
それは、スマッフムービーといわれる子供を殺して撮影する殺害動画だった。

同じユーロポールで検死医をしていたラシェルも子供たちが無残に殺されることに怒りを覚えていた。

ラシェルは気になる存在だったヒルシャーに声をかけて、二人で食事を。
そこで、子供たちを助けたいと意気投合する二人。
デートとは思えないような会話だけど^_^;

ナポリマフィアから仕入れた情報からまさにスマッフムービーの撮影をしていると思われる場所へ二人だけで突入する。

腹に銃弾を受けながらも虐待されていた少女を見つけて必死に蘇生術を施すラシェル。
あの娘はまだ生きている。せめてこの娘だけでも救えたら、世の中捨てたものじゃないと信じられると。
心臓マッサージに人工呼吸のかいあって目を開く少女。
だが、そのとき、ラシェルは力つきていた。

この情報提供者がマリオ。
そしてこのとき命を助けられたのが、トリエラだった。
トリエラはそのことを覚えているわけではないが。

義体のメンテナンス中に涙を流しながら夢をみたトリエラ。
彼女が見たのは、メガネをかけて香水の香りがしてそっと抱きしめてくれた、ラシェルの夢だった。

それを彼女は母だと思っているようだが。

子供たちを助けたいと思いつづけたヒルシャーは、トリエラにこんなことをさせなくてはならない自分に苦悩していた。
ラシェルに報いることが出来ているのだろうか?

iconicon
GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- Vol.1 <初回限定版> icon 2008/3/25発売

「GUNSLINGER GIRL」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第9話

「賢い蛇 純真な鳩」

ジョゼに今よりもっと大事にされたいと思うのは我侭なんでしょうかと、へンリエッタはビアンキ先生に相談してる。

妹が死んだことで公社に入るきっかけになったジョゼ。軍の同期だったマルカントニオと久しぶりに会う。彼の母は、市民デモに参加して命を落としたそうだ。
そのレストランのそばで爆弾テロが起きる。

その犯人を確保して、犯人の隠れ家から軍でしか手に入らない高性能爆薬を発見するジャンたち。
ベアトリーチェの鼻は犬以上ですか?

それを流しているのが、どうやらガニエ大佐らしいということで調査開始。

ローマのサンタンジェロ城でローマの休日を思い出してはしゃぐへンリエッタ。
でもジョゼにとっては、オペラのトスカだそうで。

ちなみにクラエスもトスカを思い出すと。
「私は歌に生き、恋に生き、悪事になどこれまで一度も手を染めたことはありません。
憐れな人と知れば必ず救いの手を差し延べてきました。しかし今苦しみの際で、主よ何ゆえこんな報いをお与えになるのですか。私はこれまで聖母に宝石を星々には歌を捧げてきたのです」

マルコーにとってトスカは200年前の恐怖政治下のローマが舞台のオペラ。
彼女の恋人はある政治犯を匿った罪で死刑を宣告されて、トスカは助命嘆願のために警視総監の元へ赴く。あらすじを知っている程度。

ベアトリーチェの担当官ベルナルドにとっては、登場人物が全員死んじゃう話。
イタリアは結局そんな話が好きで、街中には暴力があふれ、血を流さないことには物事を解決できない。

ジョゼもビアンキ先生に悩み相談。
「蛇のように賢く、鳩のように純真であれ」
厳しい世を生きるための心構えだそうで、物事を繊細に考えるのも悪くない。狡猾に振舞うことを恥じることはない。
つまりはそう考えこむなってこと^_^;

軍の横流し現場を押さえようと、軍のトラックを包囲。
銃撃戦の末に全員射殺した。

その中にマルカントニオがいたことでジョゼを少し落ちこませてる。
母親の死で政府に怨みを持つようになっていたらしい。

これで大佐が絡んでいることがはっきりして、ガニエ大佐の暗殺に許可が下りる。
そして、オペラ座で、ガニエ大佐を暗殺するへンリエッタたち。

ちょうどトスカだったりする。

妹・エンリカとオペラを見た時のことを思い出すジョゼだった。
パープ奏者になりたいと言ったエンリカはもういない。

iconicon
GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- Vol.1 <初回限定版> icon 2008/3/25発売

「GUNSLINGER GIRL」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第8話

「クラエスの一日」

クラエス、もう憶えていないはずの担当官ラバロとの思い出の断片を夢に見てなぜか涙を流す。
本、釣り、メガネ、そして腕時計。ラバロとの絆。

メソシデライトが欲しいとふと思うクラエス。
(鉱物図鑑を読んでいて)

朝食を食べながら、万華鏡が修理できたことを伝えて、へンリエッタとリコは仲直り。
これを気にしていてリコは元気がなかっただけですか。

クラエスは検査があるので、朝食はヨーグルトだけで薬を飲んで、一人寝坊して朝食を食べられなかったベアトリーチェにクッキーをあげるかわりに、家庭菜園の手伝いを頼む。
といっても、クラエスが植木鉢で育てたハーブを花壇にそのまま移してるだけだけど。

本を読んでいるうちに時間になったので、検査。
今日は心臓の検査。

スカボローフェアの詩が頭から離れないからハーブの栽培をさせてもらうことにしたらしいけど。
ベアトリーチェはこの詩を知らず、検査したベルゴンツィ先生は知っていた。
サイモン&ガーファンクル?それとも元になったほうですかね?

ピアノを弾いてるところにジャンが。このピアノは公社がある前からここにあるもの。
大自然のビデオを見せられて、最後に映しだされた夕日を見て
「悲しくても涙が出ない。そんなことあります?」とクラエス。
そんな気分になったと。
寝ている間は知らずに涙が溢れるのに。

射撃場の前を通りかかって、ふいに見覚えがあると思って、中へ。
受けつけの担当官はクラエスのことを憶えていたが、クラエスにはない。

中ではへンリエッタとジョゼが訓練中。
クラエスを見たら訓練をやめたけど。

銃、射撃の音、火薬のなにか懐かしい匂い、そして10番のスペース。

射撃場を出たところで、プリシッラとアンジェリカがバイクで通りかかって、クラエスも乗せて行ってくれる。

夜、スカボローフェアの詩を口ずさみながら、絵を描くクラエス。釣りをしている男の人の。

翌日、花壇で何かの鉱物を見つけて、図鑑で調べるクラエス。
またメソシデライトを思い出す。はるか昔小惑星だった石。

楽しいということを理解出来ないというベアトリーチェ。
クラエスが楽しそうにしているのは、きっと遠い昔誰かに教えてもらったから。
それが誰かはなぜか思い出せないが。

クラエスのいつもと変わらない一日がまた始まる。

iconicon
GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- Vol.1 <初回限定版> icon 2008/3/25発売

「GUNSLINGER GIRL」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第7話

「カテリーナ 復讐の円環」

フランカ(カテリーナ)とマルコーの元恋人パトリツィアと友達だったんですか。
それも二人を取り持った間柄ですか。

父の冤罪を晴らすために、大学を辞めて国を相手に訴訟を起こそうとしていたとき、父が獄死。
いつしか真相究明よりも、父を殺した国への復讐に切り替わっていった。

活動家になるべく、祖父が伝説的爆弾職人だったフランコを訪ねるカテリーナ。
祖父の手伝いをしていただけで、その祖父が死んでもう廃業だと最初は断るフランコだったが、理不尽な世の中を変えるというカテリーナの想いに負けた?
もしかしたら単純に惚れただけかもしれないが^_^;

フランコはカテリーナを弟子にしてくれた。
そしてフランカという通り名をつけてくれたのもフランコ。

フランカがニノの説得に失敗した帰り道、1課のジェレミアたちに見つかってしまい、罠にかかって捕まってしまう。
ジェレミアはフランカたちの爆弾で左目と指二本を失っていた。同僚のイルマも死にかけていまでも破片が腹に入ったまま。

そんな怨みを晴らすため、独断でフランカを拷問するジェレミア。

発信機からフランカに何かが起きたことに気付いたフランコとピノッキオが助けに。
結局、フランコ、ピノッキオの二人に殺されたジェレミアたち。

拷問なんてしないで公安に引き渡してしまえば、死なずにすんだのに。

現場検証にきたジョゼたち、イルマの死体の下に隠されていた爆弾を寸前で見つけてへンリエッタがなんとか処理したことで、トリエラが軽傷を負っただけで助かった。

凄惨な現場に、トリエラはピノッキオの気配を感じていた。

iconicon
GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- Vol.1 <初回限定版> icon 2008/3/25発売

「GUNSLINGER GIRL」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第6話

「チベタンテリアの引退」

フランカは、橋開発公社の理事長誘拐を計画するチームのリーダーが爆弾のスペシャリストだったニノだと知る。

理事長の周辺を探るチームだが、リーダーのニノ一人なぜか慎重にことを運ぼうとしていた。
というかどちらかというと消極的にさえ見える。

理事長の護衛には、ジョゼ、へンリエッタが。

へンリエッタはあの万華鏡をリコにも見せてあげるが、リコがつまみを壊してしまって怒る。

万華鏡を修理に出すジョゼ。
その相手がなんと、ニノだったりする。
へンリエッタの悲しそうな顔を見て、三日で修理してくれるというニノ。

フランカはニノに接触し、橋の爆破計画への参加を依頼するも、自分は走れなくなったチベタンテリアだと。チベット産の犬だそうで

そんなとき、ニノたちに雑誌社に潜入させていた一人が捕まったと情報が。
これで公安に計画がもれたとみたほうがいいと、撤退を主張するニノ(理事長の近くにへンリエッタがいたのを見たのもそれの要因になったかもしれないけど)だったが、レオーネたち他のメンバーは誘拐計画を強行しようとする。

ジョゼたちは、理事長の身辺に潜伏していたメンバーを捕らえ、それを利用して囮作戦に出る。

まさにこの囮作戦が成功して、レオーネたちメンバーは一網打尽にされた。

リコ、狙撃に二発も撃ってジョンに怒られてるけど、これはへンリエッタのことが気になっていたからか?
それとも、つまみを壊してしまったことといい、リコは力の制御が少しおかしくなってきてるのか?

作戦に参加しなかったニノだけが生き残った。
そのニノは、フランカの申し出を断り、田舎に?帰る。

俺たちのすることは、人を殺してまでする価値があるのか?
何と戦っている?どうしたら勝利を収められる?
おやじさんの仇を討つとして、それは誰を殺せば達成するんだ?
今のうちから考えておけと、フランカに残して。

ほとんど同じことを、今回の被害者になりかけた理事長のほうも考えていた。
橋をかけるのはテロに倒れた夫の悲願だった。だが、大勢の人の血を流してまでしなければならないことなのかと。

ニノは兄を亡くしてから思うようになり、理事長は夫を失ってから思うようになった。
大切な人をなくしてから初めて、このむなしさに気づいたと。

ちなみに、万華鏡はしっかり修理してくれていたニノだった。
この持ち主が自分たちの敵だったと知ったらどうしていたのだろうか?とも思うけど。

万華鏡に刻まれていたのは、バルザックの谷間のゆり(谷間の百合)ですか。っていわれても全然わからないんですけどね^_^;
しかし、ニノも店の主人もよくそれが分かるなぁ

iconicon
GUNSLINGER GIRL DVD-BOX icon

「GUNSLINGER GIRL」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第5話

「泡沫と追憶」

暗殺者に狙われた首相。それを五共和国派のせいにしてニュースで流せと指示してる。
これが正義かといわれるとたしかに??

復帰したアンジェリカを冷めた目で見つめるマルコー。
昔のアンジェリカはどこかにいった?

トリエラはピノッキオにやられてからずっと心ここにあらず。
ヒルシャーから奪われた銃のかわりの銃をもらっても(ヒルシャーとお揃い)うれしくない。
そんなトリエラに、ピノッキオが落としたペンダントを預けるヒルシャー。

アンジェリカはプリシッラの腕を折ったことを覚えてないのか。
昔の記憶がないアンジェリカにプリシッラも複雑。

マルコーの元恋人だったパトリツィア、傑作童話「パスタの国の王子さま」を扱ってると。
そんなパトリツィアにジャーナリストのレオナルドが近づく。

マルコーが務めている社会福祉公社が秘密諜報機関であり、しかも子供の暗殺者を育てていると。
パトリツィアを巻きこみ調査をするレオナルド。

実は、レオナルドは五共和国派だった。
それでパトリツィアを利用したのだが、探っているのがばれて、誘き出された。

そこで待ち構えていたのがマルコー。
パトリツィアを人質にされて躊躇してしまうマルコーだが、アンジェリカがレオナルドを取り押さえた。

本当は、真実を知られたからにはパトリツィアにも何かあるのかと思ったけど、結局完全に別れる原因になっただけか。
もしものときを考えて、しっかりリコが狙ってたりする。

マルコーとプリシッラとオリガとで少女たちのために書いたのが、「パスタの国の王子さま」ですか。
アンジェリカが変わっていないとすれば、その本がいまでも好きというところか。

iconicon
GUNSLINGER GIRL DVD-BOX icon

「GUNSLINGER GIRL」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第4話

「アンジェリカの復帰」

仕事に復帰したアンジェリカはマルコーとミラノでピノッキオの情報収集。
依存症がまだ抜けきらない?アンジェリカが気になって、プリシッラとオリガもやってきて、しっかりマルコーに見つかって付き合わされてる^_^;

マルコーはアンジェリカに今日は見てるだけだと、サブマシンガンの入ったバイオリンケースを取り上げてプリシッラに預ける。

武器を持っていないと落ちつかないアンジェリカは、落ちてるナイフを拾おうとしてしまう。
なんとかマルコーに止められてる。

敵の溜まり場に突入。
完全に制圧しているのに、アンジェリカはバイオリンケースが気になって、無意識にプリシッラの腕を掴みケースを取り戻そうとしてしまう。

これもマルコーが止めたが、プリシッラは腕の骨を折られてたりする。
それでも、このことはジャンには黙っていてとプリシッラ。
ジャンが知ったらきっと、またアンジェリカを入院させようとするだろうから。

まして依存症が抜けないのはマルコーにも責任がある?
実際、マルコーの声はアンジェリカに通じるわけで、マルコーが優しくしていれば依存症も収まるかもしれないと。

情報から、処分屋のブルーノを罠にかけるマルコーたち。
アンジェリカは、結局仕留めそこなったのだが、それでもマルコーに上出来だと誉められてうれしかったりする。

作戦自体は成功して、ブルーノを捕らえることに成功。

iconicon
GUNSLINGER GIRL DVD-BOX icon

「GUNSLINGER GIRL」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ