カテゴリー「Project Blue」の12件の記事

2007年3月28日

Project BLUE 地球SOS 第12話(最終回)

「超兵器出撃!地球最期の戦い![後編]」

バグア遊星に連れてこられたペニーは、エレメントXの設計図を引き出すために、記憶を探られることになる。
それにより、エレメントXが完成してしまう。
国連総長って、裏切ったと見せ掛けて、遊星を破壊しようとしていたってことですか?
バクダンもってたみたいだけど。

ビリーたちもなんとか、遊星に突入成功。

バグア遊星人は、種としての寿命だけは克服できなかった。
それで、自分たちと遺伝子の似ている人間になら命を移植できるのではと、実験して来たのだが(それで誘拐していたわけですね)結局うまくいかず。
最後の望みをエレメントXに託していた。

エレメントXはインファーベルの寿命を延ばすもの。
遺伝子はより人間に近づき、人間との交配も可能になる。

マーガレットはこれで、人間と共存できるようになるのではと考えていた。
自分もインファーベルだからこそ、バグア遊星人を庇いたいと。

そんなやりとりをしている間にも、マーガレットのそしてバグア遊星人の寿命が尽きようとしていた。
僕たちには、科学の力があるじゃないかと、ビリー。
愛する人の命を助けたいんだろうと、ペニーにエレメントXを起動することをすすめる。

エレメントXが起動し、たしかにマーガレットは助かった。
バグア遊星人も、一瞬かなり人間に近い姿になったのだが、すぐに身体が溶けてしまった。

数々の突然変異の過程で、遺伝子が傷つきすぎてしまっていたために、元に戻れなくなっていたのだった。

ジェイムズにもついに終わりの時が、バグア遊星人の細胞を移植されていたジェイムズもまた、寿命がつきる。
「クレイトン大尉がワインをあけて待っているから」
クレイトン大尉もさすがに生きてないのか、残念。

マーガレット、ペニーたちを強制的に脱出させ、なぜか生き残ったバグアの赤ん坊を抱いて、遊星とともに、時空の間に消えて行く。

目の前には、あの幻影のマーガレットが。
時空の間を遡り、過去へと帰ると。二度と悲劇を起こさないために、あなたには、みんなを導く仕事が残っていると。

ってことは、マーガレットはずっとこの繰り返しなんですかねぇ。
厳しい運命ですねぇ。

かなり未来的なものと、なぜか古臭い物とが、妙に混ざり合っていて、その世界観はおもしろかったですね。
原作が書かれた当時の子供たちなら、十分楽しめたのだとは思うのだが、今の子供たちには?
まぁ、今の子供に向けて作られたわけじゃないんでいいんだけどね。

科学の進歩が明るい未来を作り出すと信じていられた時代がなんとも羨ましいです。
さすがに今こんな話をつくるのは、むずかしいでしょうね。

iconicon
Project BLUE 地球SOS Vol.6 icon発売中

「Project BLUE 地球SOS」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェアicon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日

Project BLUE 地球SOS 第11話

「超兵器出撃!地球最期の戦い![前編]」

拉致されたマーガレットは、本当にインファーベルのオリジナルのマスターインファーベルなのか。
バグア遊星人は、エレメントXを手に入れるため、マーガレットの脳髄から直接記憶を引き出そうとする。

そして、バグア遊星人は地球にたいして、最終通告をしてくる。
全面降伏か、死か。

迷宮機関は、ユニバースナイトでの最終決戦を選択する。
ユニバースナイトでバグア遊星の内部に突入し、惑星推進装置を暴走させることで、太陽系外へ追い出す作戦。

ビリーもエミリーもこの作戦に参加する。

ユニバースナイト発射直前、ゲートが開かず。
バッキーショーにより洗脳されたラジオ人間により邪魔されてしまう。

ペニーにゲートを開けて欲しいと頼む、ビリー。
ペニーはそのころ、エレメントXの謎を必死に探していた。

スチムソンが残した謎の言葉、
「もしものときのためにエレメントXをシノニムのすみかに託す」
シノニムがわからなかったのだが、ビリーがそれは、アリの学名だと教えてくれる。

ペニーと一緒にいた、クレイトンがゲートを開けるため一人、出撃。
ラジオ人間からの攻撃を受けて傷つく、そして、あの謎の不死身の男が最後に立ちはだかる。
死闘を制して、なんとかゲートを開けるクレイトン。
ユニバースナイトの発進を見届けて、深い深い眠りに落ちる。
どうみても、絶命してますが、このパターンは生きてるパターンなんだよなぁ。はたしてどっちでしょう。

不死身の男は、どうやらバグア遊星人に改造されたようで、ジェイムズも同じみたいですねぇ。
ということは、ジェイムズはいわば仮面ライダーと同じですね^_^;

ペニーは、ついにエレメントXの謎に迫る。
マーガレットが説明してくれた、スチムソンが発見したというあのアリ。
あのアリの巣に、エレメントXのデータが隠されていた。
だが、そのとき、謎の男たちにペニーは連れ去られる。
彼らは国連の人たちだったのだが、彼らは、バグア遊星人に対して降伏を決定していた。
エレメントXの謎を知ったペニーはそのままバグア遊星人に引き渡されることに。

新種のアリが出てきたときに怪しいとは思っていたんだけど、やっぱり伏線でしたね。
バグア遊星人がアリみたいなんで、関係あるだろうとは思ってたんだけどね。

iconicon
Project BLUE 地球SOS Vol.6 icon発売中

「Project BLUE 地球SOS」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日

Project BLUE 地球SOS 第10話

「極限の攻防!エレメントXの謎を解け![後編]」

スチムソンの家に戻った、ペニーとマーガレット。
マーガレットは、隠し部屋にあった立体映像機をペニーに見せる。

それがスチムソン教授の幽霊の正体か。
これを修理すれば何かが掴めるかとペニーが修理。

南極基地を破壊しても、大気のバランスが元に戻るには300年かかるそうで。
こんなところだけ妙に生々しいのがまた不思議^_^;

世界各地で、バッキーショーを聞いた人々による反乱が始まった。
州軍も国連軍もばらばらになりつつあった。

なんとかアンチスマッシャーでこの電波を打ち消そうとするも、失敗。
迷宮機関内部にも、洗脳された人たちが現れはじめていた。

ペニーは、修理した立体映像機で、驚愕の真実を知ることに。
スチムソンは銀河系に地球以外生命体がいないことを知り、自ら人工生命体を作り出した。
それがインファーベル。その姿は、マーガレットそのものだった。

そのインファーベルたちを、宇宙へ旅立たせたのだが、わずか3年で彼らは地球への帰還を開始していた。バグア遊星人とは、スチムソンが作ったインファーベルだというのだろうか?

スチムソンは罪滅ぼしにエレメントXを残したらしい。

マーガレットは謎の男に連れ去られた。

そして、月軌道に、バグア遊星らしきものが姿を現した。

最終決戦迫る。

iconicon
Project BLUE 地球SOS Vol.5 icon 発売中

「Project BLUE 地球SOS」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日

Project BLUE 地球SOS 第9話

「極限の攻防!エレメントXの謎を解け![前編]」

病院に急ぐ途中、崖崩れを迂回しようとして足を滑らせ落下してしまったペニー。
気を失う直前、謎の少女をみた。
そのお陰で、漁船が来てくれたけど。あの船長さんここで活躍するのか^_^;

車すら動かないほど寒いのに、漁船がなぜ動けたのかはわからないけど。

マーガレットもなんとか迷宮機関の病院に運ばれて助かった。

南極では、バグアタワーを破壊するためジェイムズがスーパーモールで地下へ。
そこからG推進弾を撃ちこむ。

空からは、インビンシブル号がスーパーGX砲を撃つはずなのだが、応答が途絶えていた。

病院、インビンシブル号にまで、なぜかラジオショーのバッキーショーが延々流れていた。
その放送を聞いた人々が、「バグア遊星人バンザーイ」と唱えながら破壊行動を開始していた。

病院では、なぜか彼らがマーガレットを狙う。
バグア遊星人が狙う、エレメントXの謎を解くため、ペニーはマーガレットと再びスチムソンの屋敷を目指す。

インビンシブル号は、なんとか敵に洗脳された乗組員を拘束して、スーパーGX砲を発射。
バグアタワー破壊に成功した。

バッキー、バッキー、ビババッキー」この歌声だけが印象に残った^_^;

iconicon
Project BLUE 地球SOS Vol.5 icon 発売中

「Project BLUE 地球SOS」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日

Project BLUE 地球SOS 第8話

「遊星人の罠!インビンシブル号応答せよ![後編]」

バグア遊星人の体は、昆虫のような感じ。
だから「バグ亜」ってことなのかな?

彼らになにかされたせいか、ジェイムズの身体は、24時間でどんなケガも回復する。パワーも桁違いだし。

教授の家で、30年前に撮られたスチムソンと謎の少女が写っている写真を発見し、スチムソンの屋敷に向かう、ペニーとビリー。
そこには、謎の少女そっくりのスチムソンの孫・マーガレットが住んでいた。
だが、マーガレットはペニーたちを拒絶する。

そのころ、南極にバグア遊星人の基地が出現し、世界が異常気象に。
ミリバールって久しぶりに聞きました^_^;
ヘクトパスカルにしてもよさそうだが、変な拘りがあるみたいだね。

スチムソンは、気象コントロールの研究もしていたことが判明。
カギはスチムソンにありと、もう一度屋敷を訪れるペニーたち。

そのとき、マーガレットをあの謎の男が襲う。
「エレメントXはどこだ」と

なんとか男は追い払ったものの、マーガレットは深手を負ってしまった。
真夏の吹雪の中、医者を呼びに外へ出て行く、ペニーとクレイトン。

そのころ、インビンシビル号は南極へ向けて発進。

謎の少女とマーガレットが同一人物?
いや、30年前の写真に写ってるんだから、謎の少女はマーガレットじゃないよな。
そのことにペニーも気付いていいと思うんだけどねぇ。

死んだはずのスチムソンの姿もあるし、スチムソンは敵か味方か。

あんなに発達していて、かなり旧式のラジオだし、ラジオショーが楽しみな子供たちって、本当に不思議な世界観です。

iconicon
Project BLUE 地球SOS Vol.4 <通常版> icon 発売中

「Project BLUE 地球SOS」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日

Project BLUE 地球SOS 第7話

「遊星人の罠!インビンシブル号応答せよ![前編]」

ビリーとペニーを助けてくれたのは、ジェイムズ。

エンゼルへアを除去できれば、G反応炉は復活できる。だが、何をしてみてもこのエンゼルへアを壊せない。

偶然、ロッタが塩を零したら、あら不思議エンゼルへアが消えた^_^;

貴重なサンプルなのになぜ、お茶するような場所に持ってきていたのかは不明^_^;

別のロケットを囮にしている間に、ビリーとペニーが小型宇宙艇スペースボートで、特殊炸裂弾に塩を搭載して宇宙へ。
こちらも攻撃されたけどなんとか宇宙へ行けた、ジェイムズが犠牲になって。

このスペースボート一人乗りの設計なんだけど二人が乗っていった。
体重的には、子供二人なら問題な誘うだけど、シートがちゃんと二つあったのはなぜ?
大急ぎで作ったってか?

塩の散布が成功し、インビンシブル号も無事帰還した。
そして、ジェイムズも何事もなかったかのように無事帰還した^_^;

ジェイムズくんやっぱりサイボーグだね。

クレイトンが
「許しはせん」って敵の兵器に銃を撃つシーンが、
ドズルの「やらせはせん」のあのシーンにダブった^_^;

「Project BLUE 地球SOS」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月15日

Project BLUE 地球SOS 第6話

「侵略の魔手!G反応炉作動せず![後編]」

漁船の船長さんは、レギュラーになるのだろうか?あんなことがあったのにまだ漁に出る神経が素晴らしいけど。

ビリーたちの前に姿を見せた謎の少女が
「生ける死者の訪れは裁きの始まりにすぎない。世界の静謐は七色の光にもたらされ、ただ天使の髪のみぞ知る」
と言って姿を消した。

世界のG反応炉のすべてが一斉に停止してしまった。
そこに、ついに謎の侵略者からメッセージがもたらされる。

「我々はバグア遊星人」
24時間以内に人類の全面降伏を要求した。
それがなされないときは、インビンシブル号をメトロポリタンXに落とすと。

そんなことができるなら、さっさと落としてしまえばいいような気もしますけどね。
対抗出来るのはまさに迷宮機関だけっぽいんだし、つぶしてしまえば簡単に人類は降伏しそうですけど・・・

インビンシブル号もG反応エンジンが止められてしまい、乗組員の命が危ない。

父が乗っていることを知らされた、ビリーは、旧型のロケットでの救出作戦を強行するも、打ち上げ直後にヘルメットワームに撃墜されてしまう。
マーキュリーVがじいさんばかりだったのは、スペースカウボーイのパロですか?

ロケットだけ破壊するヘルメットワームも律儀ですよね。見守っていた人たちも殺しちゃっていいとも思うんだけどねぇ。

ペニーは、「天使の髪」を調べるために母校の図書館へ。
そこで、恩師のオズワルドから、エンゼルへアを分析中だと知らされる。
砂漠に現れた、潜水艦アレクサンドラに微量ながら付着していた物質がエンゼルへア。

変わり者のせいで学会から追放されたスチムソン教授がエンゼルへア理論を提唱していた。
太陽風の影響で活性化する電磁性物質。地球の周囲に張り巡らすことで地球の磁気をコントロールできると。

突然、攻撃され、オズワルドが殺されてしまう。
なんとか、エンゼルへアをもちだし逃げ出す、ペニーとビリーだが、ついに追い詰められてしまう。

かなり圧倒的な力を持っているはずのバグア遊星人が、姑息な手段をとってくるのがよくわからない。
人を何とも思わず殺すわりには、全滅させようとは思っていないみたいだし。

iconicon
Project BLUE 地球SOS Vol.3 発売中

「Project BLUE 地球SOS」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日

Project BLUE 地球SOS 第5話

「侵略の魔手!G反応炉作動せず![前編]」

謎の敵による、人間爆弾(自爆テロ)が続発する。
それも、それを行なった人間は、すべて連れ去られた人たちだった。

あの島から奪ってきたヘルメットワームを狙った男は、なんとペニーの死んだはずの父だった。

そんななか、空中戦艦インビンシブル号のテスト飛行を強行することに。
これには、ビリーの父親が乗りこむことに。

それを狙ってきたのは、なんと、ペニーの母だった。彼女も父と一緒にロケットの打ち上げ事故で死んだはずなのに。

ペニーは助けようとするも、そのペニーすら殺そうとする母だった。
ペニーを助けるためジェームズはペニーの母を射殺した。

敵は、攫った人間をゾンビ兵として使っているようで。
そのためのあの島のあの装置だったってことか。それでもなぜに攫う人を選んでいるのかはまだまだ謎。

iconicon
Project BLUE 地球SOS Vol.3 発売中

「Project BLUE 地球SOS」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日

Project BLUE 地球SOS 第4話

「要塞島出現!メトロポリタンX危機一髪![後編]」

監禁されている部屋からの脱出を試みるペニーとロッタ。
途中で消えた漁船の船長?と合流。
監視していた?ロボット兵を倒して、やっと外へ。

島へ二人を助けにやってきたビリーたちは、飛行機を撃墜されて、島に不時着。

クレイトンは敵の荷電粒子砲を破壊するために別行動に。
ビリーとエメリーはワシントンの協力を得て二人と合流。

そこには、いままで攫われていた人たちの死体が保管してあった。
人間を害虫のようにしか思っていないからこんなことができるとか言ってるエメリーだけど、わざわざ要人の家族を選んでその死体を保管してるなんてなにかおかしいでしょう。

害虫だと思ってるならその場で殺すだろうし、わざわざ人を選ばないと思うんだけど。

博士ももうメトロポリタンXを守るために、「G型戦略誘導弾」を使用する直前で敵のヘルメットワームを奪って脱出成功。

クレイトンとジェイムズによって、荷電粒子砲の爆破も成功し、要塞島も沈んで行くのだった。

ところで、漁船のおっさんはなんで一人だけ行き残ってたんだろう?
敵のスパイなんじゃないかと勘ぐりたくなるのは私だけ?

ストーリーは結構めちゃめちゃなんだけど、そのご都合主義なところもこのアニメの魅力かも。

iconicon
Project BLUE 地球SOS Vol.2 icon 発売中

「Project BLUE 地球SOS」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日

Project BLUE 地球SOS 第3話

「要塞島出現!メトロポリタンX危機一髪![前編]」

各国要人の家族が行方不明になる事件が続発。
そんなとき、ロッタが謎の敵のヘルメットワームに襲われ、一緒にいたペニーもそのまま連れ去られてしまう。
血の繋がらない妹ユシャって、やっぱり猫でしたしたか。そんな気はしたんだよ。

敵の基地を探す迷宮機関。
だが、敵のほうから姿を見せる。
いままで、透明化して密かにメトロポリタンXを目指して移動していた敵の要塞島がその姿を見せたのだった。

国連軍は、「G型戦略誘導弾」で先制攻撃をかけることを決議する。

ロッタたちがあの島に囚われている可能性もあることから、ビリー、クレイトン、エミリー、ワシントンの三人と一匹だけで救出に乗りこむ。

あれだけの攻撃力を持っていて、要人の家族を人質にする必要があるのかものすごく疑問だけど。
でもやつらが攫っていることは確かなようで。
本当の目的はなんなんだろう。本当に人質だったらやだなぁ。

こんなアニメでも、無意味に、シャワーシーンをいれたりしているのがなんか嫌^_^;
B級SF映画っぽくはあるけどね

iconicon
Project BLUE 地球SOS Vol.2 icon 発売中

「Project BLUE 地球SOS」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ