カテゴリー「Solty Rei」の22件の記事

2006年4月 1日

Solty Rei 第22話、第23話、第24話(最終回)

22話「わたしと彼女と、少女の想い」

ロイとアンダーソン兄弟がRUCに乗りこむ。
それの囮役のはずだったアクセラだったが、マシンに乗りこんだら性格が一変。アシュレイへの復讐に燃える。
半狂乱状態のアクセラ、きてます。最近能登さん喘いでみたり、イッチャってみたりそんな役ばかりです^_^;

それを止めようと立ちはだかるソルティ。
ソルティごとRUCを攻撃するアクセラ。
ソルティを救ってくれたのは、ローズだった。
どうやってあそこから抜け出してきたのかはまったくの不明ですが、ローズがソルティを助けてくれたのは確かです。

ローズはRUCにいやアシュレイに力を貸したのは今の登録市民制度に不満があったから、それを改善するためにはエウノミアを止めることだと。
みんなを守るために、もう誰も傷付けたくないと、アクセラをマシンごと倒そうとするローズ。
これを阻止しようとしたのもソルティだった。

ソルティは、楽しく過ごしていければそれでいいです。
ローズさんはローズさんのままでいいです。と
それこそ誰ももう傷付けたくないと、ローズを説得する。

これを聞いたアクセラも攻撃を止めようとするのだが、マシンが暴走しフル出力でビームを発射してしまう。

ロイたちはジョセフから渡された地下にあるシステムルームにある起動キーを持ってRUCに乗りこむ。
このキーで一時的にRUCのシステムをシャットダウンできる。
リゼンブルたちの抵抗を潜り抜け、なんとかシステムを停止することに成功したロイたちだったが、その前にアシュレイが・・・・

23話「Final message」

マシンからアクセラを救い出し、ソルティは約束を守るためエウノミアを目指す。ローズもちゃっかりついていく。

アシュレイもエウノミアの機能まで止まったのをいいことに、ロイを連れてエウノミアの元へ。

この星へ移住して来たとき、途中で移民船から仲間が降りてこなくなった。
だからこちらから宇宙へ帰ろうと考えていたのだ。
そして12年前、そのチャンスが来た。しかし失敗してブラストフォールが起こった。

エウノミアを使って、ソルティとローズを拘束したアシュレイ。
ロイにどちらかを撃て、そしたらもう一人とお前は助けてやると強制する。
だが、ロイはどちらも撃てず、いや撃たないために自分の腕を撃つ。

ロイがアシュレイに刺されたとき、システムダウンは一時凌ぎでしかなかったためエウノミアのシステムが復活。アシュレイが刺される。

宇宙の移民船に残っていた人達は、降りてこなかったのではなく、地上に降りてこられなかったのだ、伝染病が蔓延して全滅だった。

アシュレイもそれは薄々気付いていたのだが、それでも愛する人に逢いたい、愛する人を取り戻したい、そのためなら・・・・・

ソルティは、アシュレイにいやイルミナが愛したロックという男にイルミナからの最後のメッセージを告げる。
「あなたの笑顔が好きだった。あなたが笑顔でいられますように」

エウノミアの機能を停止させるソルティ。
「さようなら、もう一人の私」と。

街は荒れ果てたが、復興のため、ジョセフを中心にしたメンバーでエウノミアからエネルギーと水の供給システムだけを呼び出そうとしはじめていた。

アクセラもインテグラも助かった。

着々と街は復興しはじめていた矢先だった。

24話「これから」

ソルティは、エイレネが街へ落ちてくると告げる。

エイレネとは、人間を管理するための三つの管理コンピュータの一つ。
移民船のコアコンピュータでもある。
そのエイレネがこの街の全ての人を滅ぼそうとしていた。
人の歴史を作り直そうと。

管理コンピュータの最後の一つは、ソルティことリケ。
ソルティはこの街を守るため、いや大切な人を守るため、宇宙へ上がってエイレネを止める。

ジョセフのおかげで、アシュレイのマシンを修復。それに乗って宇宙へ。
だが、それは片道切符。
もし上手くいっても、地上へ帰れるかどうかはわからない。いや帰れない可能性のほうが当然高い。

見送りに来たロイは、そこで本音を告げる。
「行くな」と。
失敗すればどうせ街後と消える、成功しても、移民船の破片が落ちてきて街を破壊するかもしれない、行っても行かなくても同じになるならここにいろと。
「娘なら俺のいう事を聞け」と涙ながらに訴える。

「大好きです。だから、行ってきます」
ソルティは笑って宇宙へ上がって行った。

大気圏を出た瞬間、ソルティを狙い撃ちしてくるエイレネ。

もともと、ソルティは一年前に、暴走して人間を滅ぼそうとしていたエウノミアを止めるため地上に降りて来た。だが、今度はエイレネが暴走した。
いやずっと前から、移民船の中で人間が伝染病で全滅してから、エイレネは少しずつおかしくなってきていたのだ。人類の歴史を守るといいつつ、遺伝子情報だけを頑なにまもり、自分の思い通りの人間を作り出そうと。

実はブラストフォールを起こした直接の原因もエイレネだった。アシュレイのマシンをビームで撃ち落としたことが原因だ。

ソルティをリケと呼ぶエイレネに、こんな私を待っていてくれる人がいるんです。
娘と言ってくれる人もいるんです。
「私はソルティ・レバントです」と。

全ての力を振り絞りエイレネを破壊するソルティ。

夜空に、移民船の破片が流れ星となって降り注いだ。

それから五年、街は復興し、新市民制度を訴えて、ローズは選挙に出馬していた。
ローズ・レバントとして、だが、ソルティはまだ戻ってきていない。

それからまた時が過ぎて、宇宙。

ロイが宇宙へ。移民船のデブリの中から、聞き覚えのある歌声を聞いた。
宇宙服着てるし、それこそ宇宙なんだから聞こえるはずはないのに。

やっとやっとほとんど機能停止た状態だったが、ソルティを見つけたロイ。
待ちくたびれて、自分から探しに来たそうだ。
抱きしめたとき、ソルティの目に光が戻った。

最後は3話連続とかなりハードでしたし、ちょっと無理矢理収めた感もする内容でしたが、なんとか破綻もせず頑張ったかなぁと思います。
少なくとも最後まで見つづけられたしよかったと思います。

もう少し、ソルティの謎をしっかり謎解きしてくれればもっと良かったんですけどね。

そして未だにわからないのが、タイトルの意味。
SoltyはソルティだとしてReiってなんのことなんでしょう?

iconicon
SoltyRei FILE.4 <初回限定版> icon2006/4/26発売

ソルティレイ サントラ icon

「SoltyRei」をセブンアンドワイで検索する

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年3月25日

Solty Rei 第21話

「真実の刻」

RUCに襲撃されるロイたちだったが、間一髪で地下都市へ逃れる。

そこでジョセフはロイたちにこの街の真実を語る。
地下都市は、人類がこの星に移住して来たときの名残。
なぜなら、この地下都市自身が移民船から作られていると。

最初は地下で暮らし、地上に空気が出来ると人々は地上へ出ていったのだと。

アシュレイはローズに語る。
そして人類を絶滅させないための管理コンピュータ・エウノミアが人間を管理していた。
エウノミアは街の中枢であり、RUCのコアコンピュータでもある。
RUCはエウノミアの代行者として人間を管理する政府内包型企業。
登録市民制度を作ったのもエウノミア。
人が増えれば様々な問題が発生する、それを登録市民制度を用いて人口を調整しているのだ。
そして今度はリゼンブルを通してエウノミア自らが人間を管理しようとしているのだ、と。
私は200年前から代行してきた最後の管理者だと。
だからエウノミアを壊すのだと。

ローズはアシュレイにエウノミアを壊せば、登録市民制度がなくなり、未登録市民の地位も向上するとでも言われたのだろう。だからRUCに入ることを決意したのだろう。
しかしそれが本当に人間のためになるのかどうかは、わからないけれど。

移民船と同じテクノロジーで作られているのがソルティ。
ソルティを直すため移民船の修理システムを利用するジョセフだった。

そんなとき、ロイたちもアクセラたちを匿ったとしてついに指名手配される。

エウノミアの存在を知ったアクセラは、アシュレイがエウノミアを壊すのにローズを必要とした理由を悟る。
それは自分も参加していたプログラムに秘密があった。
プロシードの演算能力を使ってコンピュータとリンクするというプログラムに。

アシュレイはエウノミアとは切り離された独立型のコンピュータが欲しかったのだ。
エウノミアをハッキングするために。
そしてプロシードによりエウノミアをハッキングし思考プログラム破壊することを狙っていたのだった。ローズはアクセラ以上に演算能力が高いプロシードだったということだ。

そしてアシュレイはエウノミアをエネルギーと水を供給するだけのただの箱にしようとしていた。

しかし、エウノミアはハッキングに対抗するため、リゼンブルによる統制を開始する。
リゼンブルから人間を支配して暴徒化させてきた。
この暴走を止めるため、RUCの電波塔の破壊を買って出るアクセラ。

アクセラは過去の遺物?の機動兵器に乗りRUCを攻撃する。
だが、このマシンを起動するために神経が対応出来ず、マシンに取りこまれた?
アクセラも暴走した感じがするんですが、どうなるかは次回ですね。

修理が完了したソルティ、エウノミアからの信号をキャッチしみんなに避難指示を出す。

エウノミアを止めることが目的みたいな口ぶりでローズを引きこんだアシュレイだけど、真の目的は違うところにありそうな予感です。
自分自身がリゼンブルだけにエウノミアから解放されたいからみたいですね。
そして何かをしたいから。それは何かってところでしょうか。

次週はついに最終回ですが、テレビ朝日ではなんと3話連続放送だそうで。
そこまでして3月一杯で終わらせる必要があるんでしょうか?
見るの大変そうだなぁ。ただでさえチェックしなければいけないアニメが多いのに。

iconicon
SoltyRei FILE.4 <初回限定版> icon2006/4/26発売

ソルティレイ サントラ icon

「SoltyRei」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月18日

Solty Rei 第20話

「訪レル災い」

ローズを訪ねるミランダ、一度帰ってこない、という頼みは断られるも、こっそりとメモを渡してくれるローズ。
そこには「You’re being watched」
と書かれていた。見張られてるよってことですね。

これで完全にローズが裏切った訳ではないことはわかったのだが、やはり彼女がなぜRUCでアシュレイの言う事を聞いているのかはまだ疑問が残る。
多分、未登録市民の地位向上とかが理由だろう。最後のほうで明かしてもらえるとはおもうが・・・

インテグラはこっそり抜け出し、かつてのプロシード研究所を見つけていた。
ジョセフの小屋は半壊状態。
ソルティはアシュレイから「リケ」と呼びとめられる。
そしてミランダとカーシャが見つけた時には、ソルティは機能を停止させられ、ゴミ捨て場に捨てられていた。

インテグラはジョセフからロイへ宛てた小包をアクセラに託し、一人アシュレイの元へ乗りこむ。

ジョセフはロイを訪ねて来ていた。
ソルティの応急処置をするジョセフ。一瞬機能が回復するも、そのときのソルティにはソルティとしての記憶がなく、自分を「リケ」と呼んでいた。
すぐにまた機能停止してしまったが。完全修理するにはパーツが足りないみたいですね。

ロイたちに真実を語り始めるジョセフ。
ブラストフォールによって舞い落ちてくる光の粒の正体はオーロラシェルを形作っているナノマシンだということ。
そのナノマシンが成長期の少女の体に入り込むと遺伝子変化を及ぼすことがある、それがプロシードだと。
(ようするに偶然できたコーディネーターってことですね^_^;)

そして、オーロラシェルとは、元々空気がなかったこの星に大気を形成させるための隔膜だったこと。
この星に人類は移住してきたのだという事を。

アシュレイが行なおうとしているのは、この星からの脱出に他ならない。
アシュレイにとっての希望の船で大地の呪縛から解き放れたいそうです。

そんなアシュレイに、プロシードの能力を限界まで使って襲いかかるインテグラだったがついに力尽きる。

そして4人組最後のアクセラはアシュレイへの怒りに燃えていた。

だんだんと佳境に入るに連れて、この世界の謎が解明してきましたね。
残った謎は、ローズのプロシードとしての能力は何なのか。
それとソルティを作った目的はなんだったのか。

iconicon
SoltyRei FILE.4 <初回限定版> icon2006/4/26発売

SoltyRei FILE.3 <初回限定版> icon 2006/3/22発売

SoltyRei FILE.2 <初回限定版> icon 発売中

SoltyRei FILE.1 <初回限定版> icon 好評発売中

ソルティレイ サントラ icon

「SoltyRei」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月11日

Solty Rei 第19話

「全員集合!」

というサブタイトルですが、8時ではありませんでした^_^;

ローズが生きていたことに呆然となるロイ。

ローズにアシュレイは地下の秘密施設を見せる。
そこには、夢を実現するための依りしろがあった。

雨の中、震えるアクセラに傘を差し出してくれたのはソルティ。
以前とは逆になった。
インテグラもソルティたちのところに保護される。
そして、ジョセフも、アシュレイの暴走を知り、それを阻止しようと、傍観者をやめ立ち上がる決意をする。

ロイは、RUCに乗りこみ、ローズを返せとアシュレイに迫る。
だが、聞き入れられるどころか、逆に脅迫されてしまう。

ジョセフからの電話の声を聞いたインテグラは、12年前、自分たちが実験されていたときに、アシュレイと一緒にいた人物だと思い出す。

アシュレイの計画の目的は、どうもイルミナという女性を迎えにいくこと。
ということで、みんなを巻き込んでどんな壮大な計画なのかと思ったら、女に会うため、いや生き返らせるため?
そんなことのために、人類を危険に晒そうとしているのか、まったくどうしようもないな。

シルビアもセリカも死んだわけだが、死体が残っている訳ではないので、もしかしたら最後には復活してくれるんじゃないかと密かに期待しています。

そもそも彼女達を殺すつもりなら、あんな手間をかける必要はない。
最初はクビを宣告しただけだったし、シルビアを刺したあとに、わざわざ逃がしたのは何か理由があったはずだから。

iconicon
SoltyRei FILE.4 <初回限定版> icon2006/4/26発売

SoltyRei FILE.3 <初回限定版> icon 2006/3/22発売

SoltyRei FILE.2 <初回限定版> icon 発売中

SoltyRei FILE.1 <初回限定版> icon 好評発売中

ソルティレイ サントラ icon

「SoltyRei」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 3日

Solty Rei 第18話

「おかえりなさい」

家に帰ったソルティ、ロイと少しぎこちないながら以前と同じ生活にもどっていた。

アシュレイの魔の手を逃れたものの、セリカ、インテグラ、アクセラの三人は、シルビア殺害容疑で指名手配されてしまっていた。

無実を証明し、そしてアシュレイへの反撃のチャンスを探す三人だったが、隠れ家をRUCに襲われてしまう。
インテグラが囮となりアクセラを逃がしたのだが、そのアクセラもまたすぐに囲まれてしまった。それを助けたのは、襲撃されたとき別行動をしていたセリカ。
また一人逃げるアクセラ。
包囲網を突破したセリカだったが、ローズが立ちはだかる。
ローズはセリカに自首を勧告。無実なら法廷で証明すればいいと。
だがセリカはその言葉には耳を貸さずローズに銃口を向ける。

撃たれたのは、セリカだった。
ローズの声が聞こえたと、ソルティとロイがその現場にやって来たときだった。

ローズはどうも、アシュレイと取引したというか、自分の意志でRUCに入ったみたいですね。未登録市民の地位を向上させるため。

それにセリカを撃ったのはローズではないようですし。誰なのかは謎ですけど。
ローズが生きていたことがこれでロイにもバレたし、アンダーソン兄弟にもバレたし。
ローズvsロイの全面対決になりそうです。

あっさりとシルビアが死んでしまったのはこれまた驚きです。
セリカも危ないし、彼女達にも生きていて欲しいんですけどね。

iconicon
SoltyRei FILE.4 <初回限定版> icon2006/4/26発売

SoltyRei FILE.3 <初回限定版> icon 2006/3/22発売

SoltyRei FILE.2 <初回限定版> icon 発売中

SoltyRei FILE.1 <初回限定版> icon 好評発売中

ソルティレイ サントラ icon

「SoltyRei」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年2月24日

Solty Rei 第17話

「LADY」

ローズがシルビアたち特務七課のチーフに。
反発するシルビア。
そんなとき、事件が発生、ローズの初陣に。

敵は閃光弾を使用して、シルビアの目を眩ませる。
苦戦するところを、ローズが突入してあっさりと解決する。
敵は仲間ではないにしても、盗賊同士知り合いだったのに、冷徹に逮捕するローズ。

どうしても納得がいかない、シルビアはローズに模擬戦を挑む。
半分以上は、アシュレイがローズをお気に入りなことに対する嫉妬だけどね。

近接戦闘特化タイプのシルビアが当初は優位に進めるも、特殊スーツに慣れ始めたローズがあっさりと逆襲し圧勝する。

その後、アクセラは極秘プログラムから外される。
セリカにはクビが通告される。

シルビアはアシュレイに理由を訊ねるが、
アシュレイの答えは
「信頼できる人間は君達だけだった。プロシードは人為的に遺伝子レベルのあらゆる能力を特化させた人間達、いわば新世代の人類と呼んでもいい。だが、私の欲しいのは優秀な手駒だけだ。ローズはまさに私が待ちつづけた存在だ」

そしてアシュレイに刺されるシルビア。
アクセラ、セリカ、インテグラの三人にも、もはや不用だと、言いきるのだった。

ロイは、ソルティを追って、ジョセフの元に辿り着く。
ジョセフは、ソルティは戻るべき場所に戻ったと語る。
そして、あの力がいずれ仇なすときが来ると忠告する。
それを無視するロイ。

ソルティはそのころ家に帰っていた。

それにしてもローズが大人しくRUCで仕事をしているのはやっぱりおかしいでしょう。
絶対何か秘密があるはずなんだが、それが記憶操作なのか、ローズの企みなのかが微妙。
今度は、ロイとシルビア達が組んでローズと戦いそうな予感もします。
そのときロイはどうするんでしょうね。

iconicon
SoltyRei FILE.2 <初回限定版> icon 2006/2/22発売

iconicon
SoltyRei FILE.1 <初回限定版> icon 好評発売中

ソルティレイ サントラ icon

「SoltyRei」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月10日

Solty Rei 第16話

「冗談です、半分」

ウィルは死んだ。
ウィルの死に落ちこむソルティ。ジョセフがウィルの生い立ちを語ってくれる。
小さい頃に両親に捨てられたウィルは一人で街で生きていた。
だが、ブラストフォールに遭遇してしまう。
リゼンブル手術で一命を取りとめたものの、そのときの手術がいい加減だったことから、リゼンブル化したことがウィルの体を蝕む結果になった。

それでもウィルはブラストフォールの時に見た、光の雪、綺麗で幻想的だった光の雪のようにこの世界も綺麗なんだと信じていたいと、誰も恨まず死を受けとめて生きてきたのだった。

ソルティはウィルの作っていた飛行機を修理し始める。
そして飛行機を夜明け間近の空へ飛ばす。
空の上で、ウィルの幻と語り合うソルティ。
「ウィルさんのことが好きだったんですよ。冗談です、半分」
ウィルの言葉を思い出すソルティ。
「未練があるならとりあえずそれにすがり付いてみれば、捨てるのはいつでも出来る」

「私はまだ笑えない、また笑えるようになりますか、私?この体のままで、また」
そう振り向いたとき、そこにウィルはもう見えなくなっていた。
そのかわりに昇る朝日がソルティの前に広がっていた。

一通り泣きはらしたソルティは、ジョセフに別れを告げ、再び歩き始めた。
ウィルのことも今までのことも全部捨てずに持っていきますと。

ミランダのおかげで立ち直ったロイはソルティを探し始めていた。

そしてRUCでは、インテグラ、アクセラたちの上司として、ローズ・アンダーソンが就任していた。
やっぱりローズは生きていましたね。はたして生身の体なのかどうかは謎ですし、記憶があるのかどうかも謎ですが。記憶があるなら、ローズがどういう事情にしろ、RUCに入ろうとはしないはずですからね。

また、ジョセフと仮面の男ことアシュレイが繋がりましたね。
元同僚のようですし、そして、アシュレイがブラストフォールを引き起こした張本人のような感じですね。
そして写真に写っていたもう一人。あの女性は誰なんでしょうか?
髪の色とかを考えると、アクセラの母なんじゃないかという予感がします。

iconicon
SoltyRei FILE.2 <初回限定版> icon 2006/2/22発売

iconicon
SoltyRei FILE.1 <初回限定版> icon 好評発売中

ソルティレイ サントラ icon

「SoltyRei」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年2月 3日

Solty Rei 第15話

「たどり着いた場所」

アクセラの元を去ったソルティは、街を離れなぜか荒野に。
そこで倒れてしまうソルティ。

ソルティを助けてくれたのは、ウィルという青年と一緒に住んでいるジョセフだった。
ジョセフは、ソルティを修理してくれたらしい。
そしてソルティが自我を持っている事を知って驚くジョセフ。
ジョセフは、何かを知っていそうな雰囲気なんですよね。少なくとも全て機械のソルティを見て驚かないところが怪しい。

ウィルは、飛行機を作っていた。
それも捨てられていたものを使って一人で組み立てていた。

ソルティの悩みを聞いてくれたウィル。
ウィルは何もかも捨てて一緒に暮らさないかとまで言ってくれる。
その一方で、持っているものはいつでも捨てられる、でも未練があれば縋りついてみればいい。捨てるのはいつでも出来るから、とも言ってくれた。

そしてソルティの機械の体まで羨ましいと、機械ならずっと生きていられると言ってくれた。

その頃、ミランダは、ロイに思いをぶつけていた。
「自分ばかり被害者ぶらないで、私も夫を失った。でもカーシャがいてくれた。
あなたにはソルティがいるじゃない。このまま失ってもいいの?!」

ウィルはソルティを乗せて飛行機のテスト飛行をする。
空を飛んで微笑むソルティを見て、
「やっと笑った、おれもう死んでもいいや」と呟くウィル。
直後ウィルは突然血を吐いて気を失ってしまう。
墜落した飛行機。
ソルティは、ウィルに駆け寄る。

RUCでは、前回アクセラがされていた実験を違う少女が行なっていた。
科学者達から、すばらしい逸材と称されたその女性の姿は、ローズにそっくりだった。

アクセラといいローズといい、あのブラストフォールに巻き込まれた過去を持つ。
この実験って、ブラストフォールと関係がありそうな気がします。
仮面の男は、その実験材料にするために、ローズに近寄っていたのでしょうか?
(実験されていた女性がローズだという前提で語ってます)
そしてロイにはこの前の事故で死んだと思わせて、とうとうローズを手に入れたというところでしょうか?

仮面の男とジョセフが繋がって行くような気もします。

iconicon
SoltyRei FILE.2 <初回限定版> icon 2006/2/22発売

iconicon
SoltyRei FILE.1 <初回限定版> icon 好評発売中

iconicon
clover icon

iconicon
Float~空の彼方で~ icon

ソルティレイ サントラ icon

「SoltyRei」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月28日

Solty Rei 第14話

「心覆う闇のために・・・」

ローズは死んだ。
それも遺体の損傷が激しく体の修復もままならない状態だった。

落ちこむロイ。
ソルティはロイを励まそうと料理を作ることしかできなかった。
その料理さえ拒むロイ。

事故を起こしたジェレミーが入院している病院まで乗り込み怒りをぶつけてしまうロイ。
ジェレミーはただただ脅えて謝りつづけるだけだった。

ついにロイはソルティにまで禁句を言ってしまう。
「お前みたいな機械人形に何が分かる」と。

どうすることも出来ないソルティは、雨の中一人落ちこんでいた。
そのソルティに優しく声をかけてくれたのは、RUCのアクセラだった。
一晩泊めてくれるアクセラ。

それでもソルティは次の日アクセラの元を去り、町をさ迷う。

あっさりとローズが死んでしまいました。
あまりにもあっさりと死んでしまったのでポカーンとしてしまっています。
もう少し何か引っ張るかなぁと思ったのだが、あっさり殺しましたね。
ロイと親子だったと分かってすぐにこれだとはやられました。

ただ、あのRUCの仮面の男がどうもなにやら企んでいるようで、ローズが本当に死んだとは思えないんですけど。
それにアクセラがなにやら実験材料にされているようでもあり、それも気になるし。
ローズは実はリタではなくてリタの記憶を植えつけられただけだったんじゃないかとか。
アクセラがリタなんじゃないかとか。
ローズは体はなくなっても記憶がリセンブルの体に移植されていないだろうかとか、色々勘ぐってしまいます。

はたしてどうなるんでしょうね。

icon
ソルティレイ FILE.1(初回限定版) icon 2006/1/25発売

iconicon
clover icon

iconicon
Float~空の彼方で~ icon

ソルティレイ サントラ icon

「SoltyRei」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月20日

Solty Rei 第13話

「distance」

ローズがロイの娘リタだと判明してから、気まずい雰囲気が流れて数日が過ぎる。

ソルティはミランダに相談。
ミランダはうやむやになったロイの誕生会を改めてやろうと提案する。
ロイへのプレゼントをローズに頼む。

ロイはユートから緊急の依頼を受ける。
ユートの友人であるジェレミーが、危険な実験をしようとしているので止めて欲しいというものだ。
その実験が失敗すれば、最悪あのブラストフォールの二の舞になり兼ねない。
実験現場に乗り込んだ、ロイとソルティ。

そこに偶然、ローズが通りかかる。
ローズはロイに
「私は私、ロイの娘と認める。けど何も変わらない。それでいいでしょ」
と告げる
「盗賊だろうと部屋を出ていこうと、生きていれさえすればそれでいい」
と答えるロイ。
わだかまりは解けたかに思われた。

そのとき、ジェレミーの実験が失敗。
雷がビルに落ち、ビルが崩壊する。
ソルティに助けられたロイだったが、ローズは瓦礫の下敷きになってしまう。

今回はロイとローズのわだかまりがメインだったのだが、ソルティの気持ちが面白かった。
ロイがローズを娘だと分かったときから、ローズばかりに気がいっていて、ソルティは相手にされなくなって、それがちょっぴり不満なソルティ。
突然、妹が出来たお姉ちゃんの気持ちってあんな感じなんだろうね。

RUCの仮面の男が、彼女は期待通りだったといっていたのだが、
そこに写っていたのは、ソルティとローズ。
普通なら、ソルティなんだろうけど、ローズに接近していた彼だけに、意外にローズかも?

icon
ソルティレイ FILE.1(初回限定版) icon 2006/1/25発売

iconicon
clover icon

iconicon
Float~空の彼方で~ icon

ソルティレイ サントラ icon

「SoltyRei」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ