カテゴリー「Soul Link」の13件の記事

2006年6月26日

Soul Link 第13話(最終回)

「JOURNEY-旅路-」

スキュラと戦い、沙佳を守って森本死す。
自分が沙佳の父である事を言い残して・・・

味があると言えばあるキャラでしたが、無理矢理感は否めないキャラでもあった森本さん。ついに力つきました。残念です。

ななみは、自分の能力を使って、セラリアを破壊した。

最後はあっさりとやられてしまったセラリアさんですが、秀平に恨み言いってたけど、いまいち意味がわからなかったな。

脱出のギリギリで、七央がアリエスに残り秀平たちのもとへ走る。

涼太たちは、脱出に成功。
アリエスは、大気圏に落ち、燃え尽きた。

それから、1年。
涼太と沙佳に一枚の写真が届いた。

そこには、秀平、七央、ななみの笑顔があった。自分たちも元気だと。

なんと、彼らは生きていた。
アリエスが落ちる前に、ハララクスが用意していた脱出用シャトルで脱出していたのだ。
そのついでに、ウランまでちゃんと処理していたと言うからさすがです。

というか、ウランなんてものがあったのはすっかり忘れていました^_^;

それにシャトルがあったのなら、ゲイルにちゃんと教えてあげれば、あんなことにはならなかったんじゃないかと・・・

秀平、七央、ななみは、スキュラに冒されていることもあり、実は、ユウ、シンたちに監視されているというか隔離されているということみたいですけどね。

ユウもカレンもシンも一応、ハララクスというテロ集団の人間なんですけど、なんかすごくいい人みたいに描かれてしまっているのもなんだかなぁでした。

Soul Link  DVD Vol.1 <初回限定版> icon2006/6/23発売

「Soul Link」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月18日

Soul Link 第12話

「MOURNING-哀悼-」

セラリアを止めようと、ななみダクトを通ってハマスへ。
ななみは人間とスキュラの細胞を併せ持つ存在。
スキュラの進行を止める力もあるようだし、セラリアのスキュラ細胞を消すことが出来ればってことですかね。

涼太たちは、脱出のため、ボテインへ移動を開始。

ゲイルは、亜弥を逃がすために、一人ハマスに残り、敵を道連れに自爆する。

亜弥は作業艇でシェラタンへ脱出中に、沙佳と交信する事に成功。
沙佳たちに救助され、ボテインへ。

セラリアは制御室への攻撃を激化。
ユウとシンは涼太たちをボテインへ行かせるため、二人で残るのだった。

森本さんの存在が、ずっと疑問だったのだが、言動からやっとわかりました。
沙佳と生き別れていた父だったんですね。

ということで、最後の望みを一番小さいななみに託し、次回最終回です^_^;

Soul Link  DVD Vol.1 <初回限定版> icon2006/6/23発売

「Soul Link」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月11日

Soul Link 第11話

「特別回想編-CELLARIA/NANAMI-」

最終回を直前に控えて、総集編です^_^;
ToHeart2でも同じ様なことやってましたが、流行なんですかね?

サブタイトル通り、Aパートはセラリアが回想します。
ここで分かったことは、亜弥をロッカーに閉じ込めたのはセラリアだったということと、秀平にスキュラを移したのは、秀平が最初に怪我したときってことですかね。

Bパートはななみが回想します。
ななみはやっぱり七央と秀平の未来の子どもっぽいですね。
どこからともなく現れて、倉庫にあった本に書いてあったからとななみと名乗っているそうで。

みんなと一緒にいたいから、ななみがんばる。だそうです。

ということで、セラリアとななみが主役だったことがやっと判明した訳ですね^_^;

Soul Link  DVD Vol.1 <初回限定版> icon2006/6/23発売

「Soul Link」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日

Soul Link 第10話

「STRAY-迷走-」

セラリアはパーフェクトスキュラであるため、他のスキュラ細胞に侵された人間をコントロールすることが出来る。

アリエスの高度が下がり始めていた。
このままではいずれ地上へ落下していくことから、アリエスからの脱出を考えはじめる涼太たち。

アリエスを構成するボテインを切り放して脱出する事にするのだが、秀平は囚われたまま、ゲイルと亜弥もまだハマスに残っている。
苦渋の決断だった。

脱出作戦をはじめようとしたとき、セラリアがアリエスに逆噴射を掛け、地上への落下を加速させる。
そして、それを知ったななみは、シンのところへ走り、「教えて欲しいことがあるの」

秀平は完全に繋がっているし、スキュラを抑える力もある、ななみ。
完全に主役に成り上がってきましたね^_^;

Soul Link  DVD Vol.1 <初回限定版> icon2006/6/23発売

「Soul Link」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年5月28日

Soul Link 第9話

「ROUSE-覚醒-」

ハマスに乗りこむユウ、セラリアのもとにいるシンを発見したものの、セラリアに捕まってしまう。
秀平は、セラリアにスキュラの実験体として捕まっていた。

シンは、重傷の妹をセラリアに助けてもらった事から、セラリアの部下になったのだが、その妹がその後どうなったかは不明。

ユウもスキュラの実験体にされかけるが、シンが助けてくれる。逆にシンにスキュラ細胞を移植するセラリア。秀平の機転で、ユウとシンは逃げだし、なんとか涼太たちに保護されるのだった。

段々と、ななみが鍵を握り始めました。
ちょっと教えただけでコンピュータを使いこなせるようになるし、秀平と思念を共有するときもあるし、最後は、シンの傷まで癒してしまう。
ななみはいったい何者なのかが、最後のほうで影響しそうですね。

ななみの「しあわせって何?」って、昔の明石家さんまのCMを思いだしました。
(しあわせって何だっけ何だっけ)

今回のサービスシーンは涼太のシャワーシーン^_^;
こんなのいりませんからorz

Soul Link  DVD Vol.1 <初回限定版> icon2006/6/23発売

「Soul Link」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日

Soul Link 第8話

「DESIRE-願い-」

カレンが作業艇でやってきた。
ハマルはスキュラに冒された兵士たちにより壊滅状態。
秀平と出会ったカレンは涼太たちを助けてやって欲しいと、カレンを送りこんだ。
自分はセシリアを倒すために一人向かう。

カレンから、亜弥がハマルにいたことを聞いて、一人で助けに行こうとする沙佳。
ユウも昔馴染みのシン・クロサキがセシリアと共にいることをしり自分がハマルへ乗りこむことを決意する。
沙佳を止め、ユウに託す涼太。
ただし、何があっても必ず戻ってくることが条件だったが。

七央に妙に懐いているななみだが、もしかして名前も似てるし、七央の未来の子供何じゃないかな、なんて考えてしまう私はダメダメですか?

今回も無意味にパンチラだけのために亜弥を通風孔にいれて見たり、カレンのシャワーシーンを入れてみたりしていますが、それにしても本当に無意味だね。

Soul Link  DVD Vol.1 <初回限定版> icon2006/6/23発売

「Soul Link」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日

Soul Link 第7話

「FLUX-流転-」

秀平がハマルから戻るまで、涼太がリーダー代理に選ばれる。

そこに秀平とセラリアとの会話が通信機から聞こえてくる。
セラリアは、今やパララクスを掌握し、政府への要求も金に変更していた。
それも、スキュラの研究のため、そして秀平にスキュラを植え付けたのもセラリア?
そのスキュラを通じて、人の思考を操っていたのだが、秀平だけはなんとかそれに耐えていたみたいですね。
やっぱりセラリアが変な映像を見せていたんですね。

その会話も銃声とともに途絶える。

スキュラに冒されたパララクスの兵士が、制御室へと続く隔壁を爆破。
その余波を受け七央が重傷を負う。

しかし、七央の傷もすぐに治ってしまった。どうやら七央もスキュラに冒されているらしい。
これって、やっぱり秀平とやっちゃったからじゃないのか?
と思ったりもするんですがどうなんでしょうか?

カレラは、秀平が乗って来た作業艇を奪い逆に制御室へ向かう。
それにしても昔のテレビじゃないんだから、叩いたら電源入るのはどうかと思うんですけど。まして宇宙で使うものだろうに。

地下(どこが地下かは不明だが^_^;)の食料庫へ調達に行く涼太たちが、そこで見つけたものは、なんと、アリエスのマスコット的存在のクーちゃん(犬)と幼い少女・稲月ななみだった。彼女、軽い記憶喪失なのか、ハンバーガーの存在を知らなかったりする。
絶対なにかの伏線だとは思うのだが、それが何かはまだまだ分かりません^_^;

Soul Link  DVD Vol.1 <初回限定版> icon2006/6/23発売

「Soul Link」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日

Soul Link 第6話

「FAREWELL-別れ-」

制御ルームの攻防戦の末なんとか死守したものの、秀平は撃たれ、セラリアはパララクスに捕らえられた。

しかし、秀平の傷はすぐに治ってしまっていた。
そしてセラリアはパララクスの一員だった。彼女が手引きしてアリエスに潜入させたのだ。そのわりにはゲイルと仲が悪そうで、いったい何を企んでいるのか謎が多い。

傷が治っただけではなく、未来のビジョン?が脳裏を過ぎるようになる秀平。
秀平は一人でパララクスのところに乗り込む決意をする。
まぁ傷が治っちゃう身体なら、そう簡単には殺されないだろうからね。

秀平はユウと涼太に、捕虜にしていた敵が消えて無くなった事実を明かす。
これはスキュラの仕業らしいけど、スキュラって何?
ユウの正体は、なんと傭兵だった、それもパララクスに雇われていた。
とはいっても、ゲイルたちとは対立しているグループからの依頼で、ゲイルたちの邪魔をするのが仕事らしい。
そうだとしても、たった一人なのか雇われたのは、それでどうしろっていうんでしょうね。

それを知った上で秀平はユウに後を託す。
どうやらゲイルたちのほうでも現在何か起こっているらしい。
そんなビジョンも見える秀平。もしかしたらあちらはスキュラの巣になっているかもしれないと一人で乗り込む事にしたのだ。

秀平は別れる前に、七央に指輪を渡す。
そして、体を重ねる。
最後の別れになるかもしれないからって、やっちゃうんだ秀平くん。
時分の体がおかしくなっていること気付いているのに、やっちゃうんだ。
そのことで七央にうつっちゃうとか考えないんでしょうかね。

そして、秀平は一人敵の元へ。
次回予告で分かったのだが、セラリアさんがときどき何か念じていたように見えたのは、秀平の脳に同調していたらしい。
言われないと分からないですよ。
セラリアが思念を飛ばして映像を見せていたのかと思ってたよ。

Soul Link  DVD Vol.1 <初回限定版> icon2006/6/23発売

「Soul Link」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月30日

Soul Link 第5話

「WATERSHED-分岐点-」

和彦と亜希の仲が悪いのは、亜季の単なる嫉妬?
過去のパーティーの話が冒頭にあったけど、あれで二人の仲が悪くなった理由を説明したつもりなんだろうか?全然説明になってないと思うけど。

亮太は、こんな時だからと、気分を明るくしようと、撮影会開催?
普通のデジカメっぽいのがちょっと。

森本はみんなに、食事を用意。
気まぐれサンドイッチって、気まぐれなんだ。
人質のはずの亜弥は、なぜかハララクスの面々に食事配ってるし。

ハララクスも制御室を占拠しようと再度の突入作戦を開始。
ゲイルが自ら突入部隊を指揮するも、こちらは囮。
本命は、倉庫間を繋ぐ通路からのカレンのチーム。
それに気づいた和彦が機先を制し先制攻撃。
ハララクスが隔壁を爆破するために用意していた爆薬を使って、和彦が倉庫間の通路を爆破して、事無きを得たが、そのとき、制御室の亜希の絶叫が無線を通じて和彦の耳に。

ハララクスの一員の爆薬を用意した男のセリフがもの凄く一本調子だったのはこれ素人がやってたのか?
それともなにかに操られていたとかいう伏線か?

「Soul Link」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月24日

Soul Link 第4話

「BREATHING SPACE-休息-」

負傷したテロリストを介抱する七央、そのテロリストが突如液状化して、そこにいた七央と秀平に襲いかかろうとする仕草を見せたのだが、なぜか蒸発して消えてしまった。

秀平の頬の傷もいつのまにか治ってしまっていた。

テロリストのハララクスは、地上に向けて幹部の釈放を要求。
それが受け入れられない場合、ウランを地上へ投下すると警告していた。

そんなとき、民間居住地のメサルチムから
「こちら民間人 救助求む」というメールが届く。
不審に思いながらも、ハララクスに見つからないように、作業機を使い外からメサルチムに乗りこむ秀平。
そこには、亜希と森本がいた。
亜弥を探しているうちに取りのこされたのだと言う。
二人を救出して第2制御室へ戻る秀平。

亜希は和彦の妹だった。
涙の再会かと思われたのだが出てきたのは罵り合う言葉^_^;

そのころ、ハララクスは、再度第2制御室の制圧に乗り出す。

空気漏れの偽装が出来て、実際ハララクスが突入してきてなかったんだから、制御室に戻るより、メサルチムにいたほうが安全なんじゃないかと思ったりもします。
軍本部と連絡をとりたいから残っていることもあるんだろうけど、メサルチムからでもメールが送れたくらいだからね。

ハララクスの人間がみんな液状化するとは思えないので、あれはなにか別の要因でそうなったっぽいですね。それこそ秀平の傷が治ったことも関係ありそう。
ユウが探しているっぽいものがそうなのかな?

「Soul Link」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ