カテゴリー「true tears」の13件の記事

2008年3月30日

true tears 第13話(最終回)

「君の涙を」

乃絵、結局足を骨折。
関係者全員が自分のせいだと。

比呂美に純は「俺も好きじゃなかった。これっぽっちも」と。
これで二人の関係は完全におしまい。

眞一郎を部屋に呼んで挑発しようとする比呂美。
「嫌いにならないで」

「私の涙がきれいなんて嘘。どんどんどんどん嫌な子になっていく」

部屋を出ていった眞一郎。謝りにくる比呂美。
(この間に入った比呂美のバスケのシーンはいつの話だったんでしょう?)
「こんな自分嫌なの、だから・・・
ずっとあなたが好きだったから諦めたりしたくないから。そのかわり邪魔するのも嫌だからちゃんと向きあって欲しいの。私とも石動さんとも向きあって、その上で眞一郎くんが出した答えなら私ちゃんと受け入れる」

部屋で待っていてと言って眞一郎はスケッチブックを持って乃絵のところへ。
描いた絵本を読んでもらおうとするも、断られる。
なら、じべたが飛ばないことを選んだ海に捨てにいくと病院を出て行く眞一郎。

本当に一枚ずつ紙飛行機にして飛ばしてる(とはいえ海に落ちてなかったりするけど)
乃絵、松葉杖でやってきて、落ちてる紙を拾って行く。

最後の一枚は結局見つからなかったが、飛ぶことが出来た雷轟丸がそのあとどうなったか自分で考えてみると、乃絵。

その乃絵に、比呂美が好きだと告げる眞一郎。
でも絵本が描けたのは乃絵がいたから、踊ることが出来たのも乃絵がいたから。
俺は比呂美が好き、でもお前を見てると心が震える。

眞一郎が私が飛べるって信じてくれる、それが私の翼。
だから信じてほしい、大変だけどまだちょっと痛むけど、私はまだ飛べないから歩いて行くと。
病院へ帰っていく乃絵だった。

それを見送りながら、涙が溢れてくる眞一郎だった。

比呂美の部屋に行く眞一郎だが、比呂美の姿はなし。
部屋を出るときは鍵くらいかけてほしいものだが^_^;

外にいた比呂美を見つける眞一郎。
「付き合おう」「これからはずっと隣りにいるんだし」

「プロポーズみたい、まだ付き合うのOKしたわけじゃないのに」
君の涙を僕は拭いたいと思う。今の僕にはそれが出来る
抱きしめる眞一郎。

そして春が。
それぞれみな新しい一歩を歩み始める。

人は本当に大切な人の涙をもらってあげることができる。
乃絵、きっとおばあちゃんはこう言いたかったんだ。
「本当に大切な人を思うと涙は勝手に溢れてくる」
その本当の涙を知ることが出来ることは・・・

眞一郎が書いてくれた、あの石の文字。
雪が解けて現れたそれは、もう読めなくなっていた。

それを見て、乃絵の瞳から枯れたはずの涙が・・・

涙がテーマのわりには、最初と最後だけだったのがちょっと残念かなぁと。
毎回毎回誰が泣いた泣かないのって話はそれはそれできっとうざいんですけどね^_^;
それを考えなければ、照れることなく逃げることもなく、まっすぐ描ききったと思います。

iconicon
true tears Vol.2 icon 2008/4/25発売

「true tears」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月24日

true tears 第12話

「何も見てない私の瞳から…」

やっぱりダメなの、自分で決めなきゃ楽しくないの嬉しくないの笑えないのね。
やっぱり自分で決めなきゃ飛べないのね。飛べないあなたを軽蔑していたのは飛べない私と同じだと思ったから。
でも違ったあなたは飛ばないことを選んでたの。胸を張ってまっすぐ前を向いて。それは飛ぶことと同じ。

そうじべたに語り掛ける乃絵。
そんな乃絵に話し掛けることすら出来なかった眞一郎。

じべたと自分を重ね合わせていたのは俺だ。じべたの凄さに気付かなかったのは俺だ。すべてのことに向きあうのを避けてきたのは俺だ。
じべたは飛ばないことを選択して、俺は何一つ自分で選んじゃいない。
踊りだって絵本だって比呂美だって。

踊りたくなかったのは上手く踊れなかったわけじゃありません。父親と比べられたくなかったからです。
絵本が描けないのは気分が乗らないからじゃありません。自分の限界を知るのが怖かったからです。

「おぎゃあ、おぎゃあ、おぎゃあ」

祭りの日、見に行かないと自分で決めた乃絵だが、結局来ちゃう。
そんな乃絵を呼び止める比呂美。
眞一郎が全部ちゃんとするからって言ってくれたと。やっと私たち分かりあえた。やっと私たち素直になれた。もうごめんなさいそっとしておいて、と涙を流す比呂美。

「綺麗だよあなたの涙」
家に戻る乃絵。そこに東京の印刷所から電話が。
兄・純のところへ走る乃絵。
どうしてだまって就職を決めてしまったのか。

乃絵のことが好きだったと。口にキスしようとする純。こういうキスをしたかった。
それをつい逃げてしまう乃絵。

お前のそばにいるのがもう辛いんだと。

お兄ちゃんの気持ちにも気付かない。湯浅比呂美の気持ちにも気付かない。眞一郎の本当の気持ちにも気付かない。
「何も見てない私の瞳から、本当に涙なんて流れるのかしら」

気がつくと雷轟丸は赤い実に誘われてあの丘の上に立っていました。
飛びたい。あの赤い実を食べたせいでしょうか、それともこの白い雪のせいでしょうか、それは分かりません。
でも雷轟丸は心の底からそう思ったのです。

空を飛びたい。
誰のためでなく栄光や記録のためでなく雷轟丸は飛び立ちました。

俺が絵本を描こうと思ったのはあの目が俺が飛べるって信じてくれていたから、キミが。

踊りを見つめる乃絵を見つけてしまう、比呂美
踊りが終わると乃絵の姿は消えた。

乃絵を探す眞一郎に「追いてかないで」と呟く比呂美。

乃絵に見てほしくて絵本を描きあげた。感想が欲しくて。

空から見下ろしたら私にも見えるようになる?
あの木に登る乃絵。
そして、雪の上に飛ぶ!

iconicon
true tears Vol.2 icon 2008/4/25発売

「true tears」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日

true tears 第11話

「あなたが好きなのは私じゃない」

比呂美が一人暮らしを初めて、比呂美との仲はよくなった眞一郎だが、逆に乃絵とは会わない日が続く。

三代吉に愛子が電話。もう一度友達からやってみようと。
雪降って地固まった?

女子バスケ部は、蛍川と練習試合。
純との仲を嫉妬されて、集中攻撃をうける比呂美。それを止めに入ったのが応援に来ていた純その人だったりする。

その後純と会う比呂美。
もう会うのも連絡するのもやめましょうと。契約があるという純に
「あなたが好きなのは私じゃない。あなたにはあの娘以外はどうでもいいのよ、なぜ分からないの?」
と。

その夜、比呂美に純から電話。
乃絵が帰ってこないと。
そのことを眞一郎に伝えるかどうか一瞬躊躇する比呂美。結局伝えるんだけど。

そのころ、眞一郎は雷轟丸とじべたの物語を描きあげていた。
じべたのほうが先に崖から飛ぼうとして落ちてしまう、雷轟丸は結局飛ばずに終わる。あまりいい最後じゃない物語。それでも乃絵に見せなくちゃと思ったところ。

乃絵はじべたのところにいた。
この地上には苦しいことが、辛いことがたくさんある。
飛びたい、すべてから逃れて自由に羽ばたきたい。そう願ったほうがきっと楽。
じべた、私が飛ばせてあげる、とじべたを連れ出すの乃絵。

岸壁でやっと乃絵を見つける眞一郎。

iconicon
true tears Vol.1 icon 2008/3/25発売

「true tears」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日

true tears 第10話

「全部ちゃんとするから」

兄妹じゃなかったことを喜ぶ、眞一郎と比呂美。

眞一郎の好きがどんどん埋もれていくと乃絵。
そこに三代吉が「誰も好きにならない呪いをかけてくれ」と頼む。
何かを察した乃絵は三代吉の手をとって呪いをかけてやる?

愛子に呪いをかけてもらったから大丈夫だと別れを告げる三代吉。

停学中の比呂美のためにノートをとる眞一郎。
その気持ちが嬉しい比呂美。

しかし、家を出る決意をした比呂美。
自分の心に正直になろうと、純のところを訪れ、恋人ごっこをやめようと。
しかし、純はそれはできないと。乃絵の幸せの為にとは言わなかったが。

眞一郎の踊りの稽古を見学に来た乃絵。
今日は私のために踊ってくれる?

これが最後にするから。だからお祖母ちゃんもう一度だけ・・・

呪いなんてあるわけないと愛子に語る乃絵。
そんなものがあったら私が・・・使ってる?

先に帰る乃絵。
帰り道、愛子は、眞一郎を卒業すると宣言。

家を出る事を眞一郎に伝える比呂美。
引越しの日、お祭りのときのことを思い出す比呂美。

忘れるわけないじゃないあんな思い出
「お祭りが楽しくて、はぐれて悲しくて寂しくて、見つけてくれて一緒に片足で歩いてくれて、嬉しくて、だから私この家に来たの。
両親亡くしてひとりぼっちで、でもここにくればきっと眞一郎くんが見つけてくれる。
きっと明るい場所に戻っていけるって。
でも今はもう、それは望んじゃいけないことだから」

ぼくの中のキミはいつも泣いていてキミの涙をぼくは拭いたいと思う。キミの涙を拭いたいと。

俺には出来るのに、何を迷っていたんだろうと、比呂美が乗ったトラックを追いかける眞一郎。
駆けよる比呂美。

「俺全部ちゃんとするから」

iconicon
true tears Vol.1 icon 2008/3/25発売

「true tears」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日

true tears 第9話

「なかなか飛べないね…」

結局、純の運転するバイクは雪のせいで滑って大破。
純と比呂美は、こちらは雪のお陰で無傷で助かった。

心配してタクシーで後を追ってきた眞一郎と乃絵。
乃絵は純に抱きつき、眞一郎は比呂美を優しく抱きしめる。

そんな眞一郎の姿を見て、何かを感じる乃絵だったりする。

眞一郎の母も心配して探し歩いていたりする。
戻ってきた二人に、兄妹なんてそんなわけないと

この事故が知れ渡って、学校を停学になる比呂美。

比呂美のことで他の男子生徒と喧嘩してしまう眞一郎。それを無言でやめさせる乃絵。
その乃絵は、眞一郎が好きだと書いてくれた文字を確認したくて、積った雪をかきわける。
手袋もしていない素手で。でも・・・

雷轟丸物語の続きを見せる眞一郎。
でも「雷轟丸なかなか飛べないね」

うすうす飛べないことに気づいてしまった。ただのニワトリだと。
それでも眞一郎は飛べると、自分で分かっていないだけ。

「でも、そうね。あなたが飛ぶのはここじゃない
と、一人先に帰ってしまう乃絵。

あの事故で、眞一郎が好きなのは比呂美だと気づいてしまった乃絵。

眞一郎の母は、比呂美に今まで言ってきたことは嘘だと。
今まで辛くあたってきたことを謝る。

夫が昔比呂美の母が好きだったというのはきっと本当なんだろうけど、それもあって比呂美を引き取ることになったときに複雑な気分だったんだろうね。

iconicon
true tears Vol.1 icon 2008/3/25発売

「true tears」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日

true tears 第8話

「雪が降っていない街」

純に、とっても大切な人をみつけたと乃絵。

眞一郎は結局愛子の告白を拒絶と。

さすがに三代吉誘われても愛子の店に行きにくい。
ちょっと元気のない眞一郎を抱きしめる乃絵。いつも空を見ていて欲しいと。

雷轟丸物語を描きはじめる眞一郎。
続きを知りたがる乃絵。
きっとこれが眞一郎の翼になると。

仲良くしてる二人を見て、また祭りのときに独りぼっちになって泣いている夢を見る比呂美。
「置いてかないで」

純にどこに行きたいか聞かれて、「雪の降っていない街」と答える比呂美。
純が選んだ場所は、学校の体育館。
そこで、フリースロー勝負をしようと。
三本勝負で決めた本数だけ相手に質問できる。

比呂美が二本決めて、純に質問。
「乃絵が付き合った男の数」答えは「0」
「なんで私と付き合ってるの」「眞一郎に言われたから」

どちらかが別れたら片方も別れるってこと?
それは困る何でも言うことを聞いてやるからと純。

帰ろうとしたところで、ばったり眞一郎と乃絵に出会う二人。
つい乃絵に嫌味を言ってしまう比呂美。
「可愛い笑顔。そんな無邪気な顔で簡単に眞一郎の気持ちを掴んじゃうのね。凄いわ」

家に帰ったとき、庭で燃え残った母親の写真を見つけた比呂美。
ついに感情が爆発して、眞一郎の母に、「ここに来たのが間違いだった。今までごめんなさい」と。
そして、家を飛びだして純のところへ。

雪が積ってるところではバイクには乗らないという純に、バイクに乗せてと。
何でも言うこと聞くんでしょうと。
そして「どこへ行きたい?」
「雪が降っていない街」

比呂美を乗せてバイクを走らせる純とすれ違う、眞一郎と乃絵。

iconicon
true tears Vol.1 icon 2008/3/25発売

「true tears」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日

true tears 第7話

「ちゃんと言って、ここに書いて」

比呂美の衝撃の告白に、悩む眞一郎。

乃絵が昼食に誘っても、乃絵にはわからないと突っぱねる眞一郎。
乃絵は比呂美にあなたのせいで眞一郎が悩んでるはずと、だから眞一郎に謝ってと。
飛べないあなたのせいで飛べる眞一郎が悩むのはもったいない。

理由を教えてくれない比呂美と喧嘩になる乃絵。

またまた眞一郎に、どうして教えてくれないの?と
眞一郎のこと分かりたいのに。悩んでるの見てるの辛いと。

純は、愛子と一緒にいた眞一郎の前に現れて、乃絵とつきあえと迫る。
俺は約束を守った、お前も守れと。

愛子は三代吉に、本当の気持ちを伝えようとするも、分かってしまった三代吉はその先を言わせなかった。
「俺には愛ちゃんしかいないから」

眞一郎のことが好き。そのことに気付かされて動揺してる乃絵。
「変わってしまった、恥ずかしくて眞一郎の顔見られない」

そんな乃絵に、純は「変わっていい。変わらなきゃだめなんだよ」と。

眞一郎のほうも、そんな乃絵が好きになりはじめてる?
好きじゃなきゃこんなに気になるわけがないと、少し強引に乃絵が好きだって事にしちゃってる。

翌日、学校で眞一郎が声をかけたら、逃げようとする乃絵。
そんな乃絵に、俺と付き合えよと。

「ちゃんと言って、好きだって」
「乃絵が好きだ」
「ここに書いて」と地面を指す乃絵。
小石を並べて、『のえがすきだ』 (だの点々は乃絵の手袋になったが)

これを見て、とっても泣きたい気持ちになった乃絵。
悲しいからじゃなく、幸せだから、きっと幸せなんだと。

愛子の店で、乃絵と付き合う事になったと話し始める眞一郎に突然キスしてくる愛子。
「お願い、私のことも見てよ。お願いだよ眞一郎」

iconicon
true tears Vol.1 icon 2008/3/25発売

「true tears」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日

true tears 第6話

「それ…なんの冗談?」

愛子い止められるも、眞一郎は結局開けちゃう。
気分を害したのか、やってきた三代吉ともども眞一郎を店から追い出す愛子。

帰り道、この前愛子と二人で出掛けたことを話す眞一郎。
まさに余計なことをしています。

眞一郎の親友ということで知り合って、それで三代吉に告白されたと。
しかも、眞一郎がいるところで。それは断れないかな。

純は部活してる比呂美の前に現れて、放課後公園で待ってると。

それを知って眞一郎は複雑。
付きまとってくる乃絵に、しばらく放っておいてくれと。

純は比呂美に日曜日デートしようと。
比呂美は雪が好きだったが、ある時を境に好きではなくなった。

好きなものを好きでいられなくなるのって辛いよなと純。

比呂美は、雪の日、眞一郎の母に、とあることを聞かされた。
それが雪を嫌いになった理由。

三代吉はあらためて愛子にセーターを買ってあげようとして断られてしまう。
あのセーターは眞一郎がすきだと言ったから私が勝手に買ったんだと。

デートの帰りに、比呂美に眞一郎に乃絵とのことをちゃんとするように伝えてくれと純。

比呂美に対する母の態度があまりに酷いことに文句を言う眞一郎。
だがそんな眞一郎に比呂美は、
誕生日が早いから、眞一郎くんがお兄さんになると。

眞一郎の父が比呂美の本当の父かもしれないと眞一郎の母に言われたと。

このことを言ってしまったことを一人になってから後悔する比呂美だったりする。

iconicon
true tears Vol.1 icon 2008/3/25発売

「true tears」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日

true tears 第5話

「おせっかいな男の子ってバカみたい」

眞一郎とお昼を食べようとする乃絵に、男と食べるものじゃなくて友達と食べるものって。
そう言われて素直に?比呂美の隣りでお弁当を食べ始める乃絵。
友達はおかずを交換するものだと、半分無理矢理に比呂美とおかずの交換してる乃絵^_^;

乃絵には踊りの稽古があるからと一緒に帰るのを断ったくせに、眞一郎はちゃっかり比呂美と帰ってる。それを見てしまって乃絵はちょっと不信感。

マフラーしてかなり寒そうなわりには、コートとかは着てないと^_^;

眞一郎の母親からは、外を一緒に歩かないでとか言われてしまってる比呂美。

愛子は、三代吉に手編みのセーターを?
流れからすると、それを口実にして眞一郎のもって感じかな。

次の日、タコさんウィンナーをたくさん作っていった乃絵だが、比呂美は姿を見せず、その比呂美は昼休みにバスケットの自主練習してる。乃絵から逃げた?
あぁ、比呂美は女子バスケ部員ですか。マネージャーじゃないのね。

結局にわとりのところか。

放課後、今度こそ踊りの稽古していた眞一郎のところへ乃絵が。
時々なら男と食べてもいいでしょう?
とお弁当をたべようとするけど、ウィンナーはウソの食材だからと捨ててる。
眞一郎は本物で、やっぱり飛べる?

乃絵って変わり者っていうより、人との付き合い方が下手なだけなような。
しかも誰よりも純粋かも。

また乃絵の兄・純が眞一郎のところへ。
いきおいで、乃絵と付き合うかわりに比呂美と付き合えって交換条件をだしてみたりするが、純のほうは比呂美の存在にあまり興味ないようで。それでも一応比呂美のことは可愛いとは言ってくれたが。本心とも思えないけどね。

そのことを伝える為に、眞一郎は比呂美の部屋へ。
そしたらなぜか初めて部屋に入れてくれる比呂美。
機嫌がいいのかと思ったら、純の話しをされて、
「おせっかいな男の子ってバカみたい」ときたもんだ。

さっき出ていった眞一郎がまた戻ってきた?
と思ったら、さっきのシーンを比呂美のほうからみてみたってことですか。

朋与からのメールが眞一郎と純のことだったことで、つい入れてしまった?
そしたら、眞一郎までが純のことを言い出して、あんなことを言ってしまったと。
まさに(そんなことを言うためにこの部屋に入ったの?)という心の声だな。

眞一郎のほうは、両親の昔のアルバムを見て、そこに一緒に写っていた比呂美の両親の写真から比呂美の母の顔だけ切り取られているのをみつけてしまう。

準備中の愛子の店で二人きりになった眞一郎。そこに三代吉がやってくるのだが、愛子が開けないでと。
ついに愛子も強行手段にでるか?

iconicon
true tears Vol.1 icon 2008/3/25発売

「true tears」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月28日

true tears 第4話

「はい、ぱちぱちってして」

比呂美が乃絵の兄が好きだと話すのを聞いて、かなり落ちこむ眞一郎を買物に誘ってる愛子。
なんだかんだと、愛子は眞一郎が好きなのね。

眞一郎の母親は、比呂美が嫌いというより、比呂美の母親が嫌いだったみたいだけど、眞一郎の父がずっと好きだったとかそういうことかな?

落ちこんでる眞一郎は、今なら涙をあげられると乃絵に。
でも乃絵は、そんな涙は価値がないと。
へボ涙、ドブ涙、へドロ涙、ゲロ涙と散々なことを言ってくれたりする^_^;

その涙をきれいにしてあげると公園の噴水で目を洗わせる乃絵。

大好きだったお祖母ちゃんが涙を天空に持っていってくれたのだと。
泣き虫だった乃絵の涙を持っていってくれた。
とってもとっても大切な人の涙だけはもらってあげることができるのだと。
それから泣けなくなった。

でもいつしかまた泣きたいと思うようになった。
だからそのためには誰かから涙をもらわなくちゃ。
そして、大切だと思える選ばれたものの涙でなくちゃだめ。気高くいつも上を見上げてお祖母ちゃんのいる天空に近い存在の涙でなくちゃ。

その候補が眞一郎なわけだが、その前は雷轟丸だったりするのがまた^_^;

乃絵と一緒に歩いてる眞一郎を見て愛子は複雑。
三代吉ともぎこちなくなり始めてる。

乃絵は眞一郎が元気が出るなら比呂美と仲良くなってもいいと。

いったい自分は何してるんだろうと眞一郎。

歯磨きチューブと洗顔フォームを間違える眞一郎を見て、比呂美が携帯で写真撮って笑う。
まだ笑わせることが出来る。

そんな眞一郎の前に乃絵の兄・純が現れて、「乃絵と付き合ってやってくれ」と。

iconicon
true tears Vol.1 icon 2008/3/25発売

「true tears」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ